家督相続

家督相続についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家督相続] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家督相続を含むブログ記事

JAPANなかたさん
  • 平田 靫負 辞世の句 (江戸時代 薩摩藩家老)
  • 暦治水事件)の責任者。父は平田正房、母は島津準3男家の島津助之丞忠守の娘。諱は宗武のち、宗輔、正輔。通称は初め次郎兵衛のち、新左衛門、掃部、靱負。宝暦治水の責任をとって自害した後に、孫の平田袈裟次郎が家督相続する(「平田靱負関係資料」参照)。その時の石高は533石(「嶋津家分限帳」参照)。宝暦治水以前の経歴正徳2年(1712年)4月15日:島津吉貴の加冠をうけて元服し、平蔵から兵十郎に改名。享保2年(17...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 島津 忠良 辞世の句 (戦国 島津家中興の祖)
  • 後、忠良は常盤の依頼で坊津一乗院の末寺・海蔵院の頼増和尚の元で5歳から15歳まで教育を受けていた。相州家の運久は以前より未亡人となった常盤に惚れ込み求婚を申し出ていたが、忠良を養子とし伊作・相州両家の家督相続を条件に母・常盤は文亀元年(1501年)、運久と再婚した。永正3年(1506年)、忠良は元服し伊作家を継いだ。永正9年(1512年)、運久は阿多城を攻略し亀ヶ城より移り、かねてからの約束を守り相州家当...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 2月15日「過去の出来事」
  • 939年早稲田大学が本科への女子学生の入学を許可。1942年パーシバル中将率いるシンガポールのイギリス軍が山下奉文中将率いる日本軍に無条件降伏。翌日、大本営がシンガポールを「昭南島」と改名。1947年家督相続税を廃止。贈与税を新設。1955年文部省が、重要無形文化財技術指定制度第一次指定を告示。初の人間国宝指定。1965年カナダで、それまでのユニオンジャック入りの国旗から、サトウカエデの葉をデザインした現...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール
あずフィスさん
  • 本日は春一番名附けの日です。
  • 爆撃(モンテ・カッシーノの戦い)。1945年 沖縄県の第32軍が「一人十殺」の戦闘指針通達1946年 世界初の電子計算機とされるENIACがアメリカ・ペンシルバニア大学で完成。重さ30t。1947年 家督相続税を廃止。贈与税新設。1948年 司法省を廃止し法務庁設置。1949年 大阪証券取引所設立1951年 イギリスが鉄鋼業を国有化1952年 横浜港のメリケン波止場の接収解除(神奈川県)1955年 文部省...
  • あずフィスのきょうの出来事あずフィスさんのプロフィール
KAZUさん
  • 争族のリアル
  • きた家族が相続を機に疎遠になったり、二度と顔を合わせなくなったりする話が入ってきます。これぞ、まさに“争族”です。 相続が争族になる最大の理由は、「偏った遺産分割」をしてしまうことです。高齢の親世代は家督相続の意識が強いため、長男に多く遺産を相続しがちですが、片や子どもたちは公平に分けてもらえるものだと思っています。 自宅が財産の大半のため分けにくい、きょうだいの思いがそれぞれ違っている、学費や家の頭金を...
  • 石のソムリエ K'sウィンストンブログKAZUさんのプロフィール
箕輪初心:生方さん
  • 箕輪初心:生方▲井伊直政№173&彦根22『井伊直政の生涯』復刻版
  • られ、19人が討死。 抹殺。 →井伊直政は2歳であったため、直親の従兄妹:祐圓尼が井伊直虎 と名乗り、直政の代理として井伊氏の当主になった。 →直政の生母は今川氏の家臣:松下清景と再婚。 →井伊氏の家督相続権が井伊直虎に移った。 →井伊氏は井伊谷の所領を失い、井伊直政も今川氏に命を 狙われた。 →井伊氏重臣:新野左馬助親矩に保護され、養母:井伊直虎に 育てられた。・永禄7年(1564))曳馬城攻め 井...
  • 城・武将・陶芸・登山・潜水・スキー・旅行・温泉箕輪初心:生方さんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 陶 晴賢 伊香賀隆正 山崎勘解由 辞世の句 (周防国の戦国武将)
  • れる身に陶 晴賢 / 陶 隆房(すえ はるかた / すえ たかふさ) 生誕 大永元年(1521年)死没 弘治元年10月1日(1555年10月16日)戦国時代の武将。周防国の戦国大名・大内氏の重臣。生涯家督相続大永元年(1521年)、陶興房の次男として生まれる。陶氏は大内氏の庶家・右田氏の分家であり、大内氏の重臣の家柄であった。少年時は美男として知られ、そのため大内義隆の寵童として重用された。元服してからの...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
遊歩さん
  • ぶらんこ
  • その季語集には「寒食に、色どれる縄を木にかけ架を立て、士女その上に坐し、立ちてその縄を引き動かして遊ぶことなり」とある。 寛文とは、徳川四代将軍家綱の時代仙台藩伊達家で家督相続をめぐる「伊達騒動」が起こった時代である。      ぶらんこの影を失ふ高さまで    藺草慶子?       半仙戯漕げばこぐほど擦れ違ふ  橋本韶子?       鞦韆は漕ぐべし愛は奪う...
  • 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
このゆびと〜まれ!さん
  • 上杉鷹山(ようざん)の藩主としての心構えが、ケネディーに届く
  • の陣頭指揮を執り、藩の財政の健全化を目指した優しき名君でもあったのです。天明5年(1785)2月3日、鷹山は隠居の願書を出し、鷹山と世子(せいし)である治広は、江戸城に入り、鷹山は隠居を許され、冶広は家督相続を正式に許された。このとき、鷹山は35歳であった。在職19年である。そして、鷹山は治広に米沢藩主としての心得三力条を与えている。それは、 一 国家は先祖より子孫に伝え候国家にして、我、私すべきものには...
  • このゆびと�・まれ!このゆびと〜まれ!さんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 伊達政宗
  • 興の祖伊達大膳大夫政宗と同じ伊達藤次郎政宗と名乗る。元々は足利義昭から一文字を貰い名乗るのだが、織田信長に追放されできなかった事もある。その後、田村清顕の一人娘愛姫を正室に向かえ。初陣で相馬氏と戦う。家督相続と父の死輝宗の隠居にともない家督を相続している。政宗は若さを理由に断っているが、伊達家一門や重臣に勧められ相続するに至った。小浜城主・大内定綱は二本松城主・畠山義継と手を組み、政宗の正室愛姫の実家田村...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール

家督相続を含むブログ村メンバー

  •  
としさん
  • 鷲爪伝としさんのプロフィール
  • 毛利家の家譜から抹消された毛利元綱(相合四郎)。毛利元就の家督相続に関わる陰謀と謀略の物語。

にほんブログ村

>

キーワード

>

家督相続について