家督相続

家督相続についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家督相続] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家督相続を含むブログ記事

樋口山城守与六さん
  • 勝栄寺土塁 三子教訓書発祥の地 山口県周南市
  • 越えていた元就が、3人の息子たちに(他の子どもたちを含めて)一致協力して毛利宗家を末永く盛り立てていくように後述の14条に渡って諭している。1546年(天文15年)に元就は隠居を表明して、長男の隆元が家督相続をしていたが、これは形式的なものであり、実質的な毛利家当主は引き続き元就が務めていた。そして、防長経略で周防国・長門国を勝ち得た1557年には毛利家の実権を隆元に譲ろうとしたものの、隆元が「防長まで拡...
  • 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 毛利元就の薫陶を受けた三子の実践度
  • 大友からの脅威を防ぐとともに、朝廷を通じて大友と和議を結び尼子討伐の態勢作りをします。尼子攻めに赴く途中暗殺?されます。元就より先に死去してしまったのですが、仮に元就より長生きしたとしても、元就からの家督相続さえ消極的だったところから、元就路線を踏襲した可能性が高かったのではと思われます。 次男・吉川元春(1586年死去)兄、隆元、輝元(1571年家督を継いだ毛利隆元の嫡男)を補佐しながら転戦しつづけます...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
JINTAXさん
  • 収入印紙4億7千万円相当を横領
  • の読者になろうブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります読者になるSNSアカウントFacebook記事はありません来年から扶養控除等・・・画像つき記事来年から扶養控除等申… 昨日家族信託は家督相続の… おとといローン控除適用中に災… 2017-09-12いざなぎ景気と並んだ… 2017-09-11もっと見る記事はありません次の記事来年から扶養控除等・・・ブログトップ記事一覧画像一覧プロフィール...
  • 高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロクJINTAXさんのプロフィール
JINTAXさん
  • 来年から扶養控除等申告書(マル扶)変わります
  • (無料)高槻の税理士 JIN-TAXのアメブログできるだけ短く要点をかいつまんで、軽いタッチで日々を綴っていきます。皆さま、宜しくお願い致します。ブログトップ記事一覧画像一覧記事はありません家族信託は家督相続・・・来年から扶養控除等申告書(マル扶)変わりますNEW!2017-09-14 12:21:00テーマ:ブログ公式ハッシュタグランキング:位改正前から改正後以下のように変わりす。控除対象配偶者?源泉控...
  • 高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロクJINTAXさんのプロフィール
JINTAXさん
  • 家族信託は家督相続の復活?
  • AXのアメブログできるだけ短く要点をかいつまんで、軽いタッチで日々を綴っていきます。皆さま、宜しくお願い致します。ブログトップ記事一覧画像一覧来年から扶養控除等・・・ローン控除適用中に・・・家族信託は家督相続の復活?NEW!2017-09-13 23:02:00テーマ:ブログ公式ハッシュタグランキング:位今流行りの手法なんですが、会社の事業承継を考えた場合、この言葉が相応しいと言われますね。非上場の株式に...
  • 高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロクJINTAXさんのプロフィール
とにかく書いておかないとさん
  • 「『真実』の相続人」(『こころ』シリーズ?)
  • す。その4回目。 第4章は「『真実』の相続人」。筆者はここで『こころ』から少し離れて、漱石は遺産相続の物語を繰り返し書いたことを指摘します。そしてその相続を3つのレベルで整理します。 第1のレベルは『家督相続』です。漱石の小説を読んでいると、主人公はほとんど働いていません。なんらかの財産を持っているからです。そしてそこには金銭的な遺産相続が働いていることが多い。筆者はそれを丁寧に説明します。現代の人間が漱...
  • とにかく書いておかないととにかく書いておかないとさんのプロフィール
okadoさん
  • 報復の連鎖〜曽我兄弟の仇討ち〜
  • (建久4年)に起こった曽我兄弟の仇討ち。曽我十郎祐成と曽我五郎時致が工藤祐経を討った事件ですが、その発端は、彼らの先祖・工藤祐隆の時代まで遡らなければなりません。☆ ☆ ☆ ☆ ☆1.嫡孫が不満を持つ家督相続工藤祐隆は藤原南家の流れをくむ工藤氏の6代目。伊東荘・宇佐美荘・河津荘などを領していました。しかし、嫡男の祐家が早世してしまいます。そこで祐隆は、後妻の連れ子との間に生まれた祐継に本領である伊東荘・宇...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
Largoさん
  • おんな城主 直虎 36話「井伊家最後の日」
  • にね。女領主、という環境は普通じゃないけれども。この普通、というのが大事なんでしょうね。自分の一存で井伊を存続させるかどうかなんて、さすがに荷が重過ぎますます。許婚と言う地位を捨て、出家してまで守った家督相続のルートは直親の横死で頓挫し、いつも自分と井伊を見守ってくれていた政次は裏切り者として処刑されてしまった。直虎が疲れてしまっても致し方ないです。ここで臥薪嘗胆、井伊家の再興の時を待つか。それとも解散す...
  • 昼寝の時間Largoさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 織田信忠を通して、権力者の「二世」「三世」を怪説
  • るからでもある。そして二世は親と同じ政党に所属するケースが大半である。という当たり前のことが、当たり前ではなかったのが下克上の世。即ち、戦国時代。世襲によるお家安泰など約束されていなかった。長子による家督相続が一般的であったにせよ、最終的に世襲が認められるのは力の有る無し。親の権力を継ぐに相応しい力を持つと認められなければ、世継ぎ(世襲)は許されない。弟たち、或いは有力な家臣に取って代わられる。昨日の友が...
  • 酔舞如Hiikichiさんのプロフィール
まこな。さん
  • 【戦国時代】シリーズ「落日」第2章・3 英雄になりそこねた男、細川政元
  • 迎えられた男子(※)で、「細川澄之(すみゆき)」と名付けられました。(※)将軍・足利義澄とは母親同士が姉妹で、従兄弟の関係にあたるところが、細川家中では「細川の血をひかない者が跡継ぎなんて!」と澄之の家督相続に反対する勢力もおり、政元は細川家の分家からも養子をとり、元服して「細川澄元(すみもと)」となります。さらにそのあと、別の細川家の分家からも「細川高国(たかくに)」を養子に迎え、政元には3人の跡取り候...
  • そのブログ、雑食系につきまこな。さんのプロフィール

家督相続を含むブログ村メンバー

  •  
としさん
  • 鷲爪伝としさんのプロフィール
  • 毛利家の家譜から抹消された毛利元綱(相合四郎)。毛利元就の家督相続に関わる陰謀と謀略の物語。

にほんブログ村

>

キーワード

>

家督相続について