家督相続

家督相続についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家督相続] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家督相続を含むブログ記事

町田市の税理士/高橋会計事務所さん
  • 相続は、人が死ななければ起きない、の巻
  • て・・・」なんておっしゃるかたに出くわしたりします。でも、それ違いますよね。死ななければ相続はできませんので。生きているうちは無理なんです。 むかしむかしの大昔は、生前相続が可能でした。家督相続です。戸主が隠居して、生きている間に身分や財産を長男に相続させるというものです。相続税のしごとでむかしの戸籍謄本を見ていると「〇〇、家督相続ノ届出アリタルコトニ因リ、ホニャララ」なんて記載に出くわしま...
  • 社長の為のじょりじょりわかる!税理士ブログ町田市の税理士/高橋会計事務所さんのプロフィール
kiiさん
  • 大分県宇佐市 四日市陣屋跡
  • でしたが、元禄11年(1698)藩主小笠原長胤の悪政をみかねた幕府は、長胤を改易して本家である小倉藩小笠原家預かりに処します。しかし「祖先の勤労」に免じて断絶は免れ、長胤の弟小笠原長円に半知の4万石で家督相続させました。没収された4万石は天領となり、四日市に代官所が置かれるます。これが豊前四日市陣屋で、後に天草代官支配を経て、西国筋郡代の支配となりました。「四日市陣屋跡」。現存する陣屋門が残されていますが...
  • 試撃行kiiさんのプロフィール
京都市西京区桂の遺言作成専門行政書士さん
  • 家族信託(かぞくしんたく)という方法
  • なっても実家を売却できるように備える ・認知症によりアパート経営ができなくなるのを防止できる ・先祖代々の財産が他家にいかないように対策できる ・障がいのある子どものための対策がとれる ・「隠居」や「家督相続」のような事ができる ・認知症になっても今まで通りのペースで生前贈与できる ・あとに残されるペットのための対策がとれる などです。上記は一例ですが、こういった活用が考えられます。 ただし、家族信託とい...
  • 京都市西京区桂の遺言書作成の専門家京都市西京区桂の遺言作成専門行政書士さんのプロフィール
gcsnakakoさん
  • 家族ライフサイクル推移と常盤台住宅地の敷地細分化
  • 1941(昭和16)年12月に太平洋戦争が勃発しており、戦死者もいたと思われます。その実態を把握することはほとんど不可能です。ただし、戦後 1947(昭和22)年に民法が改正されるまでは旧民法のもとに家督相続が行われていましたので、仮に世帯主が亡くなったとしても、相続による遺産分割の問題は生じていなかったと考えられます。常盤台住宅地の購入者の購入時[=1936(昭和11年)時点とする]の平均的家族ライフサ...
  • 株式会社ジー・シー・エス 中湖康太 経済投資コラムgcsnakakoさんのプロフィール

家督相続を含むブログ村メンバー

  •  
としさん
  • 鷲爪伝としさんのプロフィール
  • 毛利家の家譜から抹消された毛利元綱(相合四郎)。毛利元就の家督相続に関わる陰謀と謀略の物語。

にほんブログ村

>

キーワード

>

家督相続について