古語辞典

古語辞典についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古語辞典] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古語辞典を含むブログ記事

aiaiaさん
  • 【夕顔296-3】古文単語「しめやかなり」
  • されないってことはないんですよ!(;゚;∀;゚;) 【しめやかなり】【形容動詞:ナリ活用】?(ようすが)ひっそりと静かだ?もの静かだ。しとやかだ?しみじみと感ずる。しんみりとする  ※Weblio古語辞典より 葬儀なんかでしか使わないと、「厳(おごそ)か」なんてイメージしか浮かばないので選択肢4をえらんでしまうかもしれませんが… 4.たいそう厳かで儀礼的だ。   「しめやか」という語義に、ここまで...
  • 源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法aiaiaさんのプロフィール
aiaiaさん
  • 【夕顔295-3】古文単語「透く」
  • 。 3.透き通ったお灯明の火が、ほのかにゆらゆらと見える。 4.神仏をまつるお灯明の姿が、ほのかに美しく見える。 5.神仏をまつるお灯明の光が、微かにまばらに見える。      「御燈明」というのは、古語辞典では、「御明かし(みあかし)】で引くとわかりやすく載っています。 【御明かし(みあかし)】【名詞】…(「御(み)」は接頭語)神や仏に供えるあかり。お灯明(とうみょう)  ※Weblio古語辞典より...
  • 源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法aiaiaさんのプロフィール
aiaiaさん
  • 【夕顔294-3】古文単語「すごし」
  • 容詞は、古今異義語の中でも、もっとも頻出です! 【すごし(凄し)】【形容詞:ク活用】?気味が悪い?もの寂しい。ぞっとするほど寂しい?殺風景だ。冷ややかだ?ぞっとするほどすばらしい   ※Weblio古語辞典より 要するに――ぞっとするイメージ ?ぞっとする⇒気味が悪い?ぞっとする⇒〜ほど寂しい?ぞっとする⇒〜ほど冷ややか?ぞっとする⇒〜ほどすばらしい やばっ と一緒で、 心にマイナスイメージとし...
  • 源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法aiaiaさんのプロフィール
井之亀さん
  • 傾国の美女 驪姫4 〜竹取物語の謎をうら読みで解く#266
  • 他(校注・訳) 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士雄(編者)『全訳 漢辞海 第三版』三省堂、2011年。 小竹文夫・小竹武夫訳『史記3 世家上』ちくま学芸文庫、1995年。 イラスト:あおい字...
  • 竹取物語の謎を「うら」読みで解く井之亀さんのプロフィール
巴里さん
  • 調べもの、「キュレーションメディア」使うより、普通に「辞書」を引けばよいのでは?
  • 環境テクノロジー/ 不動産ビジネス/ビジネス法務/知的財産) ■東洋経済新報社 会社四季報(企業概要)/就職四季報/都市データパック ■東京書籍 アドバンストフェイバリット(英和/和英)/語源海/全訳古語辞典/ 全国五つ星シリーズ(手みやげ/駅弁空弁)/手帳シリーズ (カクテル手帳/ワイン手帳/日本酒手帳/焼酎手帳/洋酒手帳/ すし手帳/焼肉手帳/イタリアン手帳/喫茶手帳) ■あすとろ出版 四字熟語の辞典...
  • 法律(知って得する)と暮らしの知恵!巴里さんのプロフィール
イエスは勝利者さん
  • 「けもの」のもともとの意味
  • 、タヌキでも鹿でも、熊でも「毛のもの」ではないか。毛で身を包まれている「いきもの」ではないか。「生きている物」ではないか。それで、私は「けもの」はもともとは「毛物」ではないか、と考えた。それで、岩波の古語辞典をひいてみると、予測通り「毛物の意」とあった。...
  • 御言葉をください2イエスは勝利者さんのプロフィール
小竹さん
aiaiaさん
  • 【夕顔291-3】古文単語「具す」
  • 【具す(ぐす)】【自動詞:サ行変格活用】?一緒に行く。連れ立つ。従う?連れ添う。縁づく?備わる。そろう【他動詞:サ行変格活用】?連れて行く。引き連れる。伴う?備える。そろえる。添える  ※Weblio古語辞典より    「具す」の「具」は、道具の「具」☆手元に添えて用います。 また、漢文で、「具に」「倶に」などが出てきます。 「人」が「具す」なら、伴うという意なんですね! 【解答】…3   ...
  • 源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法aiaiaさんのプロフィール
古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 「事の 語り言も 此をば」考 其の二
  • る。(注7)カタル(語)という動詞については、大野1968.は、「語幹 kata は kötö と交替する。Kötö は「事」である。」(580頁)とする。岩波古語辞典では、「カタはカタドリ(象)のカタ、型のカタと同根。」(303頁)、白川1995.では、「形を与えて構成することをいう。」(232頁)と解されている。語源については定められないが、語意としては、イフ(...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール

古語辞典を含むブログ村メンバー

  •  
桐の実さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

古語辞典について