金利上昇

金利上昇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [金利上昇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

金利上昇を含むブログ記事

マーケット番長さん
  • トンズラの動きは継続中
  • 、足元では習隠蔽が可能なマクロ指標ですら鈍化傾向であり、自由化されず介入しまくりの中国市場ですら、上海株安は下げ止まらず2700p割れ目前に迫っており、人民元安も止まらず、ついに債券も売られつつあり(金利上昇)SHIBORの翌日物は危険水域ではないものの急上昇しており、かなり香ばしさが増しております。トルコについてはトリプル安からやや反発しておりますが、米国との対立はなんら歩み寄りもなく、こじれたままなの...
  • 不沈艦日記マーケット番長さんのプロフィール
独身投資家さん
  • みずほ証券の「お姉さん」からトルコリラ建て債券の勧誘
  • data-ad-client="ca-pub-3055578469990778" data-ad-slot="2966932240">もしあの時に購入していたら、昨今の「通貨下落」と「金利上昇(=債券価格下落)」のダブルパンチで、かなりの評価損を喰らっていたはず〜そもそも新興国の為替相場や債券マーケットを、精緻に予測することなど不可能なので、ベストのタイミングで「取引」することは至難の業・...
  • 独身投資家の資産運用ブログ IPO当選へ全資金投入!独身投資家さんのプロフィール
大仏さんさん
volkan1992さん
  • トルコ経済ニュース(銀行規制監査員会とトルコ中央銀行が発表した対策に関する金融官営者の分析)
  • 入札が行われなかった場合には、システムの金利と政策金利は一時的にGPL(一般市場取引終了後にTCMBが市中銀行に適用する金利)である20.75%に上昇し、また、300ベーシスポイントとなっている暗黙の金利上昇が生じた状態にある。TCMB(金融政策委員会)会合の(開催)期日である9月13日には、金利上昇が公式となる可能性も存在している。」と述べました。 スワップを中心にFX投資に関する有益な情報が多数紹介さ...
  • トルコとイスタンブール、ちょっと投資volkan1992さんのプロフィール
volkanさん
  • トルコ経済ニュース(銀行規制監査員会とトルコ中央銀行が発表した対策に関する金融官営者の分析)
  • 入札が行われなかった場合には、システムの金利と政策金利は一時的にGPL(一般市場取引終了後にTCMBが市中銀行に適用する金利)である20.75%に上昇し、また、300ベーシスポイントとなっている暗黙の金利上昇が生じた状態にある。TCMB(金融政策委員会)会合の(開催)期日である9月13日には、金利上昇が公式となる可能性も存在している。」と述べました。トルコリラ等の外貨建ても含めた債券投資に関する情報を発信...
  • トルコとイスタンブール、ちょっと投資volkanさんのプロフィール
toushirashinbanさん
  • インド株式市場の好調が続く
  • 米中貿易戦争を尻目にインド株の好調が続いています。インドは輸出依存度が低く、内需拡大型の経済発展を遂げていることからアメリカの通商政策の影響を受けにくいことが背景にあるようです。昨今のアメリカの金利上昇による新興国からの資金流出が懸念されていますが、新興国の中では世界経済の影響を相対的に受けにくいこともインドの魅力の一つでしょう。インドはモディ政権の下で経済改革を続けており、高い経済成長が続いていま...
  • 投資の羅針盤ブログtoushirashinbanさんのプロフィール
osaさん
  • 米国とトルコの対立が日本に飛び火か
  • 引き上げに動き始めています。日本だけは、日銀が金融緩和を続けたまま2%の物価上昇の目標にしがみ付いたままです。  また、過去の金融危機の時のように、不況対策のため財政出動をしたくても、膨大な借金を抱え金利上昇につながる金融政策は無理です。しかも、企業への金融支援の窓口になる銀行が、厳しい経営環境で身動きのとれない状態です。  過って、「米国が咳をすると日本が風邪をひく」と言われましたが、今は世界の主要国の...
  • 起業の目osaさんのプロフィール
野獣の理性さん
  • 「債券バブルの破裂に用心せよ」
  • ロンドンはじめ)やカナダまた豪州でもその価格が下落しているものみても、、、、我が国の湾岸あたりのタワマンも 中国人投資家等の売りが出ているといった線から怪しさが見えているのも然りで 0.2%とといった金利上昇容認も見せたクロ様(BOJ)の苦肉の様子をも鳥瞰すれば その逆回転は(金利上昇)まさに今タイトルと符合するもの?とも思われ 元来債務の嫌いな当アホウなどにすれば 米国体質(債務によって豊かさを満喫しよ...
  • 野獣の理性野獣の理性さんのプロフィール
スモークさん
  • 人口動態:米ドルの金利は2030年代まで高止まり?
  • は積みあがりません。よって、従来マーケットにあふれていたドルは、どんどん減り、金利も上がっていかざるを得ません。2018年現在、徐々に米国債などの金利が上がっています。理由は多々あるのですが、米ドルの金利上昇は人口動態というのも大きな原因の一つと言えるでしょう。(この本の著者の主張が正しければ・・ですが。私は妥当かと思いますが)最後に2035年のアメリカの人口ピラミッドです。このころになると、ベビーブーム...
  • たばこ株投資で経済的自由スモークさんのプロフィール
株式会社DSKさん
  • 長期ローンはメリットとリスクどちらを取るか
  • てきました。良いことづくめに見えますが、もちろんリスクもあるので理解しておく必要があります。金利変動や空室、キャピタルでのリスクもあるローンの期間が長くなったといっても金利が一律という訳ではないので、金利上昇リスクに晒される期間が長く晒されることになります。とは言え「明日から5%引き上げ」なんて事はないので他のローンと同じように、定期的に見直しながら管理すれば大きな問題ではないでしょう。次に、期間が長くな...
  • DSKのコラム株式会社DSKさんのプロフィール

金利上昇を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

金利上昇について