金利上昇

金利上昇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [金利上昇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

金利上昇を含むブログ記事

osaさん
  • 不況が来てもへこたれない準備を今から
  • も、既に日銀が大量に引き受けていますから、国内でこれ以上の消化に限界が見えています。  この厳しい環境の中で、日本は不況を乗り切ることが求められます。不況の程度は読めませんが、米中の貿易戦争、先進国の金利上昇、米国の景気循環の下降局面など既に悪化が進行していることは確かです。  過去の不況到来の時には、慌てて起業やフランチャイズ加盟を考える人は大勢いました。ただ、不況が深刻になり始めてから起業を考えるよう...
  • 起業の目osaさんのプロフィール
パーケイさん
カワキューさん
  • 2018年の相場で最も上昇した米国のいけてるETFランキング15
  • 選ぶシンプルな方法あまりお金も潤沢になく、投資にかける時間もない人にとって、インデックス投資は安価かつシンプルにも関わらず、手堅く勝てる投資手段と言え...記事を読む利上げ局面で高配当株投資するなら、金利上昇に強い米国株式ETFを買いなさい足元は米国でのインフレ期待の高まりを受けて長期金利の上昇が顕著となっている。FRBも利上げペースを加速させるとの見方も増えており、今後米国の...記事を読むどれも同じな...
  • Joyful Moneyカワキューさんのプロフィール
りんりさん
  • 誰よりもS&P500を信頼し、誰よりもS&P500を疑っている」りんりのブログ
  • の(特に海の)最近の国境防衛というか水際の脆弱さをりんりは懸念しています。青森にもお隣の方から何度か上陸船が流れてきましたし(笑)地震で例えるなら震度1〜3くらいのリスク(10%〜20%くらいの調整や金利上昇など)は全く怖くありません。予想や想定できるわけですし、買いに向かうチャンスですから。震度4〜6でも大丈夫でしょう。(恐慌や暴落、長期の景気後退、戦争など過去にあったレベルの大きな脅威)これも歴史と米...
  • S&P500ETF(VOO)に投資するブログりんりさんのプロフィール
りんりさん
  • S&P500指数の最近の動きと、今後の決算発表シーズンに備えて
  • た利益を再投資に回し、事業拡大やより利益を拡大することで、企業価値を高め、長期的には株価を押し上げてくれます。配当や自社株買いして株主に還元するにせよ、その元となる利益がちゃんと出ているか。貿易問題や金利上昇はどこまで企業に影響を与えているのか、思ったよりもダメージは少ないのか。ここら辺に注目しながら今後行われる決算シーズンを楽しんでいきたいと思います。(最近知り合った方にはよく意外と言われますが)りんり...
  • S&P500ETF(VOO)に投資するブログりんりさんのプロフィール
hiroakit_rokoさん
  • 2018年振り返り&収支報告
  • ので興味ある方はどうぞ。可変レバレッジド・ポートフォリオの結果せっかくなので、僕は採用をやめてしまいましたが可変レバレッジド・ポートフォリオのリターンも継続して追っていくことにしましょう。理論的には、金利上昇局面には大きく市場をアンダーパフォームするものの、超長期においては指数をアウトパフォームするはずです。ROKOHOUSE式 可変レバレッジド・ポートフォリオ2017.12.09こちらは発表日が2017...
  • ROKOHOUSE - シーゲル流ロジカル投資術hiroakit_rokoさんのプロフィール
やんたさん
  • 有事の金とは
  • は、金価格は前年の78年から80年で3倍に上昇しました。米ソ冷戦時代の終焉とともに「有事の金」という言葉は廃れましたが、2001年の9.11米国同時多発テロで有事の金が再評価されました。ただ、近年は米金利上昇により金価格は軟調な動きが続いています。金利がつかない金はドルが強いと売られる傾向にあるからです。金価格の値動きは、米国金利動向が現在最も注目される材料となっています。今年もFRBの金融政策が金価格に...
  • 日経225先物オプション奮闘日誌〜実践編やんたさんのプロフィール
巴里さん
  • 高価な買い物【マイホーム】 できるだけ上手に購入する準備とは 現役FPに聞いてみた!
  • メしません現在は低金利状態が続いており、変動金利で契約するケースが多くなっています。しかし、住宅ローンのような長期・固定的な借金の金利は、低金利時に固定金利で借りることが理想とされています。変動金利は金利上昇リスクに対抗する手段ですから、例えば、繰り上げ返済に充てられる手持ち現金や、金利上昇時に価値が上昇する金融商品を所持している場合以外は、オススメできません。すでに変動金利で借りてしまっている場合や、固...
  • 法律(知って得する)と暮らしの知恵!巴里さんのプロフィール
ぺパロニタイガーさん
  • どうなる?2019〜20年「市場サイクルを極める」を読んで考える
  • なリターンを狙うというものです。高いリターンを得る為には相応のリスクを負わなければなりませんが、高いリスクは高いリターンを保障するものではありません。不安感の高まった2018〜19年2018年、米国の金利上昇を発端に、レバレッジのかかったETFが内包するコストの上昇、株式市場のボラリティの上昇、そして米国株式のリターンが不足した為に、レバレッジETFの成績は揮いませんでした。レバレッジド・ポートフォリオが...
  • ぺパロニタイガーぺパロニタイガーさんのプロフィール
マーケット番長さん
  • アテにならんままの週末
  • たものの、日経平均が約1%高に対してTOPIXは約0.5高であり、売買代金はSQ日にも関わらず約2.5兆円ぽっち・・・SQ分の約3000億円を差し引けば昨日よりも薄商い・・・昨夜の海の向こうも、米長短金利上昇、英長期金利上昇、欧州長期金利小幅低下、ドル高、原油続伸、銅反落、商品安、金反落米英欧株続伸、VIX低下(19.5)となったので、動きとしてはリスクオンなのですが、米英欧株は今週最低の薄商い・・・海の...
  • 不沈艦日記マーケット番長さんのプロフィール

金利上昇を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

金利上昇について