砂川事件

砂川事件についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [砂川事件] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

砂川事件を含むブログ記事

!@管理人さん
  • それなら共産党も謝罪しないとhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000083-jij-pol
  • あっちサイダーなんだよね>石垣島の反対署名水増しhtt..沖縄メディアは逝かれているよなhttps://headlines.yahoo.c..不法侵入したのは事実なんだし、犯罪は紛れもない事実では?>砂川事件https:/..posted by ! at 20:19| 東京 ?|Comment(0) |反日(国内) ||この記事へのコメントコメントを書くお名前: [必須入力]メールアドレス:ホームページア...
  • 見たこと聞いたこと!@管理人さんのプロフィール
Love  world neighborsさん
  • 首相と同格の日弁連会長選挙菊池裕太郎氏当選
  • 営委員会委員長■東弁関係常議員憲法問題対策センター委員会館委員会委員長【 弁護士としての主な活動 】・新人の頃1986年4月、弁護士登録・東京弁護士会入会新橋綜合法律事務所入所。所長の伊達秋雄弁護士(砂川事件一審の裁判長として駐留米軍は憲法9条2項の「戦力」にあたり違憲と判断:「伊達判決」)に師事。1987年より1990年頃まで、在日外国人の指紋押捺拒否運動弁護団に参加。外国人登録法違反被告事件及び運動に...
  • Love world neighborsLove  world neighborsさんのプロフィール
イエスは勝利者さん
  • いつ誰によって日本の「立憲主義」は破壊されたか?
  • 権の背後にアメリカ政府がいたのである。「天皇機関説」事件、という著作を読んで、上のようなことを考えた。アメリカの基地が日本に存在することが、日本の立憲主義を破壊しつつあるように思われる。考えてみれば、砂川事件の判決でも、アメリカが介入して、日本の「立憲主義」が破壊されたのではないか。そのことによって、三権分立がおかされたのである。ここで、わたしが書いていることは、私自身にとっても新しい認識である。人気ブロ...
  • 御言葉をください2イエスは勝利者さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2353)『2353 どんたく滋賀弁護士会?』解釈入れて
  • であると推測される。このような状況では、公正・的確な審理や評議による正しい事実認定のもと、適正に裁判が進められるのか、甚だ疑問である。4.また、安倍首相は、憲法の解釈変更が認められる法的な論拠として、砂川事件最高裁判決(昭和34年12月16日最高裁大法廷判決)を挙げている。しかし、砂川事件最高裁判決は、日本が集団的自衛権を行使できるなどという見解を何ら示していない。砂川事件は、在日駐留米軍の管理する敷地内...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2348)『2348 ら特集岡山弁護士会?』解釈入れて
  • ,一貫して憲法は集団的自衛権の行使を否定していると解釈してきた。ところが,近時,政府は,これまでの政府見解を一変し,集団的自衛権の行使を容認する方向へと大きく舵を切り,猛進している。さらに,最近では,砂川事件最高裁判決が集団的自衛権行使を容認しているかのような説明までしている。しかし,砂川事件は駐留米軍の合憲性が争点となった事件であり,判決が「わが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されてない」と述...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
?拓建 代表清算人さん
  • 天下御免のぶった切りMAX 杉原則彦裁判官
  • ではないのか、というテーマをも含めて、法曹界で、真剣に取り組んでいただきたい。その結果はいずれにせよこの国が進むべき方向性を国民に指し示してくれると同時に、国民の多くが深い理解をすることの土台となる。砂川事件である意味「有耶無耶」となっている司法の判断を今一度再考する機会にもなるのでは、と期待します。(当職の息子も海上自衛隊に奉職しておりますので、息子個人の意思というより、自衛隊員全体の共通認識として「い...
  • ?拓建 代表清算人のブログ?拓建 代表清算人さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2337)『2337 ら特集山梨弁護士会?』解釈入れて
  • 法、周辺事態法)制定にあたって参照されてきた確立した憲法解釈である。集団的自衛権行使の否定こそが、憲法第9条解釈の核心であり、憲法第9条による制約として、その規範的意義は強固に承認されてきた。いわゆる砂川事件最高裁判決が肯定した「我が国が主権国として持つ固有の自衛権」は、「自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な」限りでの個別的自衛権のみであり、この判決によって集団的自衛権の行使を正当化する...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

砂川事件について