第二楽章

第二楽章についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [第二楽章] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

第二楽章を含むブログ記事

エメラルドさん
  • 弟子は師匠に似るんですね
  • 今やっているベリオのコンチェルト7番第二楽章。新しいバイオリン5巻には第二楽章しか載っていませんが、第一楽章の前奏がヴィオッティの23番に似ているなぁと思いました。調べましたら、パリでヴィオッティに学んだとありました。多少なりとも影響を受けたと...
  • 何はともあれバイオリンとインコ達エメラルドさんのプロフィール
ランガナータンさん
  • ワーグナー、未完の交響曲
  • れ、ワーグナーの遺族が購入。ワーグナー家はこのスケッチのオーケストレーションを「トリスタンとイゾルデ」の初演者であった指揮者のフェリックス・モットルに依頼している。モットルは第一楽章と途中完成していた第二楽章のオーケストレーションをオケで聴けるような今の形の曲に仕上げた。 スケッチはワーグナー家に返還されずモットルの死後行方不明になっているという。この若杉弘盤が世界初録音で、今では準メルクルの演奏がナクソ...
  • アマオケホルン吹きの音盤中毒日記ランガナータンさんのプロフィール
アンダンテさん
  • 自分の演奏に満足したその先に
  • らもアリでは??そして当時「満足」だったはずの録音、ピアノも、もっとアンサンブル!! の会 2014年11月23日Pf アンダンテ Vc さり先生 Vn 中川V先生メンデルスゾーン ピアノ三重奏第一番第二楽章(リンクは貼りません。今聞くとハズカシイから)これを昨日聞きまして「ぐはぁ〜(o_o)」なぜ昨日聞いたかといいますと、年明けすぐにピアノトリオのレッスン会というのがありまして、この曲を50分レッスンし...
  • アンダンテのだんだんと日記アンダンテさんのプロフィール
中峰秀雄さん
  • V.Lobos 協奏曲1mov
  • 今日は、先日、紹介したV.Lobosのコンチェルト第二楽章と順序が逆になりましたが、第一楽章。91のライブより。最強の愛器GuoYulon8弦とダマンで再演したいものです。日本初演のアンテイリャス協奏曲はまだアップしていません。ご期待ください。日曜はのんびり...
  • 中峰秀雄・新ギタリスト日記中峰秀雄さんのプロフィール
ランガナータンさん
  • ウェルザー=メスト&ウィーンフィル来日公演
  • 。ウェルザー=メストの音楽は奇をてらわずウィーンフィルの特質を上手く引き出していく正統的なもの。オケ全体の響きに溶け合いながらも自己主張も充分。ソロとオーケストラが一体となってじっくり豊かに歌い上げる第二楽章を聴いているうちに、ブラームスとウィーンフィルとの深い絆のようなものが時代を超えて伝わってきた。これが伝統というものなのか。流れの良いウェルザー=メストの指揮もウィーンフィルの自発性を見事に引き出して...
  • アマオケホルン吹きの音盤中毒日記ランガナータンさんのプロフィール
PLATさん
  • ヴァイオリン教室 #122
  • についても解説があった。O先生のレッスンでは、なるほどと思う含蓄のあるお話が多いから毎度感心させられる。次回は12月7日。「新しいバイオリン教本第3巻」43番。ヘンデルの「ヴァイオリンソナタ第3番」の第二楽章アレグロが宿題として選ばれた。十六分音符がひしめき合っている曲である。経験者3名はともかくも、初心者の皆さん3名はいきなりで大丈夫か?まだ風邪が完治してない私は、マスク着用、終始のど飴を含んで練習に参...
  • 羅馬チェロPLATさんのプロフィール
もーちゃんさん
  • 帰ってきた楠野麻衣!!(結構前に。。。)『星空のコンサート』今日は11月30日のショ...
  • !曲数はそんなにないですが、密度の濃い曲をやります! 特に『きらきら星』(le toreadorより) ルチアとエンリーコの二重唱 ルチア狂乱(クラリネットを添えて) モーツァルト『クラリネット協奏曲第二楽章』 は必聴です! というわけで燃え尽きて帰路に着きます。 楽しみすぎる!!! うちの妻の18番のアレも聴けるかも。。。 みなさんのお越しをお待ちしております! 出演 平岡基(バリトン) 楠野 麻衣(ソ...
  • 板橋区徳丸発 もーちゃんのSORA色オペラハウスもーちゃんさんのプロフィール
Lunaさん
  • [コンサート] ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 (2018/10 NHK音楽祭)
  • に到着したのは、18:40頃でしたが、作曲家と思われる方(すみません、名前がわかりません)のプレトークがありました。ほとんど終盤であまり聞けなかったのが残念ですが、ラヴェルについて、このピアノ協奏曲の第二楽章は、ちょっと見簡単なのだが、実はとてもも難しい、ラヴェルは作曲家として天才的な人で、この人の作品を見て作曲家になることをあきらめる人もいる等の話を聞くことができました。ワーグナーとブラームスというドイ...
  • Blog di LunaLunaさんのプロフィール
michaelさん
  • O.スウィトナー:Brahms Sym No.1(SKBライヴ)
  • ろではカッと気合いが入る、展開部[293]からコントラfagがppで唸るような半音階を始める、ここはじわりとテンポを落とし、頂点の[321]からはtimpの強打とともに熱烈、終結まで見事に引きつける。第二楽章、熱気をさますように弦、木管それぞれが清涼かつ深みを帯びた美音を聴かせる、vnソロも控えめな響き、第三楽章からがセッション録音とは随分様子が違う、意外に速いテンポで、より終楽章の前触れらしく急き立てる...
  • Micha: Classic音楽・Lute・宇宙michaelさんのプロフィール

第二楽章を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

第二楽章について