キネマ旬報ベストテン

キネマ旬報ベストテンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [キネマ旬報ベストテン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

キネマ旬報ベストテンを含むブログ記事

ukeeyさん
  • 明日まで【1個〜送料無料】無添加チーズ&【20%OFFクーポン】b.cachetteさん楽天から移行などなど
  • 青色だなんか面倒くさいことばっかり言っちゃってる男と女が、なんか出会い、なんか出来事があり、なんか付き合い、雰囲気という力業で、最後までもっていっちゃってる映画。いや、いい映画だとは思うんですが。。。キネマ旬報ベストテン第一位かぁ・・・。この中で、なんか好きだった台詞が。「恋愛って、誰かの元カレだった人と誰かの元カノだった人が、くっついたり離れたりを性懲りもなく繰り返すこと」。なんか残るという。頭の片隅に。≪暴力金脈...
  • ナチュラルのためならukeeyさんのプロフィール
綾香さん
  • 「つまらない日本映画ばかりになる」<行定監督が警鐘!>
  • く生きる姿を描いた。舞台は国内の主要演劇賞を受賞し、チケットが取れない観客が続出し11年、16年に再演された。  鄭氏は映画の脚本家としても、93年の映画「月はどっちに出ている」(崔洋一監督)でキネマ旬報ベストテン脚本賞、98年「愛を乞うひと」(平山秀幸監督)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞などを受賞した。その鄭氏が今回、自ら初の映画監督を務めた。  行定監督は、かつて鄭監督に脚本を依頼したことを明かし「7...
  • 風になる綾香さんのプロフィール
いちとれさん
  • 山田洋次さん サワコの朝
  • 別講師。東京大学法学部卒業後、川島雄三、野村芳太郎の助監督を経て、1961年に『二階の他人』でデビュー。以降、『男はつらいよ』シリーズなどの人情劇を発表。評論家や文化人の支持も高く、現役でもっとも多くキネマ旬報ベストテンに入賞した監督。中国などでも、日本映画界の第一人者として知られる。1977年「幸福の黄色いハンカチ」で日本アカデミー最優秀監督賞・最優秀脚本賞を受賞、「男はつらいよ」「学校」「家族はつらいよ」など数々...
  • いちとれのくらしいちとれさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

キネマ旬報ベストテンについて