鈴木三重吉

鈴木三重吉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [鈴木三重吉] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

鈴木三重吉を含むブログ記事

森鴎外 文学・文化論攷さん
  • 「赤い鳥」創刊100年記念 あきた文学資料館で企画展
  • 10:00 CNA秋田ケーブルテレビ 配信より児童雑誌「赤い鳥」の創刊100年を記念した特別展が、秋田市中通のあきた文学資料館で開催されています。赤い鳥は、子どもに質の高い読み物を授けるため小説家・鈴木三重吉(みえきち)が芥川龍之介や島崎藤村、北原白秋などの著名な文学者・作家らに呼びかけ創刊したもので、大正7年7月から昭和11年8月まで196冊が発行されました。秋田県とも深い関わりがある赤い鳥には「浜辺の...
  • 森鴎外 文学・文化論攷森鴎外 文学・文化論攷さんのプロフィール
カニーナ17さん
  • 漱石カフェの「空也もなかセット」でホッコリ〜♪
  • 「漱石と絵画」ほか、新宿区が所蔵する草稿や書簡、初版本などの資料が展示されていました。一番興味深かったのは「漱石を取り巻く人々」の展示正岡子規をはじめ高浜虚子、菊池寛、寺田寅彦、内田百?、芥川龍之介、鈴木三重吉、中勘助、和辻哲郎、岩波茂雄などなど、そうそうたる顔ぶれ52名の人びとの輪には驚き〜漱石山房には「木曜会」と称して大勢の人が集まったということですが、それだけ漱石の人間的魅力が豊かだった証拠でしょうね...
  • ヒーリング・ガーデンカニーナ17さんのプロフィール
荒川三歩さん
  • 旧宣教師館の書斎と寝室1
  • スト教を伝導したのです。雑司が谷地域の特徴は、芸術や文化、社会主義に関わる人々が集住したことです。大正時代になると、明治時代の公教育が批判され、子供の世界観を重視する自由教育運動が起こります。それは、鈴木三重吉による『赤い鳥』創刊などの児童文学運動の時代と重なります。雑司が谷地域には、この児童文学者や芸術家などの文化人たちが移り住み、この地で多くの成果を残しました。マッケーレウ゛は、昭和3年(1928)に雑...
  • 荒川三歩荒川三歩さんのプロフィール
郷土教育全国協議会(郷土全協)さん
  • 「赤い鳥」の画家・清水良雄(小石川・子ども風土記ー9)
  • 議会(郷土全協)“土着の思想と行動を!”をキャッチフレーズにした「郷土教育」の今を伝えます。「赤い鳥」の画家・清水良雄(小石川・子ども風土記ー9)2018年07月31日 |機関誌大正七(一九一八)年、鈴木三重吉は「赤い鳥」を創刊するにあたり一人の画家を選びました。名は清水良雄、東京美術学校出たての新進洋画家でした。そして創刊号から四号までのすべてと、その後のほとんどの号の表紙と挿絵を描かせたのです。この「赤...
  • 郷土教育全国協議会(郷土全協)郷土教育全国協議会(郷土全協)さんのプロフィール
八十路小町さん
夢野銀次さん
  • 高峰秀子「名もなく貧しく美しく」―父に与えた思いとは
  • ていたと思える。  昭和13年の高峰秀子主演、山本嘉次郎監督「綴方教室」の映画は、ブリキ職人一家がその日の食べ物にも窮するする極貧状態で生きてゆく生活を描いている。生活を見たままありのままを書くという鈴木三重吉が提唱した「生活綴方教室運動」の中で小学生豊田正子の「綴方」を原作として映画化されている作品である。   映画では極貧状態をリアルに描きながら、人間として尊厳を失わないで、明るく生きる一家を描いてい...
  • 銀次のブログ 歴史への誘い 夢野銀次さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

鈴木三重吉について