モイーズ

モイーズについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [モイーズ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

モイーズを含むブログ記事

Toru Yodaさん
  • ウェストハムがマヌエル・ペレグリーニ監督の就任を公式発表
  • Manuel Pellegrini2017−2018シーズンのプレミアリーグは、監督の解任、交代劇が多かった印象がありますが、ウェストハムも過日、デイヴィッド・モイーズ監督の続投はないことを発表していました。そのウェストハムですが、新たな指揮官が決まったそうで、マヌエル・ペレグリーニ監督の就任を公式発表しています。マヌエル・ペレグリーニ監督といえば、マンチェスター・...
  • Liverpoolの1ファンが綴るblogToru Yodaさんのプロフィール
makotoさん
  • ガナーズの価値あるギャンブル!? エヴァートン時代の同僚とあの名将が「アルテタ監督」を激賞!
  • レミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。ガナーズの価値あるギャンブル!? エヴァートン時代の同僚とあの名将が「アルテタ監督」を激賞!モイーズ、アラダイス、ランバート、カルヴァリャルと、プレミアリーグ2017-18シーズンの途中から不振のチームの立て直しにトライした監督が続々と退任。その一方で、新体制を早期に構築すべく、指揮官の首を挿げ替え...
  • 偏愛的プレミアリーグ見聞録makotoさんのプロフィール
makotoさん
  • 17位でも1億ポンドをゲット!プレミアリーグ2017-18テレビ放映権料ランキング!
  • 2017-18テレビ放映権料ランキング!2018/05/18 (Fri)プレミアリーグ観戦記2017-18コメント(0)この記事にコメントするお名前タイトルメールURLコメント絵文字パスワードHOMEモイーズ退任、アラダイス解任!? エヴァートンの新監督はマルコ・シルヴァが濃厚と現地報道!»あなたは?番め人気ブログランキング参加中です。こちらから応援クリックお願いします!やる気がぐんぐん上がり...
  • 偏愛的プレミアリーグ見聞録makotoさんのプロフィール
えるまさん
soccer fanさん
makotoさん
  • モイーズ退任、アラダイス解任!? エヴァートンの新監督はマルコ・シルヴァが濃厚と現地報道!
  • テナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。プレミアリーグ観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く紹介しています。モイーズ退任、アラダイス解任!? エヴァートンの新監督はマルコ・シルヴァが濃厚と現地報道!ミッションはあくまでも「止血」であり、クラブの未来創造ではなかったということなのか。あるいは、今季プレミアリーグにおけ...
  • 偏愛的プレミアリーグ見聞録makotoさんのプロフィール
ろっしーさん
  • アーセナル次期監督候補ミケル・アルテタ徹底分析
  • 、偉大な監督になることの間には大きな隔たりがある。そして、彼はいかなるレベルでもチームを率いたことがなく、我々にはアルテタにその素質があるか知るすべがない。ファーガソンの後を継ぐ、というのは経験豊富なモイーズのような監督にとっても荷が重すぎた。したがって、監督経験が全くないものにアーセナルで仕事を任せるのはあまりに無茶だった、ということになる可能性ももちろん大いにある。2) 選手たちと仲が良すぎる可能性が...
  • アーセナル・コラムろっしーさんのプロフィール
makotoさん
  • 監督交代策は軒並み失敗!プレミアリーグ2017-18シーズンでリスペクトしたい5人の指揮官!
  • われます。「中堅不在」となった戦犯に指名したいクラブが、新しいシーズンを誰で始めるのかに興味が湧きます。不振だったウェストハムで8勝9分10敗という数字を残し、18位から13位に引き上げたデヴィッド・モイーズ。最下位だったスウォンジーで、就任直後は5勝2分2敗という快進撃を見せたものの、最後の9戦を3分6敗と崩れて降格の憂き目に遭ったカルロス・カルヴァリャル。今季プレミアリーグで、就任時から順位を上げた後...
  • 偏愛的プレミアリーグ見聞録makotoさんのプロフィール
emさん
makotoさん
  • アッレグリは破談!?…ならばヴィエラ抜擢はいかが?アーセナルの新指揮官を考える。
  • きます。本命に挙げられていた実力者たちが難しければ、次なる候補は、アルテタやヴィエラなどのクラブOBと、ホッフェンハイムの30歳指揮官ナーゲルスマンなどの若手です。意中の監督と折り合えず、デヴィッド・モイーズに声をかけて混乱の扉を開いた2013年のマンチェスター・ユナイテッドと同じ空気が漂ってきました。このうえアーセナルが、ライバルの失敗のトレースを回避するなら、選手やサポーターがひとつにまとまれるOBを...
  • 偏愛的プレミアリーグ見聞録makotoさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

モイーズについて