閲覧室

閲覧室についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [閲覧室] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

閲覧室を含むブログ記事

sapporoeduさん
  • テスト期間真っ只中
  • 間のは知っていますが、公立でもこういう企画があるんですね。図書館好きの生徒達は行きたそうですが、20歳以上の年齢制限が……  簡単な概要載せておきます。   9月22日午後7時から翌日午前7時半まで 閲覧室の照明は書架の蛍光灯だけで、休憩・仮眠は館内の長ソファなどを使う 対象は20歳以上の5組(1組2〜3人)で「来館して申し込みができる人」  前回の答え 正解は、1のにんにく(忍辱) 第552問 インカ...
  • 札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記sapporoeduさんのプロフィール
駄目男/快道メーカーさん
  • 読書と音楽の愉しみ
  • こいい図書館の紹介。もう、みんな行きたくなります。各地にこんなお洒落な図書館があることを知りませんでした。生涯、図書館に縁のない人もいるけど、ほんともったいない。館を訪ねるだけでも十分観光になります。閲覧室は長さ200mというスケールの仙台市立図書館 和書より洋書のほうが多い秋田国際教養大学の図書館。内装は秋田杉。 昔の織物工場の煉瓦壁を生かした洲本市立図書館 木造校舎を移転、改造した滋賀・甲良町立図書...
  • 快道ウオーキング駄目男/快道メーカーさんのプロフィール
まちおこし編集長さん
  • 【編集長のつぶやき vol.590】 「図書館観光」は今後有望な観光コンテンツ?であることをあらためて実感。
  • にしか蔵書が無いものも多く、中には特定の地域の新聞の切り抜きをスクラップしたようなレアな「文献」に遭遇したりして、1日居ても飽きないくらいです。 また、多くの図書館では、こうした「郷土資料」は、書庫も閲覧室も一般の書籍とは分けられた場所に設定されており、ある種「別格」の扱いを受けることになります。 さらに、図書館の職員も、カウンターが混んでいる場合でもなければ、往々にして「おせっかい」なくらい親切で、郷...
  • まちおこし編集長の取材ノートまちおこし編集長さんのプロフィール
でる@さん
  • オーテピア声と点字の図書館で遊ぼう
  • ディアデイジー図書も充実していますが、これらは主に2階の書庫にしまわれていて、普段は目にすることはできません。それよりも、1階のエントランスホールから壁や仕切りなしで展開している「声と点字の図書館」の閲覧室が素晴らしい!図書館西側の正面入り口から入って、左にエレベーター、右に総合受付、そこをまっすぐ進むと「声と点字の図書館」です。うまい具合に子供達だけでなく大人も迷い込んでくれます。すべての市民に対して...
  • もページでる@さんのプロフィール
Sammy Keiさん
ブラウンライスさん
  • 川越中央図書館の2階 郷土資料室
  • を「時間つぶしの場」にするのか「目的のための活用の場」にするのか・・・無料自習室もある川越中央図書館2・3階に流れる空気は何故か心地よいのです。郷土資料室は閲覧のみという所がメリットです。図書館の一般閲覧室にある蔵書はコンビニでいうところの死筋だからです。下記リンクで川越市5か所の図書館にある蔵書を検索して予約ができます(登録必要)。川越市立図書館しかし新刊を中心とした人気の高い書籍のほとんどは予約で埋...
  • 川越気分ブラウンライスさんのプロフィール

閲覧室を含むブログ村メンバー

  •  
山田ギョクトさん
  • 第三キャレル山田ギョクトさんのプロフィール
  • 書評ブログ・フィロビブロンのキャレル(個人用閲覧室)版。地味に本に浸る為のサイト。
樅の木さん
  • 樅の木書房開架閲覧室樅の木さんのプロフィール
  • 自作の小説「青い珠」の舞台は昭和の神戸と現代の北関東。KWは神社、巫女、中学生、翻訳、など。

にほんブログ村

>

キーワード

>

閲覧室について