牛首

牛首についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [牛首] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

牛首を含むブログ記事

ミス加賀友禅スタッフAさん
sayaさん
  • ウルの人々〜秦氏
  • し、前2350年頃から、アッカドのサルゴン王家は河口のロートルに上陸し、筏に乗せて牛を揚陸させました。インダスに於いては牛が貴重品であったため支配者のアッカド人とウル人はドラヴィダ人に聖牛思想を教え、牛首のバァル神の崇拝を強制しました。それまで、ドラヴィダ人の祭神は【ヤオロチ】即ち蛇神であり、シュメールではサルゴン時代からバァル神とディルムン説話が生まれていたのです。したがって、これ以降インダスでは聖...
  • セレンディピテイsayaさんのプロフィール
まろぱぱさん
  • 久しぶりの全力スキーで大満足の野沢温泉スキー場
  • 泉スキー場を滑り倒すことに。まんぐーさんちのY君とリョータは年もスキーレベルも近いことがあって先の八方尾根スキーから、ずっと二人仲良く滑っていましたが今回も二人で楽しそうに滑ってました。シュナイダー、牛首コースこそ行きませんでしたが、その他のどんなコースも臆することなく二人で突っ込んでいきます。オフピステもへっちゃらで、もちろん最上部まで行っても問題なしこんな面白い雪像も二人でパチリPPAP!です(笑...
  • アウトドアときどきインドアライフwithまろまろぱぱさんのプロフィール
オッコさん
  • 加賀繍
  • 教えていただきました加賀繍なかなか見ることができない貴重な展示です雪吊り松金沢ならではの意匠宝尽くしゴージャス!ゴールドの七宝好みです?桜他にも様々な伝統工芸の展示がありました加賀友禅金沢漆器能登上布牛首紬新幹線の時間まで夢中で鑑賞しました金沢のすばらしさを最後の最後まで堪能できました教えてくださりありがとうございます!にほんブログ村ファッション(着物・和装)ランキングへADいいね!リブログするいいね...
  • のんびり日記オッコさんのプロフィール
hiyowaさん
  • 尾瀬ヶ原  鳩待峠〜牛首
  • 22 (32分)↓至仏山荘10:51 - 11:23 (32分)↓鳩待山荘12:19 - 12:30 (11分)↓鳩待峠12:19 - 12:30 (11分)↓ゴール12:30鳩待峠から山ノ鼻を通り、牛首まで行って折り返してくるコースです。スタート地点の鳩待峠。クマ出没注意の看板があったので、熊鈴をチリンチリン鳴らしながら歩きました。今回の目的は水芭蕉。まだ時期的には早かったようですが、チラホラ咲いて...
  • へなちょこ低山トレッキングhiyowaさんのプロフィール
山之介さん
  • 飯豊連峰 端から端まで縦走4日目
  • 。  そしてこの先は「タカネマツムシソウ」の領域。  道の右側が「ヨツバシオガマ」。  君ら、見事に領地分けをしていますね。 この辺でちょっと振り返って見ると右に「大日岳」、左に「牛首山」。  これから歩く先には雪渓の形もハート形に見えたりして、気分的にも余裕が出ている。  この時間、このくらいの登りならサクサク行けそうだな。  と、思っていたら案外歩きにくかった。  ここ...
  • てくてく山歩き 今日はどこに登ろうか山之介さんのプロフィール
笹鶏さん
  • 筆袋を作る
  • ら、売れないことはないと思っている。やる人はいないものだろうか。自分でやる方が良いのかもしれないが、それを始めたら面白くてやめられなくなり、絵を描く時間が無くなる心配がある。宮古上布とか、結城紬とか、牛首織とか、アッと思うような布が格安の時がある。何だか騙されたのかという時もない訳ではないが、そんな騙された布でも使いようである。もしこういう布を使ってみたいという人が居たら協力したい。ネットオークション...
  • 地場・旬・自給笹鶏さんのプロフィール
趣味と健康日記さん
  • 近代木版画(コブシ) CMT APVL、3/9 JGG 1h1m45sec/10km
  • 窓雪渓」、長い方が「三の窓雪渓」最上部の雪渓は「長次郎谷上部」、その右がチンネ、左上が剣岳頂上です。写生した場所は鹿島槍ヶ岳と冷池山荘の中間点(布引山)付近と思われるが、もしかしたら鹿島槍ヶ岳から西(牛首山)に延びる尾根筋かもしれません。 「渓流」(1928年)渓流の泡を版画で表そうとする試みがすごい。 ダイアナ妃も購入され、執務室に飾っていたと言う「光る海」(1926年)版画とは思えない精巧さです。...
  • 趣味と健康日記趣味と健康日記さんのプロフィール