扁額

扁額についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [扁額] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

扁額を含むブログ記事

キタヰさん
  • 家守稲荷大明神はいつから寒参りされていないのか?
  • 明神の『家守』の読みは『やもり』 2012年08月18日懐かしく思いながら鳥居をくぐると家守稲荷大明神、桜堂天満宮(伊勢市宮後)懐かし拝殿に対峙した。家守稲荷大明神、桜堂天満宮(伊勢市宮後)お参り後、扁額を確認してから家守稲荷大明神、桜堂天満宮(伊勢市宮後)気になったのは、やはり「寒中御見舞」札だった。ところが御札は貼られて形跡はあったが全てが剥がれ落ちていた・・・「寒中御見舞」札が剥がれ落ちた跡、家...
  • 神宮巡々3キタヰさんのプロフィール
あきじゅんさん
  • 大船観音
  • 」→「テーマ別」で、興味のある分野へどうぞ。ブログトップ記事一覧画像一覧記事はありません本格南インド料理 ・・・大船観音NEW!2018年01月20日テーマ:鎌 倉元旦に除夜の鐘を聴いた大船観音を再訪扁額『大船観音寺』お正月の三が日を過ぎると次は節分までだいぶ落ち着きます。2018年元旦に除夜の鐘を聴いた鐘楼と白衣観音さま表参道の階段を昇る大船観音白衣観音像真っ白な観音様が紺碧の空に映える。白衣観音像...
  • あきじゅんのブログあきじゅんさんのプロフィール
hidさん
  • 恵美須神社 三原市本郷
  • 原市練習用2018/1/20(土) 午前 2:15恵美須神社 三次市本郷再訪です。商店街の中の小さな神社文禄四年(1595)本郷の商人が発起して街の中央に当社を建立鳥居は天保七年 弥助作鯛が向かい合う扁額由緒鯛型の手水吽形 前足を上げ子に乳を飲ませています江戸尾道の顔石工 當所 弥助 作弥助は尾道で修行し本郷に移り住んだ石工天保七年(1836)阿形は構え 子を頭に乗せています大きな尾精妙な造りの子阿形...
  • ZRX1200Sツーリング城hidさんのプロフィール
jack-manさん
  • 昨日1/18は、誓い新たに今年のスタート!!
  • スタート!!NEW!2018-01-20 00:48:10テーマ:ブログ昨日2018/01/18は、新しい友人若い役者さんとセイガンに参加しました。博正さん担当で海外からもメンバーが。文化会館で栄光の扁額や原稿などリアルな物を見学〜感動。先日のリサイタルなどの報告のお手紙書いて、一緒にお届けした。接遇で大学ほぼ同期、新宿の増沢充満喜氏が担当でびっくりする。1/2は、音楽隊軽音の唐木達也氏だったし、さま...
  • 可知日出男の音楽自由人ブログ!!jack-manさんのプロフィール
かめさん
  • 新治神社(茨城県かすみがうら市)
  • 新治神社(にいはりじんじゃ)2017年(平成29年)11月4日参詣茨城県かすみがうら市新治584 鎮座延喜式常陸国茨城郡小社(夷針神社論社) 鳥居新治神社由緒碑手水場拝殿扁額本殿覆屋本殿創立年代は不詳だという。「新治(にいはり)」は、かつて「荒張(あらはり)」と呼ばれていたそうだ。で、この辺りが昔「夷針」と呼ばれていたという説があるらしい。御朱印は本務社である胎安神社でい...
  • ご利益散歩かめさんのプロフィール
くーまんさん
  • 江島詣1 〜田村通り大山道1・伊勢原篇 (伊勢原市桜台、沼目、上平間地区ほか)〜
  • てた、丹沢三ノ塔のお地蔵さんを思い出します。藤沢に至る大山道はここを右折。この交差点からしばらくは、県道44号線を南下。地区も桜台から沼目に突入します。天王原というバス停のすぐ先に、鳥居がありました。扁額には祇園社、八坂神社のかつての名。その奥にもう1つ鳥居が見えます。寄ってこ♪この鳥居をくぐって、ほぼ駐車場化した参道を抜け。。第二鳥居の脇には八坂神社とかかれた石柱。沼目の八坂神社に到着。おじぎしてっ...
  • さ! 今度は何処へいこう♪くーまんさんのプロフィール
しえさん
  • 【愛知】真福寺宝生院(大須観音)の御朱印
  • 家康によって今の場所に移転したのが1612年。鐘楼です。「華精の鐘(女人梵鐘)」と呼ばれています。地元の婦人会を中心に女性の寄進のみで鋳造。本堂です。本堂へ上がる階段の横にも仏様が並んでいます。本堂の扁額。観世音菩薩のお堂を意味する「大悲殿」と書かれています。合掌。中央には観音様、左側には布袋様、右側には不動明王がいらっしゃいました。本堂(2階)から見た境内。さて、御朱印をいただきましょう。本堂右手に...
  • ゆるり寺社巡り 〜御朱印紀行〜しえさんのプロフィール
梁瀬さん
  • 稲荷社(麦倉)
  •  元下耕地集会所の100m程西、県道369号麦倉川俣停車場線に面して鎮座する稲荷社(加須市麦倉)。 扁額には「稲荷社 昭和二五寅年」と刻まれている。...
  • 神社ぐだぐだ参拝録梁瀬さんのプロフィール
sirouturiさん
  • ちょっと残念かな「大橋寺(だいきょうじ)」の御朱印(大分県臼杵市)
  • 臼杵川を渡り右側に折れると大橋寺(だいきょうじ)と言うお寺があったので参拝法雲山 大橋寺浄土宗西山禅林寺派寺名の扁額の立派な高麗門大友宗麟が永禄年間に建立し参詣の便宜を図るため対岸より大きな橋を架けたので大橋寺と呼ばれるようになったそう大友宗麟の夫人のお墓があります西南戦争の際には大分県警視隊が本陣を置いたそうです...
  • 歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行sirouturiさんのプロフィール
かめさん
  • 文殊院(茨城県かすみがうら市)
  • 。鎌倉から戦国時代にかけ、一帯は天台宗を庇護した大掾氏の影響下に置かれたこともあり寺も隆盛を極めたが、氏の没落とともに常源寺は廃寺に。後に寺に入った宥円(ゆうえん)上人によって文殊院が中興開山された。扁額鐘楼阿弥陀如来坐像御朱印庫裡にていただきました...
  • ご利益散歩かめさんのプロフィール