松尾山

松尾山についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [松尾山] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

松尾山を含むブログ記事

司法書士法人さくら事務所さん
  • 関ヶ原戦、笑われてしまう塩ジーの仮説『島津の退き口パート3』。12月20日〜24日のお願いです。
  • す。9月14日に小早川秀秋の不審な行動を悟った石田治部殿は(それ以前から疑っていたでしょうが)、覚悟を決め、大垣から佐和山への撤退を敢行しようとしたのではないかなと塩ジーは考えておりました。もともと、松尾山新城の改築など、毛利輝元殿の美濃への出陣を前提に家康公との長期戦を考慮していた治部殿。関ケ原、松尾山、山中城周辺を最終防衛ラインとして古来の合戦を参考にしながら対策を練っていたのでしょうが、南宮山の毛...
  • スターウォーズ計画!?愉快な司法書士ブログ!司法書士法人さくら事務所さんのプロフィール
pipikamaさん
  • 関ヶ原?  駅から歩いて石田三成陣跡へ
  • 甲冑レンタルもあるそうで島左近陣跡に着くと凛々しい後ろ姿「三成陣跡はここから5分、関ヶ原で1番景色が良いので是非」との張り紙矢来に守られながらしばし休憩120段ほどの階段を上がる狼煙もよく見えただろう松尾山も・・・陣跡は穏やかな空気が流れていた 9月でも日焼けしたほど暑かった関ヶ原 ここまで見学休憩含めて2時間半9月24日(日)には陣跡制覇のウォーキングがあるそうですhttp://www.kanko-s...
  • 行ったところ☆食べたもの♪pipikamaさんのプロフィール
アオヒゲさん
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 鞍馬寺(義経祭) 9月15日
  • る。」(日本の国宝13鞍馬寺他)また一説に、天武天皇が大友皇子と合戦した壬申の乱の折、天皇がここに逃れて御馬の鞍を下ろさずに繋いだので鞍馬とも伝えられる。鞍馬山義経堂鞍馬山奥の院魔王殿寺の由来正しくは松尾山金剛寿院と号し、鞍馬弘教の大本山である。縁起によれば、奈良時代、鑑真とともに来日した鑑禎(がんてい)が、宝亀元年(七七〇)正月四日初寅の夜、霊夢によってこの地に来り、毘沙門を感得して草庵を結んだのが、...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
Scenewayさん
  • 《奈良帰省日記2017? - 2 》  とあるバスで・・ 矢田丘陵散歩
  • 《奈良帰省日記2017? - 2 》 矢田丘陵散歩 (2017.9.8)天気に誘われていつもの散歩。矢田寺、そして矢田山から松尾山の山頂へ、松尾寺から下山というコース。まずは母の遺骨を分骨した矢田寺に寄ってろうそくと線香を。来年は1周忌に。あと矢田山四国のミニ霊場を通って近畿自然歩道に入り国見台展望台へ。さらに松尾山山頂の三角点...
  • 中国夢時間 香港から深圳そして中山へScenewayさんのプロフィール
A-BOUTさん
  • 随時更新 最高に面白くてお勧めなやる夫シリーズ紹介 27選
  • ーズすると家が建つというチートキャラですがなんか好きです。新・やる夫の関が原戦線異常アリあらすじは 慶長5(1600)年9月15日、午前。関ヶ原で、今まさに天下分け目の戦いが繰り広げられているその時、松尾山で一人の青年が固まっていた。その名は小早川秀秋……かつての名を豊臣秀俊。かの太閤・豊臣秀吉の後継者候補にして、戦国時代有数の智将・小早川隆景の跡を継いだ者。そして後世「日本一の裏切り者」と称される男で...
  • 稲葉山城のなんでもブログA-BOUTさんのプロフィール
Felice音楽教室さん
  • ?【礼で始まり礼で終わる】しっかりご挨拶もできるFeliceの宝物たち!!!?
  • が理想としていたチームワークって、私も大切にしたいです映画が終わってペチャクチャ解説をしてもらっていたら丁度帰りの車の中では27時間テレビの歴史物をしていてなんか歴史な1日でした次は、関ヶ原に行って、松尾山に登りたいですポカポカ陽気の中、新しい幸せが舞い込んでくるそんな1日になりますように本日も朝早くからブログをお読みいただき、本当に本当にありがとうございます"Felice音楽教室〜幸せ・幸福・感謝〜"...
  • 現役!学校の先生によるピアノ教室Felice音楽教室さんのプロフィール
むつごろう1さん
  • 立花山系4座(白岳・松尾山・立花山:三日月山)縦走
  • 9月8日と言っても、まだ残暑厳しい中、福岡市東区、新宮町、久山町の境界にある立花山系4座【白岳(315m)・松尾山(342m)・立花山(367m):三日月山(272m)】の縦走をした。1座目の白岳(315m)登山口を9:55にスタートし、2座の松尾山(342m)に10:45登頂、4座の中では最高峰の3座目の立花山...
  • 日々是好日むつごろう1さんのプロフィール
タイガース非公式サイトさん
  • Vol.09大谷吉継と運命を共にした者、裏切った者
  • おことわり:当時の記述について年月日はすべて旧暦で記載していますのでご注意ください。脇坂安治陣地(松尾山麓) 前回Vol.8では大谷吉継について書きました。今回は関ケ原での吉継をめぐる人たちについて記述します。小早川秀秋についてはVol.2で紹介してありますので、そちらを参照ください。 脇坂安治は、元々...
  • タイガース非公式サイトタイガース非公式サイトさんのプロフィール
noriko8532さん
  • 関ヶ原合戦史跡めぐり ?
  • は、午前8時の開戦後なかなか戦況が把握できずに苛立っていたけど、その後午前11時にこの地に移動しています。先に関ケ原に入って東軍を待ち構えた西軍の布陣は万全で、善戦する西軍に更に苛立つ家康は、動かない松尾山の小早川秀秋を威嚇射撃。正午過ぎに小早川隊は山を下りて西軍大谷吉継隊を攻撃し、午後2時には東軍の勝利が決まりました。 首実検とは 討取った敵の首を、本物かどうか大将自ら検査したこと。この記事に>Yah...
  • のんちゃんのブログnoriko8532さんのプロフィール

松尾山を含むトラコミュ

小早川秀秋
  • 小早川秀秋
  • 1582年〈天正10〉生1602年〈慶長7〉没1582:豊臣秀吉の正室ねね(北の政所)の甥に生まれて秀吉の養子1592:丹羽国亀山城10万石を与えられる1593:(文禄2)秀吉に実子、秀...
  • トラックバック数:9 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ

松尾山を含むブログ村メンバー

  •  
松尾山さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

松尾山について