如来像

如来像についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [如来像] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

如来像を含むブログ記事

店長さん
  • 興福寺中金堂と奈良公園の紅葉情報
  • は、およそ1300年前の西暦714年(和銅7年)に完成した後、7度の火災に遭い、1717年の大火の後、仮堂にとどまっていたのを、300年ぶりの復興となったのです。 伽藍の中には、こちらも修復された釈迦如来像が中央におられますが、堂内は写真撮影不可なので、写真はありません。 赤い伽藍の柱の間から見る五重塔も新しい感覚です。 拝観には大人500円中高生300円 子供100円の拝観料が必要です。 ?興...
  • 東大阪の永和駅から徒歩8分のヘアーサロン オーパス21店長さんのプロフィール
♪LUNCHEON MAT♪さん
  • 11/13京都紅葉巡り
  • されてて、庭に座って見える中庭が大変綺麗やった高台にある多宝塔から見える京都市街友人と休憩しなが、エッサホイサと頑張って登りましたとも下から見上げる多宝塔撮影禁止だったから画像はないけど、本尊の阿弥陀如来像は後ろを振り返った珍しい姿で、ある日栄観律師の前に阿弥陀如来が現れ、彼を導き、永観が立ち止まったところ「永観遅し」と言って、振り返ったいう伝説があるそうですとってもふくよかなお姿をした美しいお顔の如来...
  • ♪LUNCHEON MAT♪♪LUNCHEON MAT♪さんのプロフィール
アスカ マコトさん
  • 宝珠山立石寺(山寺) ?奥の院
  • く事です。一字三礼は一文字書く毎に、三度礼拝する事です。明治五年(1872)に再建されました。 大佛殿です。宗派 天台宗ご本尊 阿弥陀如来 由緒創建年等詳細は不明です。座高五メートルの金色・阿弥陀如来像を安置し、毎日卒塔婆供養が行われています。 大仏殿と奥の院の手前にある金龍灯です。...
  • 神社仏閣に癒しの音が響くアスカ マコトさんのプロフィール
尼津彦さん
  • 磐船神社(交野市)
  • 離れます。 拝殿の右側に遥拝所ぽいとこがあるんですが、あまり知られてないのでしょうか。 最初わからなかったのですが、何を遥拝しているのか気になったので、じっくり観察してみました。 ありました。 四体の如来像のようなものが彫られてました。僕も初めてここに来た時そうでしたが、この神社に訪れる人は皆さん磐船か岩窟巡りが目当てで、この摩崖仏を見ずに帰ってしまう方が多いようです。帰ってから調べたらもう一体あったよ...
  • 神社ぢからと寺ごころ尼津彦さんのプロフィール
kurouさん
  • 常盤御前と三人の子を助けた観音様と薬師様〜源義経伝説〜
  • 三人の子を落ち延びさせるのか・・・悩んだ末、清盛の下へ自首することを決めた常盤は、1160年(永暦元年)2月、雪の降る中を都へと戻って行きます。寶樹寺(京都市東山区本町)寶樹寺は、常盤御前ゆかりの薬師如来像を安置する寺。伝説によると・・・都へ戻ってきた常盤御前と3人の子は、一ノ橋にさしかかったところで、雪を避けるため松の木の下で休息をとったそうです。そして、再び歩き出そうとすると・・・守り本尊としていた...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 鞍山製鉄所の設立
  • コメント別宮孝司/堺と博多Zinc/堺と博多別宮孝司/1897(明治30)年 〈金本位制の確立〉★★Zinc/1897(明治30)年 〈金本位制の確立〉★★shimanuki/定朝、平等院鳳凰堂阿弥陀如来像を製作バックナンバー2018年11月2018年10月2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月2018年03月2018年02月2018年01月20...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
CAMMIYAさん
  • “幻想の行徳”を楽しもう♪…1夕限りでライトアップされた寺町と、旧街道。。。行徳回遊展2018秋
  • の六地蔵の石柱が建てられている。これは、山門が鬼門にあたっているため、正面に六地蔵を建てて厄除けにしてある。(千葉県市川市本行徳8-5/本ブログ管理者2018.11.10撮影)↑「三界萬霊」塔に薬師寺如来像が建ち、山号が塩場山というように、この辺は塩造りに関連した土地であり、かつて塩釜明神が祀られてあったそうだ。。。(千葉県市川市本行徳8-5/本ブログ管理者2018.11.10撮影)↑本久寺詳細な説明に...
  • 警「美」報 告 書 ☆彡CAMMIYAさんのプロフィール
越前さん
  • 『昔の人は偉かった』第十六章 日本 修行場めぐり 25日目・26日目まとめ
  • ロ、泉涌寺塔頭寺院の一つ、戒光寺に到着。1228年に創建されたお寺で、前回、修行場めぐり24日目のロケで会ったばかりの渡邊さんが、平素ご住職を務めている。  ご住職に案内され、本堂で御本尊・『丈六釈迦如来像』を拝観する。『丈六さん』の愛称で親しまれる鎌倉時代の作は、高さ1丈8尺(約5.4メートル)と圧倒的スケール。丈六は1丈6尺で、釈迦如来は身長1丈6尺あったとされる。「チェ・ホンマンより大きいですね。...
  • 盛りあがってまいりました・・・姫路。越前さんのプロフィール
和辻鉄丈さん
  • 深大寺(東京都調布市)
  • たが本尊で拝受。御朱印帳をお香で清めてから渡して頂いたのは初めての経験でした。山門付近から見た常香楼と本堂   常香楼も慶応の大火から逃れた1833年の建立。深大寺本堂   大正時代の再建で宝冠阿弥陀如来像が御本尊。右にあるのはムクロジ(無患子)で湧水の地に生える。果汁は石鹸の代用に、実は追羽根の玉になる。実は非常に堅く、鬼にぶつければ退散すると言われる。境内にある「なんじゃもんじゃの木」別名「ひとつば...
  • 和辻鉄丈の個人巡礼(御朱印・風景印)和辻鉄丈さんのプロフィール
hathuさん
  • 豊後路ぶらり−臼杵の石仏
  • 2018年11月13日 |旅行臼杵の石仏を訪れるのは三度目であり前回訪れて何年ぶりであろうか。ホキ石仏第二群は工事中のため見ることが出来なかった。最初に訪れた昭和55年(1980)当時は古薗石仏の大日如来像の頭部は下に落ちた状態であった。観覧途中に石造五輪塔の表示があったので徘徊癖が疼き出し観覧コースから外れて五輪塔に向かった。看板表示によると大きい五輪塔は嘉応2年(1170)、小さい五輪塔は承安2年(...
  • 『はつかいち』ぶらりhathuさんのプロフィール

如来像を含むトラコミュ

真壁
  • 真壁
  • 茨城県県西部に位置し、農業と石材業が盛んな町である。町中心部は、歴史ある建物の町並みで、各家や商店などでは伝統的な雛祭が行われることで知られる。町南部にある筑波...
  • トラックバック数:29 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ
牛久大仏
  • 牛久大仏
  • ギネスブックも公認する世界一の高さ120mの大仏。正式名称は牛久阿弥陀大佛。真宗大谷派から分離独立し1988年に結成された、浄土真宗東本願寺派の霊園に面して造られている...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

如来像について