儒学者

儒学者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [儒学者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

儒学者を含むブログ記事

湧水田のたにしさん
  • 背後に迫る仇の剣の気配に、奈々は……葉室麟・蛍草
  • 々に言い息を引き取った。 胸に強い思いを秘め、密かに剣術の稽古を積む菜々。 そんな奈々には奇妙で頼もしい応援団が付いた。剣術指南の〈だんご兵衛〉こと、壇浦五兵衛。 質屋で金貸しの〈おほね〉こと、お舟 儒学者の〈死神先生〉こと、椎上節斎先生、 湧田の権蔵親分〈駱駝の親分〉。「後のことは頼みます」と言って逝った佐知夫人。 奈々は市之進への思慕を秘めて「風早家」再建に、 日々奔走するのだった。ついに強敵、平九...
  • たにしのアブク 風綴り湧水田のたにしさんのプロフィール
カツQさん
  • 鎌倉・妙本寺で比企一族の悲話を思う(散策):日蓮上人辻説法跡/琴弾橋
  • な埋もれた歴史を散策しながら紐解くのは「東京散歩」と似たところがあります。(比企氏と日蓮聖人との関係)この悲惨な戦いから半世紀、奇跡的に生き残った比企氏の遺児である比企能本(ひき よしもと)は、京都で儒学者となり鎌倉の「比企ガ谷」の旧地に戻ってきました。この鎌倉で、当時布教活動をしていた日蓮に出会い帰依しました。そして、この「比企ガ谷」に法華堂を創建し、のちの妙本寺の前身となりました。(祖師堂)天保9年...
  • 「踏ん張り投資」と「東京散歩」カツQさんのプロフィール
ユーモンさん
  • ミスターサンシャイン第13話(4) 憂国の志士
  • 班は困るんだ。 こんな少々の文章で邪魔されてなるものか!」「いかがいたしますか?」「決まっているだろう。 誰にも配達せずに焼いてしまえ!」1週間のランキング@“にほんブログ村”# 士大夫(サデブ)とは儒学者であり政府高官(官僚)のこと。コ・サホンは全国の若い儒学者たち(弟子たち)に書面を発出しようとしました。しかし、イ・ワンイクは手の内の郵便局長から文面を手に入れました。Mr.Sunshine [FMV...
  • KJ SKY Highユーモンさんのプロフィール
北の夢追人さん
  • 【株主優待】6,000円相当だもの効かないはずはないと信じて
  • 磯田 道史 907円(税込)【内容情報】(「BOOK」データベースより)西郷隆盛の性格は、書状からみえる。豊臣秀頼の父親は本当に秀吉なのか。著者が原本を発見した龍馬の手紙の中身とは。司馬遼太郎と伝説の儒学者には奇縁があったー日本史にはたくさんの謎が潜んでいる。著者は全国各地で古文書を発見・解説し、真相へと分け入ってゆく。歴史の「本当の姿」は、古文書の中からしかみえてこない。小説や教科書ではわからない、日...
  • 毎日がプラスマイナス北の夢追人さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180913-1
  • ちょう)だけでなく、国元の ... 私財投じ臼杵に図書館建設 三菱の“大番頭”荘田平五郎 歴史資料館で企画展西日本新聞仲立ちをしたのは諭吉の中津での先生であり、当時臼杵藩に迎えられていた白石照山という儒学者だった。藩が買い取った蔵書は現在、100冊余りが確認されて ... 岩倉具視ら明治の実力者の書簡60点 最後の三池藩主に送る 歴史資料館が発見、10月公開西日本新聞大牟田市立三池カルタ・歴史資料館は1...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
Sazabyさん
  • 信玄堤をたどるみち その四
  • 竜王駅への復路山縣神社甲府だけに山縣といえば昌景なのかと思ったけど大弐だと誰だよ(18世紀の儒学者らしい 一応昌景の子孫だと)竜王町立民族資料館竜王駅へ戻って終了...
  • Light RiverSazabyさんのプロフィール
ザックさん
  • 32448-5 島根県美郷町
  • 月27日(月)【歴史】美郷町の東端にある九日市地区は、1項の粕渕と同じく、銀山街道の宿場町(九日市宿)だった。九日市宿は、大森を出て最初の宿泊地になることが多く、本陣、脇本陣を備えていた。本陣からは、儒学者の佐和華谷が出ている。そのため、本陣跡には佐和の生誕地の石碑が立てられている。九日市には、複数の古い名木がある。前川桜(上写真)と、円立寺のスダジイ(下写真)がそれである。...
  • 休日、旅日和ザックさんのプロフィール
ミスターkさん
  • 学問とはなにか? 
  • くことに一生懸命になるのならば、傲慢になったり、悪事をごまかすためになったりする恐れがある。 上記は、 ハイブロー武蔵著 「言志四録 佐藤一斉の教え」という本の抜粋である。 佐藤一斉とは、江戸末期に儒学者として、佐久間象山(吉田松陰の師)や、横井小楠(勝海舟が恐ろしいと称した2人のうちの1人)の師として、88歳まで活躍した人物だ。 その佐藤一斉が書いた言志四録に西郷隆盛は影響をうけ、 自ら101条を書...
  • 親のためのスパルタ中学受験講座ミスターkさんのプロフィール
タヌ子さん
  • 2018年春の南仏旅行−CABRESPINEの巨大洞窟
  • 狭い洞窟が広がっているが、こちらは一般観光客は見学できない。自然は最大の芸術家。タヌ子が一番好きな線香花火のような鍾乳石。影絵のような石筍。人によっては馬に見えたりするらしいが、タヌ子には中国の老いた儒学者に見える。一般観光客が入れない洞窟ではこんな素晴らしい空間を体験できるらしい。入ってみたいなぁ。この洞窟は年間通して15℃という環境から、地元産ワインの貯蔵庫としても利用されている。ただ湿度が高すぎる...
  • 異邦人の食卓タヌ子さんのプロフィール
NPO生きる意味研究所 倉部久義さん
  • メルマガ人生学校便り1471 本日の授業 『寛大』
  • き方…という実践が道徳の本質とされてきました。そのために、修身書では、素晴らしい人たちの生きざまが紹介されています。 その修身書では、「寛大」というテーマで、江戸時代の初期に活躍した、本草学者であり、儒学者として多くの書物を書いた 貝原益軒(かいばたえきけん)のことが書かれています。 【寛大】度量が大きく、思いやりがあり、むやみに人を責めないこと。 第四期 尋常小学校修身書 巻四より寛大になる――貝原...
  • NPO生きる意味研究所「人生の成功者を目指して」NPO生きる意味研究所 倉部久義さんのプロフィール

儒学者を含むトラコミュ

頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

儒学者を含むブログ村メンバー

  •  
Hie0326さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

儒学者について