個別化

個別化についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [個別化] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

個別化を含むブログ記事

じゅくせんのつぶやきさん
  • 先生のタイムカード
  • だろうか。習熟度別の編成もあるようだが、「学年制」を前提にしている限り限界がありそうだ。☆ 児童・生徒への個別対応への期待の高まり(かつてのような一斉教授では済ませられない)、親の価値観の多様化など、個別化のニーズは塾業界の趨勢を見ても明らかだ。いっそ「塾化」するのも一策だが、そうなると「学校」とは何だろうか。☆ 改善策は大きく2つしかないと私は思う。1つ目は、財政的に支援し人材を増やすことだ。消費税の...
  • じゅくせんのつぶやきじゅくせんのつぶやきさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 古墳時代の国家形成
  • 覚の問題は、資格の変更や視点の欠落を補うことで、従来の研究を拡幅・進化させうる可能性がある以上、クリアしておく必要がある。とくに、受領者サイドにおける器物への意味付けや保有を通じた威信の生成といった、個別化志向に関わる分析視覚は、総合化志向に特化した日本考古学の威信財論では看過されがちであるが、これらは考古学的なアプローチが可能であり、威信財論のみならず物と人間集団との多様な関係のあり方に迫りうる点で、...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
イエローさん
  • 新薬誕生への道
  • 告されたりもした。 EGFRというたんぱく質が肺がん細胞の表面にあるのだがイレッサが効くのは そのたんぱく質の遺伝子が変異した人だった。 使用開始から2年 ようやくアタックポイントがわかり それ以降 個別化医療(患者の遺伝子変異に合った薬を使用)への道が開けた。 イレッサの登場と前後して国内外では新薬の開発が加速。希少がんでもがん種を超えて同じ薬が使えるならこれまで開発に消極的だった製薬会社もこれからは...
  • けっこう毛だらけ 肺がんだらけイエローさんのプロフィール
季節来遊人さん
  • ヤマト王権の始まりの国 (第三稿全文1)
  • 音も変わりうる。狗奴国をコナコクなどの読み方をして、国名として意味があるどうかを推理してみてもよいだろう。「奴」の付いた国はたくさんある。奴国というのがあり、奴国に字が冠せられた国が多くある。「狗」は個別化のための意味ある言葉であると思われる。他方、奴はそれらの国に何らかの共通する意味があると考えるべきだろう。同じ字を使うのは、固有の名詞ではなく国と国の関係性を言い表した国名であることを推定させる。? ...
  • 日日雑学時時雑想季節来遊人さんのプロフィール
点取屋タカハシさん
  • 新しい公立高校入試制度について
  • 特別選抜での話ですけどね。あと、普通科だと主要3科目を傾斜配点してるところもありますね。ただ、私、この特色選抜。実はあまり旨味が感じられません。理由は?早い時期に片付かないので受けるメリットが少ない?個別化対応を要求され、かつ序盤は過去問もないので対策が取りにくい?共通選抜の方が対策しやすいので、特色選抜を敬遠する公算が高いかなって、思います。なもんで、共通選抜の倍率が特に初年度や二年目と言った序盤は上...
  • 学習塾宮城県仙台市プロ家庭教師点取屋タカハシブログ点取屋タカハシさんのプロフィール
本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさん
本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさん
宇都宮隆法さん
  • 現代民俗学のフィールド
  • ら見ることは世間とは何かを明らかにすることとも繋がり、さらには現代民俗学とは何かについて考察する際にも有用なものとなるだろう。第二部 受け継ぐ沖縄本島中南部の士族系門柱のグループの調査によって、墓参の個別化の信仰を確認した。氏族会は会員全体で一人の始祖を共有する全国規模の親族集団であり、先祖中心的な統合原理が作用する一面を持つ。しかし、縁故地ごとの先祖同士には系譜関係が認識されず、家相互の本末の系譜関係...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
jane-austinさん
  • 市民公開講座「根治を目指す最新がん治療法」
  • てもゲノム医療に行きつくことはすごく可能性低いような・・・ 前に「臨床腫瘍学会」のことをまとめてくださったブログでも書かれていたが問題は山積みで議論するべきこともたくさんあるでも本当にがんゲノムによる個別化医療は手の届くところまできているのだなと実感したお話しだった 2講座目は全く知らなかった膀胱がんの治療方法と診断が実際の手術動画もありとても興味深いものだった何よりも再発予防にBCGを使うなんてびっく...
  • 50代 残り少ない人生 どうやって生きる?jane-austinさんのプロフィール
夜ルコトさん
  • ひとつひとつのロゴス
  • らないだろう。 記事のタイトルは、良く知られた聖書の一節から。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの言葉による」ここでは言葉をロゴス=意味と訳した。大切なのは、その人独自の人生の個別化された経験を通して、心の内から涌き起こってくる個性化された意味、この世界に対する情熱(パッション)である。 ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。 JUGEMテーマ...
  • 夜ルコト 営業日誌夜ルコトさんのプロフィール

個別化を含むブログ村メンバー

  •  
misさん
けんけんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

個別化について