吉田一将

吉田一将についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [吉田一将] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

吉田一将を含むブログ記事

タグ・ジェニングスさん
  • 2018シーズン前半戦 パ・リーグ個人投手成績をチェック
  • みにここまでのパ・リーグのトータルのインプレー被打率は.284で、これより高い投手は不運、低い投手は幸運と言えます。オリックスの3人は運にも助けられているという数字が出ました。ちなみに6位も.224の吉田一将です。ということは、盤石と思われたオリックスのブルペン、実はこの数字からは下がり目が見えてるわけです。良かった運が普通になったら、当然成績は下がります。ただ、彼らの場合はその他の数字も悪くないですから...
  • 野球の話タグ・ジェニングスさんのプロフィール
オリ・ヴィクトリーさん
  • 〜オリックス・杉本、満塁弾でチームを救う! の巻〜
  • 六回に放った後藤のタイムリーもチームを助けました。オリックスファンの先輩曰く、「藤井が期待している選手として名を挙げていたのが後藤」。その言葉を思い出しました。リベンジ辛抱強く金子が投げ、七回途中から吉田一将、八回に山本。昨日点を許した両投手に、早々にリベンジの機会を与えたベンチワークはお見事。そしてそのベンチの期待に応えた両投手もお見事。負の感情を一掃し、前半戦を終えました。鉄壁のリリーフ陣が崩れての昨...
  • 祈優勝!オリックスバファローズオリ・ヴィクトリーさんのプロフィール
オリ・ヴィクトリーさん
  • 〜オリックス、ここにきての3連敗 の巻〜
  • えます。球数は97球。ストレートの四球を代えどきとみるか、それを偶々と取り、次打者へのゲッツーを評価するか。弱気な福良は、前者を取りました。いやな予感?アルバースに手も足も出なかった楽天打線。二番手の吉田一将に襲い掛かり、反撃開始。一点差に迫ります。勝負事は、突き詰めれば、いかに相手が嫌がることを(ルール内で)するか。これに尽きます(そして福良はこれが最もできない)。この交代を、楽天が吉と捉えたのは間違い...
  • 祈優勝!オリックスバファローズオリ・ヴィクトリーさんのプロフィール
おかぴーさん
  • ☆オリックス・バファローズ選手ビジョン2018?☆
  • オリックス・バファローズのホームゲームではビジョンに登板している投手や打席に立っている選手のヘッドショットが表示されています。今回は2018シーズンのヘッドショットを載せていきます。山?福也投手吉田一将投手金子千尋投手西勇輝投手K−鈴木投手ブランドン・ディクソン投手小林慶祐投手澤田圭佑投手金田和之投手榊原翼投手大山暁史投手伊藤光捕手伏見寅威捕手西村凌捕手若月健矢捕手山崎勝己捕手にほんブログ村...
  • ☆おかぴー☆公式ブログ 『☆天体観測☆』おかぴーさんのプロフィール
オリ・ヴィクトリーさん
  • 〜オリックス・吉田正尚、決められず の巻〜
  • 週連続。さらにいえば、阪神戦以降10試合で5回目の延長戦。半数が延長とは、ちょっと異常な数字です。その原因は、貧打と投手陣の踏ん張り。特にリリーフ陣の働きには、称賛以外のことばはなく。今日も七回以降、吉田一将、山本、増井、近藤、澤田、比嘉が無失点リレー。相手チームに助けられた面もあったとはいえ、0で抑えられたのはやっぱり投手陣に力があるから。その証拠に、吉田以下、誰一人ヒットも許さず。初回無死二三塁それに...
  • 祈優勝!オリックスバファローズオリ・ヴィクトリーさんのプロフィール
鴎速さん
  • ここまで年間70試合登板ペースの投手一覧
  • 07/02(月)10:56:29 ID:Dly 近藤一樹(ヤクルト・34歳)71試合中35試合登板、年間70試合登板ペース加治屋蓮(ソフトバンク・26歳)71試合中37試合登板、年間74試合登板ペース吉田一将(オリックス・28歳)74試合中37試合登板、年間71試合登板ペース内竜也(ロッテ・32歳)71試合中35試合登板、年間70試合登板ペース思ったより酷使されてる人少なくてワイ安堵 続きを読む...
  • 鴎速@なんじぇいならアタリマエ鴎速さんのプロフィール
オリ・ヴィクトリーさん
  • 〜オリックス・山本由伸、衝撃のオールスター出場 の巻〜
  • な数字を残していた山本を4月中旬に中継ぎ転向させた大英断が、チームをこの位置に留まらせている最大の要因。将来的には先発という声はもちろんあれど、この転向を批判する声はさすがに消えました。黒木、近藤から吉田一将、山本由伸へ。切り替えがうまくいった一例でしょう。そして最後に増井が控える。2014年を思わすリリーフ陣の充実ぶり。麒麟児の衝撃「最高のパフォーマンスを見せて“衝撃”を与えられるように全力でがんばりま...
  • 祈優勝!オリックスバファローズオリ・ヴィクトリーさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

吉田一将について