腫瘍細胞

腫瘍細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [腫瘍細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

腫瘍細胞を含むブログ記事

正輝 知(まさてる とも)さん
  • 女性の男性化とは・・・
  • アンドロゲン過剰女性では、アンドロゲンは、副腎と卵巣で産生されていて、アナボリックステロイドホルモン(タンパク質同化ステロイドホルモン)として作用するほか、抗エストロゲンとして作用しています。しかし、腫瘍細胞や多卵胞などの原因により、高アンドロゲン状態になると、身体的な男性化が引き起こされ、様々な症状が現れてきます。その多くは、体毛の男性型化や多毛から症状が始まり、にきび、皮脂腺の分泌増加、陰核肥大、声音...
  • 健康豆知識正輝 知(まさてる とも)さんのプロフィール
キノシタさん
  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』
  • 線の特徴も詳細に書かれていますが、膵臓がん患者にとっては、膵癌の腫瘍内部は低酸素状態になっているために、通常の放射線では効果が限定的です。しかし、重粒子線は拡大ブラッグピークという現象もあって、膵癌の腫瘍細胞を効果的に死滅されることができるのです。たくさんの患者さんたちのインタビューは、実際の治療を受けた患者ならではの感想、実態が分かるに違いありません。『すい臓がんカフェ』でも講演された林さんのインタビュ...
  • 膵臓がんサバイバーへの挑戦キノシタさんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • ラットの紅い涙
  • このポルフィリンはhematoporphyrinという誘導体で光と反応して赤色を発する特性があります。hematoporphyrin誘導体は現在、腫瘍に対する光線力学療法に用いられてます。この誘導体は腫瘍細胞によく吸収される性質があり、光を当てることで活性化して腫瘍細胞を殺傷する効果が認められてます。ポッケちゃんに次いで同じく赤い涙で来院されたおこめちゃん(雌、10か月)です。黄色丸の箇所は同じく赤い涙の...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール
えらーぶるさん
  • 術後化学療法
  • 画像一覧抜け毛? »術後化学療法2017-05-24 18:02:03NEW !テーマ:ブログ術後化学療法。肺への転移を抑えるために必要らしいです。使う薬で悩んでいます。病理の結果で90%腫瘍細胞が死滅していれば今までどおりになります。でも私の場合は30〜40%。この場合、研究中のため、イホマイドを追加するかどうか、ランダムに決まります。まだどの薬が効果的か分からないということ。イホマイドは副...
  • えらーぶるのブログ 骨肉腫系JKのぼやきえらーぶるさんのプロフィール
gan1980さん
  • リツキシマブ(リツキサン)とは?効果・副作用は?
  • 、「腫瘍崩壊症候群」という薬によって腫瘍が急激に小さくなることで発生する副作用にも注意が必要です。「腫瘍崩壊症候群」は低カルシウム血症や腎不全、高カリウム血症等が代表的となっており、特に血液中に大量の腫瘍細胞が存在していた患者に高確率で発生しますので注意しましょう。さらに、リツキシマブの投与後に、肝炎ウイルスに感染している患者の場合では、その肝炎の症状が悪化したという事例も報告されています。以前に肝炎等を...
  • 癌治療.jpgan1980さんのプロフィール
tabibito12さん
  • ジカウイルスは小児科産科の敵、脳外科の友となり得るか(ケンブリッジ大)
  • ジカウイルスは小児科産科の敵、脳外科の友となり得るか(ケンブリッジ大)2017-05-23 09:38:28 |ジカ熱ジカウイルスを使えば脳腫瘍細胞の増殖を抑えて治療に結び付けられるかもしれない・・というアイデアが英ケンブリッジ大で研究中。ジカウイルスは、胎児〜乳幼児の脳組織において、幹細胞の成長を抑えて脳の発達を阻害、小頭症などの先天性異常を起...
  • 新型インフルエンザウォッチング日記〜渡航医学ブログtabibito12さんのプロフィール
gan1980さん
  • ヒメマツタケ多糖体顆粒「ABPS」の口コミ・評判は?
  • クスを摂取させたところ、免疫細胞の1つであるNK細胞が活性化され、抗がん剤の副作用(食欲不振、脱毛、全身脱力感など) が軽減されました。以上の研究結果により癌に対して有用との発表がされています。また、腫瘍細胞を移植したマウスに、アガリクス抽出液を投与した後、腫瘍の発育を抑制していることがわかったり、各種公共機関でアガリクスの抗がん効果が発表され続けているのです。唯一科学的根拠があるのはヒメマツタケだけ。今...
  • 癌治療.jpgan1980さんのプロフィール
日本たんぽぽ農園さん
  • 「乳がん」の抗腫瘍作用する「野菜たんぽぽ食品」
  • ん22:野菜たんぽぽの成分ルティンが乳がんの予防に作用します。:タンポポの葉っぱにはルティン成分が多く含まれています。:ルティンの研究と乳がん・ルティン及びレチノイ酸は正常細胞をそのままに、MCF-7腫瘍細胞を減らすことが分かりました。・また、ルテインは形質転換細胞及び腫瘍細胞の治療薬への反応を高める作用があることもわかり、ルテインが乳腺上皮腫瘍細胞に対して抗腫瘍作用を持つ可能性が示されています。:日本た...
  • 国産タンポポで作る”タンポポコ−ヒ−”蒲公英香緋)日本たんぽぽ農園さんのプロフィール
greenthub232さん
  • ガンの予防再発に絶大な効果がある、ナッツ類、トマトのエキス!・・・
  • 種Corvarino tomato :コルバリーノ種 チェリートマト種の一種 トマトエキスは!〜、? がん細胞の転移を阻害!〜、? 網膜芽細胞腫のタンパク質や細胞周期の特別な抑制剤にも作用!・・・? 腫瘍細胞の細胞周期停止および※アポトーシスを生じた事がみられた!・・・※アポトーシス!〜、癌細胞に依ってプログラムされた死を回避する。参考文献!〜、■ 【ナッツ類に隠された脅威の大腸ガン再発予防効果】: ht...
  • 不死鳥!蘇る日本、未来に向けて自虐からの脱出greenthub232さんのプロフィール
免疫大魔王さん
  • ビフィズス菌【HN019株】は免疫システムの強化を強化して病気リスクを低減します!
  • もらったところ、※NK(ナチュラルキラー)細胞の活性が2倍になるということが分かっています。※NK(ナチュラルキラー)細胞NK細胞とは、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞(ガン細胞)やウィルス感染細胞から体を守るという特性が強く、T細胞とは違い、事前に感作させておく必要がないことから、生まれつき(natural)の細胞生涯性細胞(killer cell)という意味で名...
  • 免疫大魔王の菌活ブログ免疫大魔王さんのプロフィール

腫瘍細胞を含むブログ村メンバー

  •  
アケビさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

腫瘍細胞について