腫瘍細胞

腫瘍細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [腫瘍細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

腫瘍細胞を含むブログ記事

kamishokuさん
  • 柿に含まれる栄養成分とは?その効能と注意したい副作用って?
  • てくれます。また、ビタミンCには腸内環境を改善、抗酸化作用によって免疫が下がるのを抑えてくれます。【2】抗ガン作用もカロテノイドの一種β-クリプトキサンチンにはインターフェロン(ウイルス感染した細胞や腫瘍細胞の増殖を防ぐ特殊なたんぱく質)の生成促進効果が見込まれ、免疫力を向上してくれます。ビタミンCと同時に摂ることでその相乗効果も見込まれ、抗がん作用に対しても注目、期待も大きくなっています。また、β-クリ...
  • 教えて!神様の食材kamishokuさんのプロフィール
クララさん
  • リンパと整体|伊勢崎の田端整体院
  • ると組織液となり、リンパ管に回収されるとリンパ液となるのです。つまりリンパの働きとは、血管からしみ出した血漿を心臓に戻してあげることなのです。しかしリンパ管が血漿を回収するときに、一緒に老廃物や細菌、腫瘍細胞なども入ってきます。これを最終的に心臓に送らないためにも、ろ過するフィルターを役目をしているのがリンパ節で、身体の要所要所に配置されているのです。血管や血液とは異なり、リンパ管やリンパ節は無色透明、流...
  • 群馬県伊勢崎市で整体やってます の ブログクララさんのプロフィール
gan1980さん
  • ブロリコの効果・効能は?【癌に効く成分・サプリメント】
  • つとされています・・・凄いですね・・・今回はそんな免疫活性成分「ブロリコ」を紹介していきます。ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから免疫力の低下が疾病リスクを高めてしまうウイルスや細菌、体内の腫瘍細胞を撃退する、人間が自ら持っている力、それが「免疫力」です。しかし、この免疫力は加齢とともに低下していくとされます。なんと15〜20歳ごろが免疫力のピークとされ、60歳ではピークの20%以下になってしま...
  • 癌治療.jpgan1980さんのプロフィール
ashbluestonesさん
  • 【質問集】水晶を持ってはいけない時って?
  • だけ、水晶を持つ際に気を付けて頂きたいことがあるんですね。それは体の調子、具体的には、腫瘍系のご病気があるかないか、です。水晶は、細胞を活性化する働きがあると言われています。ですが、水晶には健常細胞と腫瘍細胞の見分けはつきませんので、腫瘍細胞も活性化させてしまう恐れも含みます。ご注意頂くのはこの一点です。なので、腫瘍切除後の回復期には、逆に ぜひ持ってくださいね〜と、そういうことになりますね。ご病気が大き...
  • 天然石アクセashbluestonesのいきあたりばったりashbluestonesさんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • 犬の脾血腫
  • た脾臓が無くなった分、すっきりした感があります。皮膚縫合が終了したところです。麻酔から覚醒したコロ君です。頑張りましたね。摘出した脾臓は病理検査に出しました。コロ君が入院中に脾血腫の診断が下りました。腫瘍細胞は見つからないとのことでホッとしました。1週間後の退院当日のコロ君です。術後の貧血や播種性血管内凝固不全症候群(DIC)もなく、コロ君は無事退院して頂きました。術後2週間が経過して抜糸のため、来院され...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール
まおまおさん
  • 【健康知識】二度のがんから生還した人の生還するための患者学
  • す。病院の決め方(悪性リンパ腫のような血液がんの場合)白血病や悪性リンパ腫のような血液のがんは化学療法(抗がん剤治療)がメイン。特定の部位だけにある腫瘍を外科手術で取り除くのではなく、全身に散らばった腫瘍細胞を抗がん剤で全体的にたたいていくという考え方です。このような場合、学会で標準とされる同じレジメン(抗がん剤の使用量やスケジュールなどの投与計画)を採用していれば、どこの病院で治療を受けても、基本的には...
  • 通勤時間の本は何にする?まおまおさんのプロフィール
バイオアソシエイツさん
  • リン酸化部位特異抗体はやや難しい
  • )モノクローナル抗体の特長についてモノクローナル抗体 の作成技術は、 Köhler と Milstein によって1975年に報告された画期的方法です。 抗体産生細胞 である Bリンパ球 を腫瘍細胞と融合させて 不死化 するこ…続きを読む(2015-8-3)抗ペプチド抗体についてたんぱく質に対する 抗体 を作るときは、免疫原としてそのたんぱく質が必要です。以前は、たんぱく質を精製・純化しましたが...
  • 抗体よもやま話バイオアソシエイツさんのプロフィール

腫瘍細胞を含むブログ村メンバー

  •  
アケビさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

腫瘍細胞について