パワートレイン

パワートレインについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [パワートレイン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

パワートレインを含むブログ記事

car-feelingさん
  • ホンダ 新型レジェンド(Legend)マイナーチェンジ 2018年 発売日は?【価格、内装は?】
  • 級感があります。インテリア(内装)についてインテリアについては大きな変更はありませんが、シートの形状や表皮の質感、新色を投入したカラーリングなど、さまざまな領域で一新されており洗練さが磨かれています。パワートレインについてパワートレインは、現行モデルに搭載されている3.5LのV型6気筒エンジンと3モーターを搭載(フロントに1基・リアに2基)した「スポーツハイブリッド SH-AWD」4WDハイブリッドシステムです...
  • 新型car-feelingcar-feelingさんのプロフィール
Guinness好きさん
  • 【クルマ】[新車]ランボルギーニのSUV発表
  • うです。 エンジンは4LV8ツインターボ。最大出力650hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2250〜4500rpmで、0-100km/h加速が3.6秒、最高速度は305km/h。 また、パワートレインだけでなく、Lv.2の運転支援システムを搭載とのこと。ハンドル操作と加速・減速など、複数の運転操作を車が支援してくれることになります。実はこの前日に、息子から「スポーツカーだけを作っているメーカーって...
  • 読書とクルマとGuinnessと私Guinness好きさんのプロフィール
えっちゃんさん
  • おもちゃ紹介。トミカワールド ブルブルガソリンスタンドENEOS
  • す。「ありがとうございました!」「タイヤ交換入ります!」「オイル交換おわりました!」「エンジン交換入ります!」えっ?いや、子供向けの玩具ではあるけど、ガソリンスタンドでエンジン交換って。〜脳内の声〜…パワートレインアッシーだったとしても時間かかるぜ?…っていうか交換するエンジンを在庫で持ってるってこと?…オイル交換くらいのテンションで言ってるけど、お客さん店内で待ってるのかな?〜脳内の声終わり〜こういう大人が聞...
  • ぼくシングルファザー。いろいろかいてみた。えっちゃんさんのプロフィール
aCaprio358さん
  • ポルシェの電気自動車
  • 転ほど嫌なものはありません。まあガソリンスタンドも一緒ですけど、最近のクルマはガソリン車でも燃費がよく600kmくらいは走りますからね。PHVならなおさら、ガソリンだけでも1300kmくらい走ります。パワートレインは2基のモーターを搭載、最高出力は600psを発揮する。0−100km/h加速は3.5秒、0−200km/加速は11秒台とFerrari「F50」級の加速力を持つとレポートされている。 <Respon...
  • トヨタ応援ブログaCaprio358さんのプロフィール
aCaprio358さん
  • ポルシェの市販EV日本ではこんなに早く充電できないよ。きっと。
  • 転ほど嫌なものはありません。まあガソリンスタンドも一緒ですけど、最近のクルマはガソリン車でも燃費がよく600kmくらいは走りますからね。PHVならなおさら、ガソリンだけでも1300kmくらい走ります。パワートレインは2基のモーターを搭載、最高出力は600psを発揮する。0−100km/h加速は3.5秒、0−200km/加速は11秒台とFerrari「F50」級の加速力を持つとレポートされている。 <Respon...
  • 新型プリウスphvに乗るaCaprio358さんのプロフィール
Naotoさん
  • やっぱ中東凄い。カタールにて、かなり拘りの強いマクラーレン「P1」が目撃に
  • セントが加えられていますが、意外にもライトグレーとレッドの組合わせもマッチするんだなぁというのが素直な感想で、こういったところは日本では中々見れないデザインでもありますね。なお、マクラーレン「P1」のパワートレインは排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターを搭載する唯一のハイブリッドモデル。 最高出力916ps、最大トルク900Nmを発揮し、0-100km/hの加速時間は2.8秒、最高時速3...
  • Creative TrendNaotoさんのプロフィール
Naotoさん
  • 「エスパーダ」に次ぐ希少車。ランボルギーニのGTモデル「ハラマ(Jarama)」をレビュー【動画有】
  • ランボルギーニ「ハラマ」は、1970年から1976年に生産された量産モデルで、先代モデルに「イスレロ」を持ち、年間1,000台レベルの生産を予定(実際は328台)していた個体でした。そんな「ハラマ」のパワートレインは、排気量4.0L V型12気筒自然吸気エンジンをフロントに搭載し、最高出力350hpを発揮。駆動方式は後輪駆動(FR)で、最高時速260km/hにまで到達。関連記事:実は意外と知られていない奇妙なモ...
  • Creative TrendNaotoさんのプロフィール
ぽーたりーふさん
  • 元を辿れば某日本車と遠い親戚!? オペル小型SUV「モッカX」が初のフルチェンジ
  • ?)と言えるでしょう。初期開発段階のため、厳重な擬装が施されていますが、次期型ではホイールベースが4.5mに延長され、よりクロスオーバーを意識したデザインが採用される可能性が高いことが分かっています。パワートレインは、1.4リットル直列4気筒エンジンをアップデートし、最高出力は165psへアップするようです。ワールドプレミアは、2019年内となると思われます。(APOLLO)あわせて読みたい新型トヨタ・スープラ...
  • ぽーたりーふ.comぽーたりーふさんのプロフィール
Naotoさん
Naotoさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

パワートレインについて