後鳥羽上皇

後鳥羽上皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後鳥羽上皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後鳥羽上皇を含むブログ記事

京都ふらりさん
  • 佐渡5、順徳天皇
  • 政子の実家の北条氏が執権となって握りました。ところが東では幕府の権力が強かったものの、西では天皇も貴族もたくさんの荘園を持ち、権力を保っていました。お互いが衝突することも生じるようになり、1221年、後鳥羽上皇は執権・北条義時を討つ院宣を出します京都の周辺の木津や瀬田などで戦となりますが、関東から武士を集めた北条氏が勝利しました。そこで後鳥羽上皇は隠岐へ、その子である順徳天皇はこの佐渡へ流されました。順徳天...
  • ふらり各駅停車、京都発京都ふらりさんのプロフィール
かながわ いーとこさん
  • 東京国立博物館に日本刀などを見に行ってきました(東京都台東区上野)
  • 士の装い」コーナー 重要文化財の樫鳥糸肩赤威胴丸黒漆大小沃懸地葵紋蒔絵合口重要文化財の三鱗紋兵庫鎖太刀重要文化財の太刀 福岡一文字(号 北条太刀・無銘)福岡一文字の切先福岡一文字の茎太刀 菊御作(伝 後鳥羽上皇・無銘)菊御作の切先菊御作の茎太刀 備前雲生(銘 雲生)備前雲生の切先備前雲生の茎梨地桐葵紋糸巻太刀上の備前雲生の拵です。薙刀 長船盛景(銘 備州長船住盛景)長船盛景の切先十文字槍 金房政次(銘 南都...
  • かながわ いーとこかながわ いーとこさんのプロフィール
えいたろうさん
  • 白の執権 〜第96話 西面武士〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。「朕の宝剣は見つかったか?」1218年1月、京の御所に来ていた泰時に牛車から声をかけたのは後鳥羽上皇(ごとばじょうきょう)様でした。後鳥羽上皇後鳥羽「金剛…いや泰時であったな。」泰時「はい、覚えて頂き、ありがたき幸せにござります。」後鳥羽「将軍の後継ぎのことで参ったか…鎌倉も大変だの〜」泰時「将軍は...
  • 歴史を感じようえいたろうさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181014-9
  • ど原本独特の雰囲気 ... 闘牛 故郷の宝守る読売新聞総会では、同協議会会長で隠岐の島町の池田高世偉町長が「伝統文化の保存・継承のためには、後継者不足 ... 隠岐の牛突きは、1221年に島に流された後鳥羽上皇を慰めるために行ったのが始まりとされ、県無形民俗文化財に指定されている。 道後温泉本館で桶募金読売新聞来年1月15日から始まる道後温泉本館(重要文化財)の耐震改修に向け、松山市は13日、工事費の負担に...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
Tora5rouさん
  • 「Tora5rouのブログ」総集編(京都3)
  • 10:16 京都の南に位置し、鴨川が桂川に接近する地点にありかって院政を執行した鳥羽離宮跡の城南宮に到着しました。城南宮は平安時代の末期、白河上皇が壮大な離宮を造営し院政を開始、その後も鳥羽・後白河・後鳥羽上皇と4代150年にわたり政治・文化の中心となり、「都遷りのよう」とその賑わいがたとえられました。また当時ブームとなった紀州の熊野三山に参詣する精進所として城南離宮がしばしば選ばれ、ここを起点に信心の旅に...
  • Tora5rouのブログTora5rouさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 連歌
  • より古今伝授を受けた。後半生を旅に過ごし旅中に没したため、西行・芭蕉と並び称される。和歌の余技として発達した連歌を、芸術的なものに高めたので正風連歌という。撰した『水無瀬三吟百韻』(1488成立)は、後鳥羽上皇を祀(まつ)る水無瀬宮(摂津)で、宗祇・肖柏・宗長の師弟3人が詠んだ連歌百句のこと。『新撰菟玖波集』(1495成立)は、宗祇が正風連歌のみを集めた連歌集で勅撰に準じられた。3.山崎宗鑑(1465〜15...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
dreamroseさん
  • 京都にて高山寺&庭のバラ
  • うです。小さめの石碑が奥ゆかしい雰囲気です。静かな境内は落ち着ける場所なのですが・・・金堂へ続く道は台風の倒木で上がれません。今回は国宝の石水院だけ拝観してきました。石水院のお庭深い軒と広縁のある西側後鳥羽上皇の書かれた額のかかった書院石水院は後鳥羽上皇の学問所として建てられた建物を高山寺に移築して、建て替えや改造をして今の形になったのは慶長年間だそうです。高山寺といえば鳥獣戯画ですね。国宝ですから、本物は...
  • Searching  My Gardendreamroseさんのプロフィール
花道さん
  • 10月14日の誕生花・白菊
  • 」意を表し、菊の花弁を米に見立てたられたようです。漢名の「菊」は一年の終わりに咲く事で「究極、最終」を意味しています。世界中で2万種類以上が自生している多種多様な植物です。日本では、鎌倉時代の初め頃に後鳥羽上皇が、菊の花の意匠を好んで「菊紋」を天皇家の家紋に使用されたのが始まりといわれ、皇室行事として園遊会や、各地で品評会が行われています。食用菊は東北地方を中心に、広まってきました。西日本では路地植えの状態...
  • 花道[FLOWERING-WAY]花道さんのプロフィール
toragorou88さん
  • 「toragorou88の生活」総集編(京都3)
  • 10:16 京都の南に位置し、鴨川が桂川に接近する地点にありかって院政を執行した鳥羽離宮跡の城南宮に到着しました。城南宮は平安時代の末期、白河上皇が壮大な離宮を造営し院政を開始、その後も鳥羽・後白河・後鳥羽上皇と4代150年にわたり政治・文化の中心となり、「都遷りのよう」とその賑わいがたとえられました。また当時ブームとなった紀州の熊野三山に参詣する精進所として城南離宮がしばしば選ばれ、ここを起点に信心の旅に...
  • toragorou88の生活toragorou88さんのプロフィール
りせさん
  • 三千院門前通りと大原陵
  • 後鳥羽天皇大原陵・順徳天皇大原陵」があります。後鳥羽天皇(1180- 1239)は高倉天皇の第4皇子で、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての天皇です。文武両道で、新古今和歌集の編纂でも知られます。 後鳥羽上皇は、鎌倉時代の承久3年(1221)、鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げました。しかし、この承久の乱で幕府の大軍に朝廷側が敗北して、上皇は隠岐に配流され、延応元年(1239)に同地で亡くなりま...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

後鳥羽上皇について