後鳥羽上皇

後鳥羽上皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後鳥羽上皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後鳥羽上皇を含むブログ記事

山手サービス 高橋(代理)さん
  • 歴史のなかの「経緯」・・・53(再掲載)
  • がいる事で有名ですが、主祭神は宗像三女神であり一見すると関係がありません。ですが、ここにも藤原氏が関係してきます。 厳島神主家は創健者とされる佐伯氏が代々神主家を勤めていましたが承久の乱で敗者となった後鳥羽上皇に味方してしまった為に、神官職へと降格され新たな神主家は藤原家が務めることになっています。春日大社も鹿島神宮も厳島神社も日本各地に末社がありますので、こうした本社の慣習に倣った為に神鹿信仰も伝わってい...
  • 憧れのAudio☆お知らせブログ☆山手サービス 高橋(代理)さんのプロフィール
えいたろうさん
  • 白の執権 〜第119話 宇治橋の合戦〜
  • ささきのぶつな)と共に川を渡り、敵を突破したのです。これを見た朝廷軍の秀康は、秀康「これは…いかん!!退け、退くのだ!」朝廷軍は京へ向け、走り出しました。幕府軍は京になだれ込みました。この報せを受けた後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)様は、後鳥羽「京に入ってきただと!!敵はわずかではないのか!?」「幕府軍は…19万です!」後鳥羽「じゅう…19万だと!!……それが京に……」この時、京に戻ってきた藤原秀康、三浦胤義...
  • 歴史を感じようえいたろうさんのプロフィール
ゴラマガ編集長さん
  • 承久の乱 日本史のターニングポイント #本郷和人 #新書 #歴史
  • 者が、専門である鎌倉時代を舞台に、満を持して取り組んだ意欲作です。本郷さんは鎌倉時代の基本史料『現代語訳 吾妻鏡』の編者の一人でもあります。誰もが日本史上の重要トピックとして覚えた経験はあるが、敗れた後鳥羽上皇が隠岐島に島流しにされたこと、北条政子の演説で鎌倉武士がひとつにまとまったことくらいで、実はよく知られていない「承久の乱」。そもそも後鳥羽上皇はなぜ幕府に戦いを挑んだのか?「錦の御旗」を敵に回して勝利...
  • 娯楽マガジン-ゴラマガ-ゴラマガ編集長さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20190117-14
  • 力を探る「ロゲイニングで駿府の街再発見!」(市主催)が14日、同市内で開かれた。 新春顔見せで黒い巨体激突 隠岐の牛突き初場所大会山陰中央新報隠岐の牛突きは、1221年の承久の乱により隠岐へ配流された後鳥羽上皇を慰めるため、島の人々が始めたのが起源とされる。同町だけに残る習俗で、県無形 ...●後鳥羽上皇[1]・[2] ヨーロッパのお城宿泊の旅!!ファミリーマート抽選で1組2名様を、選べるJAL ファースト...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
blossomさん
ともちゃんの のんびり登山教室さん
  • 2019年1月16日(水) 冬の室生寺と、美しすぎる龍鎮滝
  • がりました。この透明度、青さ!なんとも言えない優美な流れ!自然が作り出した奇跡の地形です。神域となっているのも分かります。室生ダムを過ぎ、大野寺へ。対岸には高さ13.8メートルの弥勒磨崖仏が見えます。後鳥羽上皇の勅願により、自然の岩に線刻されたといわれます。大野寺のシダレザクラ越しにみるのが最高なんだとか。室生口大野駅で解散。石仏や神聖な滝を見ながらゆっくり歩きを楽しんだ一日でした。こんな楽々ハイキングをし...
  • ともちゃんの のんびり登山教室ともちゃんの のんびり登山教室さんのプロフィール
えいたろうさん
  • 白の執権 〜第118話 幕府軍19万〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)様は幕府軍を迎え撃つように藤原秀康(ふじわらのひでやす)に命じました。 幕府軍を討てぇ〜!後鳥羽です。後鳥羽上皇さんは幕府軍が出撃すると思わなかったんだよ。朝廷方の軍は1万7500...
  • 歴史を感じようえいたろうさんのプロフィール
てつさん
  • 2019年01月14日のつぶやき
  • 猛の真骨頂となるのだろう。どんどん暴れまわってほしい。 at 01/14 10:46mikumano / てつ@み熊野ねっとRT @connnexio: 梅原猛「熊野と伊勢はどっちが尊いかということを後鳥羽上皇が学者たちに意見を出させたんですよ。『同体』だと言うんです。同体だけど伊勢は純粋な神様だ、仏様はない、熊野は神様であると同時に仏様である、と。熊野は阿弥陀浄土だから上になるんですね。それで熊野… at...
  • み熊野めもてつさんのプロフィール
mozart08さん
  • 『承久の乱』 坂井孝一さん
  • に」で書かれているように、承久の乱(教科書的には「乱」ではなく「変」と記述され習ってきた記憶がある、つまり扱いが軽いのだ!)は乱後の結果の大きさに対して経緯の「お粗末さ」が定説になっている帰来がある。後鳥羽上皇の「身の程知らず」の暴挙に尽きる、そういう認識が日本史の常識だったか。承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書) [新書]坂井 孝一中央公論新社2018-12-19まず坂井さんは後鳥羽上皇が...
  • 羽鳥ログハウスの四季mozart08さんのプロフィール
もぐままさん
  • 鳥獣戯画と茶のふるさと 栂尾山 高山寺
  • 入を依頼して拝観させていただきます。建物内は撮影禁止ですが、庭園は撮影可、とのこと。お庭を通って石水院の建物へ。創建は奈良時代末期といわれ、神護寺の別院を経て、建永元年(1206)中興開祖・明恵上人が後鳥羽上皇よりこの地を与えられ、「日出先照高山之寺」(ひいでてまずこうさんをてらすのてら)の勅額を賜ってから高山寺となりました。西正面、廂(ひさし)の間には、欄間に富岡鉄斎筆「石水院」の横額が掛かり、明恵上人が...
  • マイ巡礼もぐままさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

後鳥羽上皇について