富岡鉄斎

富岡鉄斎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [富岡鉄斎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

富岡鉄斎を含むブログ記事

なかっちょさん
  • 堂本印象美術館と泉屋博古館
  • 泉屋博古館は、哲学の道のアジサイ巡りの途中に寄りました。「絵描きの筆ぐせ、腕くらべ」と変わったタイトルがついてます(^^)内容は、幕末ごろから昭和30年代くらいまでの近代日本画の住友コレクションです。富岡鉄斎や東山魁夷、竹内栖鳳といった著名な作家からあまり名の知られていない作家の作品まで、数多く展示され、それぞれの作家さんの描きクセや好みを解説してあります。*さすがに財閥本家の蒐集品だけあって、ただ金に飽...
  • ピンぼけブログ館なかっちょさんのプロフィール
トミーオヤジさん
  • 読書はしたいが気力が続かない。万巻の書は夢のまた夢
  • いのは解かっている。昔は結構読んでいので、おかげで本が溜まり過ぎ部屋が狭くなり困ったので、数年前に段ボールで12,3個分を処分した。万巻の書を読めば少しはためになると思っているが、明治の画家・儒学者の富岡鉄斎がこんな言葉を残していた。「万巻の書を読み 万里の道をゆく」すごい決意と勇気を持って進んで行く姿が浮かびます。吉田松陰は松下村塾に次の言葉を残していた。「万巻の書を読むに非(あら)ざるよりは、寧(いづ...
  • 定年後の生き方、過ごし方、生きがいを考える男の雑感トミーオヤジさんのプロフィール
芳瑩さん
  • 京都五山一位「天龍寺(てんりゅうじ)」
  • 1924)の建築。東西を仕切る襖の雲龍の絵は、昭和32年に物外道人によって描かれたもの。物外道人とは若狭物外といい、明治20年秋田県に生まれ、東京芸術学校を卒業後、山元春拳に弟子入りするも自ら絶縁し、富岡鉄斎門下の山田介堂に学んだ富岡鉄斎唯一の孫弟子。天龍寺第8代管長である関牧翁老師の友人で、昭和32年(1957)にこの方丈襖絵を描き上げ、4ヵ月後に70歳で没し、「画龍院如意物外居士」の法名が付けられた。...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール

富岡鉄斎を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

富岡鉄斎について