グルーヴ感

グルーヴ感についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [グルーヴ感] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

グルーヴ感を含むブログ記事

よこたんさん
  • 音楽は前
  • 開練習メモ。音楽は常に前へ前へ。結果は後。でも焦らない。空間は最大限有効活用できるように。息のスピードでなんとかしようとしない。あくまで響き。音のモーション、要研究。どういう動きが効果的なのか。緩急、グルーヴ感大事。つまらない演奏はしない。自分が感情に飲まれない。曲はもうそこにある。もっと自分を外側から捉えて、その曲に既に存在するものに乗っかる。しっくりこない部分はそもそも勉強不足。あーーーーー。ってか、う...
  • 「うたおうか」外伝よこたんさんのプロフィール
Yukiさん
  • 下から支える重要性
  • たいなものに私は惹かれます。私の好きなバンドのドラマー達はよく超絶技巧の持ち主と言われていますが、彼らは速く正確なのに機械っぽくなく、安定感があるのです。そして、複雑なコード進行だったり、ロック特有のグルーヴ感だったり、をベースが支えているタイプのバンドが好きです。そういえば私の好きなバンドはベーシストが曲を書いているのが多いなあ…。超絶技巧のギターも、豪華絢爛なキーボードも、ハイトーンにしろデス声にしろ素...
  • 勝どき ピラティス・クラシーヴァYukiさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 1970年代の先駆け的ギタリスト
  • 60年代後半はソウル・ジャズ、ラテン・ジャズに大活躍。かなりハードなエレギに惚れ惚れする。これだけハードだとジャズよりはちょっとロックに寄っている雰囲気。聴き応え抜群である。特に、アドリブ展開におけるグルーヴ感とドライブ感が半端ない。このエレギの音を聴くと、当時、マイルスがセッションに呼んだ理由が理解できるような気がする。ジャケ写を見れば時代を感じるんだが、若き日のギラギラしたベンソンが実に精悍。この頃のベ...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
曇りめがねさん
  • D-project 「PAGES」
  • 」は先行シングル曲。花王「リーゼ」のCMソングに起用された。R&B色の強いミディアムナンバー。サビはそれなりにキャッチーなのだが、全体的に盛り上がりに欠ける。ただ、ゆったりとした曲調の中で展開される、グルーヴ感のあるサウンドが心地良い。打ち込みによるリズムやホーンがフィーチャーされている。歌詞は一度に2人の女性を愛した男性の想いが綴られている。とはいえ、後悔が前面に出た詞世界となっている。シングル曲とは思え...
  • 今日はこんな感じ曇りめがねさんのプロフィール
micarosuさん
  • Moonlight J-POP 18年6月篇
  • がりを持っている。5.トマレのススメ/駒形友梨キラキラのポップナンバー。伸びやかで真っ直ぐな歌声も心地良く、ずっと聴いていられる名曲。4.マジックランデブー/MELLOW MELLOW心地良いリズムとグルーヴ感。シティポップ的な空気感を持ちつつ、ダンサブルなテンポで一気に惹きこんでいくのが凄い。3.13ヶ月/CHEMISTRYシンプルで優しく落ち着いた名バラード。今まであまりこういった楽曲を歌うことは少なか...
  • マイナー時々メジャーな音楽micarosuさんのプロフィール
こへいさん
  • 【Album】宇多田ヒカル / 初恋 [2018]
  • ルから日本語を意識したのは間違いないんだろうけどね。「ノリ」よりも「歌」重視。まー前作からその予兆はあったかな。ノリも無いわけじゃないが静かなノリ。ほらアレだよアレ。音楽好きで横文字好きが言いがちな「グルーヴ感」って奴。現在話題沸騰中のタイトルトラック『初恋』もそんな感じです。この曲も重いけど、それに加えて魔力のような凄みがある。かつての『First Love』の頃から時を経て母となった今、宇多田の『初恋』...
  • 脱R論こへいさんのプロフィール
ソウルピーナッツさん
  • The New Respects / Before The Sun Goes Down
  • sNew Releases一覧はこちらThe New Respects / Before The Sun Goes Down18年08月30日Release Date / 17 Aug. 2018このグルーヴ感は本物か?と、言うのもテネシー州はナッシュビル出身の4ピース・バンド = ザ・ニュー・リスペクツがリリースしたデビューアルバム「Before The Sun Goes Down」から聴こえてくる小気味...
  • R&B/Hip Hop New Releaseソウルピーナッツさんのプロフィール
おーとさん
  • 9(歌) : 1(ギター)
  • -08-18口だけ先日、ツイッターを通じて僕と同じように歌やギターを練習して…2018-07-31『心を打つ歌』とは。。全く知識がない今だからこそ、些細な事でもピュアな気持ちで書…2018-07-20グルーヴ感ギターを担当する人が最も注意するポイントは実はリズム感だっ…2018-07-18Gibson J-45 (1950年代)音を言葉で表現するのって野暮というかとても難しい事だと思い…もっと読むコメントを...
  • Vo.Gt おーとおーとさんのプロフィール
micarosuさん
  • 「Down the Hatch」 Down the Hatch
  • ere the light is」と全英語詩の楽曲が並び、日本語詩とはまた違った響きの世界を繰り広げるのも面白い。特に「where the light is」のダンサブルさは随一で、言葉の響きの良さとグルーヴ感に何度も魅了されてしまう。ここから日本語詩に戻り、深い広がりを持った「Nowhere on my Mind」、陰を持ちながらもどこか希望の見える「A.B.H.」と、全10曲の中で本当にたくさんの音風景...
  • マイナー時々メジャーな音楽micarosuさんのプロフィール
曇りめがねさん
  • ICE 「WAKE UP EVERYBODY」
  • 通の少年が周囲に祭り上げられてスターになり、また落とされて今までの生活に戻るまでが描かれている。どこかシニカルな詞世界である。一歩間違えたら歌謡曲のようになってしまう曲なのだが、そうはならずにクールなグルーヴ感を持った曲に仕上げられている。宮内和之のアレンジ技術が冴え渡った曲だと思う。「MELLOW BLUE」はしっとりとした曲調で聴かせるバラードナンバー。タイトル通りのメロウな雰囲気に満ちており、美しいメ...
  • 今日はこんな感じ曇りめがねさんのプロフィール

グルーヴ感を含むブログ村メンバー

  •  
ROAR-ON-HISTORYさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

グルーヴ感について