元弘の乱

元弘の乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [元弘の乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

元弘の乱を含むブログ記事

ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(25) 南朝正閏論
  • 19)  後醍醐天皇、加古川を行く文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる>> もっと見るカレンダー2018年11月日月火水木金土123456789101112131415161718192021222324252627282930前月次月バックナンバー201...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(24) 文観ルート
  • 文観と後醍醐天皇(24) 文観ルート2018-11-18 08:28:39 |文観と後醍醐天皇文観ルート 話を少し戻します。 醍醐帝が討幕の行動をおこした時、寺院がその都度拠点となっています。 当初、元弘の乱によって後醍醐天皇が都を落ちていったのは笠置山であり、そこの笠置寺にこもりました。 隠岐島から脱出、船上山に大山寺(だいせんじ)の僧兵を頼りに陣を張りました。 「建武の新政」の失敗から再度、都を捨てて...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(22) 後醍醐天皇、吉野に死す
  • 19)  後醍醐天皇、加古川を行く文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる文観と後醍醐天皇(15) 正中の変(正中元年・1324)文観と後醍醐天皇(14) 八髻文珠菩薩(般若寺)の語ること 文観と後醍醐天皇(13) 文観と後醍醐天皇と結びつき>> もっと見るカ...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(21) 建武の新政
  • 19)  後醍醐天皇、加古川を行く文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる文観と後醍醐天皇(15) 正中の変(正中元年・1324)文観と後醍醐天皇(14) 八髻文珠菩薩(般若寺)の語ること 文観と後醍醐天皇(13) 文観と後醍醐天皇と結びつき文観と後醍醐天皇(...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(20) 後醍醐天皇、隠岐の島から脱出
  • 19)  後醍醐天皇、加古川を行く文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる文観と後醍醐天皇(15) 正中の変(正中元年・1324)文観と後醍醐天皇(14) 八髻文珠菩薩(般若寺)の語ること 文観と後醍醐天皇(13) 文観と後醍醐天皇と結びつき文観と後醍醐天皇(...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(19)  後醍醐天皇、加古川を行く
  • 19)  後醍醐天皇、加古川を行く文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる文観と後醍醐天皇(15) 正中の変(正中元年・1324)文観と後醍醐天皇(14) 八髻文珠菩薩(般若寺)の語ること 文観と後醍醐天皇(13) 文観と後醍醐天皇と結びつき文観と後醍醐天皇(...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ
  • 51)PDF文書一覧(1)最新記事文観と後醍醐天皇(18) 文観、死罪を免れ鬼界ヶ島(硫黄島)へ文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる文観と後醍醐天皇(15) 正中の変(正中元年・1324)文観と後醍醐天皇(14) 八髻文珠菩薩(般若寺)の語ること 文観と後醍醐天皇(13) 文観と後醍醐天皇と結びつき文観と後醍醐天皇(...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)
  • 醍醐天皇(17) (余話として)日野俊基の妻との別れ(『太平記』より)2018-11-11 08:30:50 |文観と後醍醐天皇余話として:『太平記』の文章を読んでみませんか?日野俊基の妻との別れ″ 元弘の乱で、俊基はつかまり、二度と都に帰れることはなく、そして死を覚悟していました。 妻との別れの名文が、後世にのこっています。 死の旅につながる不安と郷愁のみがうたいあげられています。しかし、後醍醐天皇のこ...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • 文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる
  • て!」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内でひろかずのブログ加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。文観と後醍醐天皇(16) 元弘の乱・文観捕らわる2018-11-10 07:52:25 |文観と後醍醐天皇  正中の乱は失敗するも! 幕府は、倒幕の中心となった日野資朝(すけとも)・日野俊基(としもと)を取り調べたが、下手な裁断はくだ...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

元弘の乱について