志貴皇子

志貴皇子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [志貴皇子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

志貴皇子を含むブログ記事

酔生夢人さん
  • 高円の野辺の秋萩
  • -------高円山の野のほとりの秋萩は空しく咲き散っているだろうか、見る人もいなくなったいまも。-----------------------------------------------この歌も志貴皇子(しきのみこ)が亡くなったときに詠まれた挽歌で、先の巻二(二三〇)の長歌に付けられた反歌のうちのひとつ。やはり作者は笠金村(かさのかなむら)かと思われます。志貴皇子の邸宅は現在の百毫寺にあったとも言わ...
  • 酔生夢人のブログ酔生夢人さんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 月読の
  • 光をたよりにいらっしゃい。あなたと私は“あしひきの”山を隔てるほど遠いというわけではないではないでしょう::: 備考 :::湯原王 (ゆはらのおおきみ)の 生没年はわかってないの。天智天皇の孫に当たり志貴皇子の子で、歴史的には活躍した形跡がないけど、歌人としては天平前期の代表各で、繊細で素敵な作品がとても多いの。ホンマやね。「月読」なんてロマンチックな言葉やね。月読とは月読命(つくよみのみこと)の事で、...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
北 帰航さん
  • 242.巻三・312:式部卿藤原宇合卿、難波の京を改め造らしめらゆる時に作る歌一首
  • る時に作る歌一首Tweet関連記事2017-11-10227.巻三・288:穂積朝臣老が歌一首穂積朝臣老:養老六(722)年、元正天皇を批判した罪で佐渡に流…2017-10-30216.巻三・267:志貴皇子の御歌一首267番歌 訳文 「このむささびは、梢を求めて木の幹を駆け登ろう…2017-10-25211.巻三・261、262:柿本朝臣人麻呂、新田部皇子に献る歌一首あわせて短歌261番歌 訳文 「あま...
  • 万葉集の日記北 帰航さんのプロフィール
うぐいすさん
  • ヒルコと宇宙人とのつながり・・・
  • テナ?うぐいすさん こんにちは(^^)今 感じている事をブログにしようとしても 思うようにまとまらなくて…^^;でも最近はUFOの基地ではなく アンテナ?に繋がっているようなのです牛頭天王 馬頭観音 志貴皇子…気になった所には意味があるようですでも伝えるのは 難しいですねモモ2017-11-28 12:12:54返信する…123…コメントする前の記事妻をエネルギーで癒・・・次の記事創成期に人類を助け・・・...
  • スピリチュアルな夫婦の楽しい田舎暮らしうぐいすさんのプロフィール
気軽に茶道をしてます。さん
  • 太安万侶の墓を訪れて
  • る方かもでもなぜこの地にお墓が造られたのでしょうか?平城京から見て、東から太陽が昇る地だからとの説明近くに、春日宮天皇陵、光仁天皇陵もありますが?中級官僚の埋葬地であったかもしれません。また万葉歌人・志貴皇子(しきのみこ)の墓もあります。文化人であり、現在の皇室の祖先にあたるとか・・・『葦辺ゆく鴨の羽交に霜降りて寒き夕へは大和し思ほゆ』万葉集1-64訳)葦のほとりを漂って行く鴨の羽がいに霜が降って、身にし...
  • 気軽に茶道をしてます。気軽に茶道をしてます。さんのプロフィール
北 帰航さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

志貴皇子について