評定衆

評定衆についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [評定衆] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

評定衆を含むブログ記事

渡良瀬ワタルさん
  • 昨日今日明日あさって。(幼年学校)73
  • サイ。(注)文字サイズ変更が左下にあります。昨日今日明日あさって。(幼年学校)732018-10-07 07:35:36 |Weblog ブルーノ足利は執務室で奏上された案件の山に囲まれていた。管領や評定衆、執事の段階で精査されているが、それにしても多い。書類の山脈。種類は四つ。一番多いのは内政関連。管領や評定衆が事前に裁可済みで、国王は目を通すだけで良い書類だ。簡単そうだが、分厚いのが多いので読み熟す...
  • 金色銀色茜色渡良瀬ワタルさんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 春日城?
  • 佐久侵攻後、望月氏は武田氏に属し、春日城も依田系芦田信守の属城となった。芦田信守芦田氏は信濃の土豪・依田氏の一族であり、元々は独立した国人領主であったが、室町時代においては、在府と在地に分かれ、在府は評定衆、奉行衆、奉公衆を建武年間から文明年間まで任命され、在地においては守護代・大井氏に従臣していた。天文10年(1541年)、武田信虎は諏訪頼重とともに小県郡に侵入。諏訪頼重は帰路に芦田城に侵攻し、10歳...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
太守さん
  • 南朝の忠臣・結城宗広のこと…白河・関川寺へお墓参りに行ってきた件
  • だけに鎌倉との結びつきは強かった。じゃが、後醍醐天皇から討幕の綸旨を受けると、宗広は新田義貞とともに鎌倉に攻めこんだ。その功により、後醍醐天皇から厚い信任を受け、北畠顕家が多賀城に入ると、陸奥将軍府の評定衆としてその統治を補佐することになる。建武の新政が破綻し、足利尊氏が京都に攻め入ると、北畠顕家とともにに奥州軍を率いて上洛、京都を奪還する。じゃが、九州に逃れた足利尊氏が再起して東上してくると、再び顕家...
  • 鎌倉ではたらいていた太守のブログ太守さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

評定衆について