受難曲

受難曲についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [受難曲] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

受難曲を含むブログ記事

まりさ先生さん
  • バッハ『マタイ受難曲』を聴いています。
  • こんにちは。画家になる前は、声楽家になりたかった、音楽大好きまりさ先生です。ただいま、お気に入りの、バッハの『マタイ受難曲』を聴きながら書いています。今かけているのは、指揮者カール・リヒター、楽団はミュウヘン・バッハ管弦楽団&合唱団が1958年に演奏したものです。重厚な演奏で、ドイツっぽいです。導入のコラール(コーラス)...
  • やさしいアート鑑賞の動画まとめました。まりさ先生さんのプロフィール
くるくる銀侍のブログさん
  • 6月25日(月)のつぶやき
  • 、クリエヴァさん、中世の甲冑とかも似合うと思うんだけど ― silversnow (@silversnow2)2018年6月25日 - 22:42子供が音楽の勉強で(明日から定期テスト)バッハのマタイ受難曲について聞いてきたから、思い出してヨハネ受難曲流しながら仕事してる バッハはヨハネ受難曲のが好き ― silversnow (@silversnow2)2018年6月25日 - 22:44終わっちゃっ...
  • くるくる銀侍のブログくるくる銀侍のブログさんのプロフィール
テオ(theophrastos)さん
  • 目覚めよと呼ぶ声が聞こえ2
  • 何となく、そこは察した。あとは、お前が俺に興味があるか…。ありそうな感じはするけど、確信は持てない。なにしろ同じ事務所、下手なことをすれば首が飛ぶ。手も出せずに数ヵ月が過ぎた。別のホールで聴いたマタイ受難曲、あの美味しそうな弁護士先生も来ていたとは。これは、声くらい掛けないと失礼というもの…?かくして、ようやく名を名乗り、知人にはなったところ。相手は俺が同じ事務所とも知らなかったんで、少しへこむ。…さて...
  • 東方の森テオ(theophrastos)さんのプロフィール
テオ(theophrastos)さん
  • 目覚めよと呼ぶ声が聞こえ
  • しれないが。実はどこか別の場所で見掛けたことがあるような気もしていて、それも似た仕事かなと思う理由の一つだ。彼と話してみたい…と思いつつ、声を掛けられずに数ヵ月が過ぎた。今日はいつものとは別に、マタイ受難曲の上演があるということで、あまり行ったことのないホールに出掛けた。マタイはバッハ好きにはたまらないが、他の人には何のことかもわからないかも。僕はクリスチャンではないが、バッハには心洗われる思いがする。...
  • 東方の森テオ(theophrastos)さんのプロフィール
金ちゃんさん
  • いい音で聴きたい、オーディオの考案。ベートーヴェン弦楽四重奏曲を聴く。
  • 衝撃吸収素材、ソルボセインを使用し下地の上にキューブインシュレーターを置き聴いていますが現在快適な低音を得ている。色々試行錯誤して試してみたが、これが一番音に落ち着きをみせた。今回デモで鳴らしたマタイ受難曲のアリアの歌声は清楚な歌声でした。JAZZでがドラムのステック裁きが詳細な感じが印象的で演奏の奥行きがでた。奥行きが出るとこは実にいい感覚で聴ける帰りはタイ料理の店でフォーを頂きました、サッパリした薄...
  • へタッピ・・金ちゃん釣行記金ちゃんさんのプロフィール
おかちゃんさん
  • リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管のバッハ「ヨハネ受難曲」(1964.2録音)を聴いて思ふ
  • 音楽はバッハからベートーヴェンに、そしてベートーヴェンからワーグナーに引き継がれ、進化、深化していったのだろう。外に拡散する大宇宙と内に収斂する小宇宙の拮抗、というより共鳴。カール・リヒターの「ヨハネ受難曲」。イエス・キリストの最期のシーンを切々と歌う第2部第58番アルト・アリア「こと果たされぬ」のあまりの美しさ(3年前に聴いたミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽・器楽アンサンブルの演奏は実に素晴らしかっ...
  • アレグロ・コン・ブリオ〜第7章おかちゃんさんのプロフィール
珈琲工房まつざわさん
  • 今日の音楽はヴンダーリッヒの歌です。
  • 今日はたくさん生豆のハンドピックをしなければいけません。こんな日はいつもはケルテスのドヴォルザークなのですが、今日はフリッツ・ヴンダーリッヒの歌を流していきます。バッハの受難曲からオペラ、ドイツ・リート、歌謡曲まで幅広いジャンルを美声で歌っています。ロッシーニのオペラまでドイツ語で歌っているのは当時としては当たり前でしたが、イタリア語で歌っている曲もあるので、ちょっと残念で...
  • 珈琲工房まつざわの新しいブログ珈琲工房まつざわさんのプロフィール
ぺぇたぁさん
  • チチェスター詩編。 バーンスタインの確信に満ちた感動作♪
  • もするが・・・。オールソップ盤はオケ、合唱、そして肝心のボーイソプラノもいい。ちなみにここで歌っている当時13歳のケリー君(Thomas Kelly, 1990-)は後にモンテヴェルディ合唱団でマタイ受難曲の録音に参加するなど、古楽系の合唱団で活躍している模様。何枚聴いても素晴らしい演奏を聴かせてくれるオールソップは、もはやバーンスタイン作品の第一人者と呼ぶにふさわしい! ここでも非常に感動的な音楽を聴...
  • mondnachtぺぇたぁさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

受難曲について