資産クラス

資産クラスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [資産クラス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

資産クラスを含むブログ記事

楠木山人さん
しゃぶりつくす会社員さん
  • 理由なき下落(AIのFRB忖度?)と、来月の売却指示を検討中
  • 動のようですが過剰反応ではありません。・月末時点の指数でホールド、売却を決定⇒指数はレラティブストレングスを使用しています。・売却は8割⇒少し残したいだけで適当です。・先進国株式が売却となる時は、他の資産クラスもすべて売却対象⇒先進国株式が不調時には他3資産(新興国株式、日本株式、先進国REIT)も下落傾向があるため。現時点の指数ですと先進国株式は売却のため、他の資産クラスも売却対象となる予定です。またオリ...
  • 投資信託しゃぶり〜2025しゃぶりつくす会社員さんのプロフィール
青井ノボルさん
  • 全世界株式に投資するポートフォリオを考える
  • 、同シリーズでポートフォリオを組み立てていきます。リバランスの必要性はありますが、半年に一度程度の定期的な見直しをすることで、完全放置の運用にしない点はむしろプラス材料と判断しました。ただ、実際には各資産クラス間の比率が時価総額比率と大幅に乖離する可能性は低そうな気がします。おそらく大した手間にはならないかなと。励みになります。応援よろしくお願いします。にほんブログ村...
  • インデックス投資で長期縦走へ青井ノボルさんのプロフィール
小塚 崇史さん
  • 米国債ETF(1) 投資家の必修科目、米国債
  • も取引可能かつ、年金基金・各国政府の多額の資金の受け皿としても過不足無い市場が形成されているのが、米国債です。そしてこの米国債の金利が短期・長期金利の世界的な指標となっています。また極めて安定性の高い資産クラスである性質上、戦争や恐慌の際は、「質への逃避:flight to quality」として米国債が選好され資金流入が起きる傾向がみられます。米国債の種類 利払いによる分類それではまず米国債の種類を見てい...
  • 米国投資 安全域を保つ小塚 崇史さんのプロフィール
青井ノボルさん
  • 30代サラリーマンがアセットアロケーションを考える
  • 全世界株式に投資します株式と現金の割合でリスク調整を資産を配分する意味アセットアロケーションとは、日本語でいうと資産配分のこと。ここでいう資産とは、国内/先進国/新興国の株式/債権/REITといった、資産クラスのことを指しています。それを配分するのです。資産クラスごとに、過去データなどから計算されるリスクや期待収益率は異なります。また、各資産クラスは必ずしも連動した値動きとなるとは限らないことから、その組み...
  • インデックス投資で長期縦走へ青井ノボルさんのプロフィール
ごまカツさん
  • ジュニアNISAを検討するぞっ
  • できません。可能であれば、国内株式・債券、新興国株式、先進国株式を組み合わせたバランスファンドがほしいところですが、そんなものありゃしませんし。となると、結局は私自身がつみたてNISAで買い付けている資産クラスのファンドを、ジュニアNISAでも購入するという流れになります。これらの資産クラスを私自身の投資のアセットアロケーションと同じ分配にするとリスクが高いような気もしますが、投下資金の半分を定期預金で確保...
  • ごまかしましょう 勝つまではごまカツさんのプロフィール
gorimutyuさん
  • ロボアドバイザーWealthNavi:メリット・デメリットと使い勝手まとめ
  •  WealthNaviリスク許容度無料診断実際の許容度の確定は、口座開設して最初にログインしてからとなります。投資対象銘柄と運用方法米国に上場されている全てのETF(上場投資信託)銘柄の中から、以下の資産クラスを対象に運用します。?資産クラス対象特徴株式米国株経済成長によるリターン、インフレ対応日欧株経済成長によるリターン、インフレ対応新興国株高い経済成長によるリターン、インフレ対応債権米国債券安定的な資産...
  • 資産運用五里霧中gorimutyuさんのプロフィール
カブ83さん
青井ノボルさん
  • 積立NISAとiDeCo(イデコ)の活用を検討してみた
  • 尽くしていきたいと考えています。 国が用意してくれた、長期投資を実践する個人のための優遇制度です。活用しない手はありません。運用益が非課税となることから、先進国株式や新興国株式といった期待収益率の高い資産クラスを中心に活用を検討するのがセオリーでしょう。具体的にどういった商品で運用するのか、どの証券会社で各制度の口座開設を行うのか、については、また後日書きたいと思います。ワタシの頭の整理にお付き合いいただき...
  • インデックス投資で長期縦走へ青井ノボルさんのプロフィール
mariさん
  • ☆ドル円110.50にSL↑パウエル新FRB議長に試練…米株急落に他試算追随も?☆
  • た密接な相関は市場の転換点に関連していることが多くサンライズ・キャピタルの最高投資責任者クリストファー・スタントン氏は『市場は下落局面への配慮を失っていた。市場には上昇しかないと考えられていた』と指摘資産クラス全般の急騰がレバレッジ、つまり借入金の利用の拡大につながり、その後センチメントの反転を受けて返済のために売りを強いられる借り手が殺到する恐れもそのため一部の投資家は、何らかの調整は避けられないにしても...
  • まり日和mariさんのプロフィール

資産クラスを含むブログ村メンバー

  •  
雄吾さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

資産クラスについて