ローマカトリック教会

ローマカトリック教会についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ローマカトリック教会] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ローマカトリック教会を含むブログ記事

まこさん
  • 啓示録について(4)『サルデス』
  • 誰もいない。かつての神の働きは今は冷たい見せかけだけのものになり、聖霊の力はどこかに行ってしまい、命と力のないものになってしまった。ほとんどのプロテスタント教会は国家教会だった。言うまでもなく、これはローマカトリック教会の模倣だ。そのような教会組織の方法を聖書に見いだすことは出来ない。宗教改革は不徹底で、国家教会、信条、政治力を主要な力にした。(人は何故、信条を欲するのか。人は聖書が用意しているものよりも簡単明瞭なア...
  • 私ではなくキリストまこさんのプロフィール
まこさん
  • 啓示録について(3『)テアテラの教会』
  • 黙想記録ブログトップ記事一覧画像一覧啓示録について(2・・・ »啓示録について(3『)テアテラの教会』2018-01-18 08:56:11NEW !テーマ:ブログテアテラの教会とは中世のローマカトリック教会の時代だが、団体全体が失敗する時、神に忠実な残された民(レムナント)がいた。どのような迫害や苦難を受けても、彼らは恐れることなく神の証を維持する為に勇敢に進み自分の慰めや家族、この世の一切を喜んで犠牲...
  • 私ではなくキリストまこさんのプロフィール
まこさん
  • 啓示録について(2)『エペソ、スルミナ、ペルガモの教会』
  • 腐敗させようとしてくる。圧迫と誘惑がサタンの手段だ。ペルガモの教会はサタンが誘惑を仕掛けてきて、教会の中にバラムの教えを取り入れてしまったことによって神に喜ばれないものとなった。 ペルガモの時、教会はローマカトリック教会の初期の時代であり、テアテラにある教会は、キリスト教をローマ帝国の国教として採用した時から宗教改革時代の教会を代表している。ペルガモの教会は、もはや問題は迫害ではなく、敵の歓迎だ。サタンの微笑みは、彼...
  • 私ではなくキリストまこさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ローマカトリック教会について