金子重輔

金子重輔についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 涙 金子重輔 弟子の師を慕うひたむきな姿
  • [金子重輔] ブログ村キーワード貴方には、尊敬する “人生の師(先生)” がいますか?恋愛、親子愛、同士愛、さまざまな愛の形がありますが、長く続く(場合によっては永遠) のは 『師弟愛』であると思い知らされる。。。それが、『花燃ゆ 第五話 』 ペリーの船に乗り込んで、密航を企てた 寅次郎(吉田松陰) と 弟子 金子重輔。       ↓その後、寅次郎は武士の入る 野山獄へ、 金子重輔は庶民が入れられ・・・続きを読む
  • 薬剤師の不養生 モービック(mobic)さんモービック(mobic)さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

金子重輔を含むブログ記事

orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(5)
  • 敷は萩藩の獄舎になったという。  野山獄は上牢と呼ばれ、藩士、武士の身分の者が入獄する、一方、岩倉獄は下牢と呼ばれ、庶民が入獄するものとされていた。 さて、松蔭とともに密航を計画し、行動をともにした「金子重輔」のことであるが、彼はこの岩倉獄で結核のため病死している、松蔭より1つ年下の享年25歳であった。金子は松蔭と違って足軽の出であった。 そのため江戸伝馬町の獄でも、“ごろつき”などを主として収容する下級...
  • 日本周遊の旅orimasaさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)
  • 旅の記録を、各地ごとにまとめ記載しています、2017-03-02平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)山口県 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)、下田市柿崎の弁天島に立つ吉田松陰と金子重輔の像(下田市提供)『 かくすれば かくなるものと 知りながら  やむにやまれぬ 大和魂 』松陰1854年、日米和親条約を締結したペリー提督は下田に回航し、条約をどのように実施していくか具体的な事項の交...
  • 日本周遊の旅orimasaさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)2017年03月02日 21時26分18秒 |岡山、広島、山口県. 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(3)、下田市柿崎の弁天島に立つ吉田松陰と金子重輔の像(下田市提供)『 かくすれば かくなるものと 知りながら  やむにやまれぬ 大和魂 』松陰1854年、日米和親条約を締結したペリー提督は下田に回航し、条約をどのように実施していくか具体的な事項の交...
  • 国内旅行(G)orimasaさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

金子重輔について