足利義視

足利義視についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [足利義視] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

足利義視を含むブログ記事

g-ishzkさん
  • NHK「英雄たちの選択」応仁の乱〜ダラダラ感否めず
  • というので、期待していたが、あまり目新しいコメントはなかったような気がした。なるほど応仁の乱とはそういう面があったんだという新鮮味が感じられなかった。その反面、それはまずいだろうという発言が目立った。足利義視が西軍についたのは、将軍になるために僧侶をやめたのに、いつまで経っても将軍になれない不満からだろうし、将軍の息子として送り込まれた門跡などの地位はなかなかどうして、政治感覚が必要なのであって、それは呉...
  • 大人のための歴史学g-ishzkさんのプロフィール
まこな。さん
  • 【戦国時代】シリーズ「落日」第1章・5 応仁の乱!の後始末
  • の主導権争いと、将軍家や守護大名家の跡継ぎ争いが積もり積もって勃発した応仁の乱。前回の記事では、将軍・足利義政の弟で、「後継者にする」という約束を反故にされたと思い込み東軍から西軍に鞍替えしてしまった足利義視(よしみ)の動向を中心に、応仁の乱のグダグダぶりを紹介しました。この間も京の市街地だけでなく全国各地で両陣営による小競り合いが発生し、国内は荒れていく一方でした。そもそも「何がどうなったら勝ち」という...
  • そのブログ、雑食系につきまこな。さんのプロフィール
まこな。さん
  • 【戦国時代】シリーズ「落日」第1章・4 応仁の乱! グダグダ編
  • 介した「東軍と西軍が入れ替わっちゃった事件」の主役でありながら世間一般における知名度は非常に低い、そんな男にスポットを当てます。今回の記事の主役は、8代将軍・足利義政(よしまさ)の弟で、元・お坊さんの足利義視(よしみ)。足利将軍家では、跡継ぎ(基本は長男)以外の男の子は小さいうちに寺に預けてお坊さんにする、というしきたりがあり義勝や義政という兄がいた義視も、幕府に何もトラブルがなければ立派なお坊さんとして...
  • そのブログ、雑食系につきまこな。さんのプロフィール

足利義視を含むトラコミュ

足利義稙
  • 足利義稙
  • 足利義視の子。室町幕府第十代将軍。義稙の代は将軍の権威が失墜し、諸国を流転の経歴から島公方、流れ公方と呼ばれる。流浪先の阿波国撫養(現在の鳴門市)で没する。
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

足利義視について