タクロリムス

タクロリムスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [タクロリムス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

タクロリムスを含むブログ記事

VoiceofERさん
  • 【医療関係者向け】これから、経口抗凝固薬の話をしよう
  • 懸念される薬剤があるので、注意が必要です。 ダビガトランの場合、P蛋白阻害薬と併用すると血中濃度が上昇してしまいます。従ってイトラコナゾールは併用禁忌ですし、ベラパミル, アミオダロン, 免疫抑制剤(タクロリムス, シクロスポリン), プロテアーゼ阻害剤(リトナビル等)を併用する場合は減量が必要です。 また、エドキサバンでもP蛋白阻害薬併用時に減量が勧められています。 ワーファリンとDOACsは、お互いの欠点...
  • Voice of ER ー若輩救急医の呟き ーVoiceofERさんのプロフィール
pari88さん
  • 皮膚の機能知って アトピーには新薬も 国立岡山医療センター・浅越健治医長に聞く
  • ピーの治療では、新しい薬も出ていると伺っています。  治療法としては、薬物療法、保湿とスキンケア、悪化因子の除去―が3本柱です。薬物療法では、以前はステロイド剤か保湿剤でしたが、近年は免疫抑制剤であるタクロリムスの塗り薬や、重症患者に対してシクロスポリンの内服薬が使えるようになりました。  さらに今年4月、遺伝子組み換えでつくられるデュピクセント(一般名デュピルマブ)が登場しました。アトピー発症に関わるサイト...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
pari88さん
  • 皮膚の機能知って アトピーには新薬も 国立岡山医療センター・浅越健治医長に聞く
  • ピーの治療では、新しい薬も出ていると伺っています。  治療法としては、薬物療法、保湿とスキンケア、悪化因子の除去―が3本柱です。薬物療法では、以前はステロイド剤か保湿剤でしたが、近年は免疫抑制剤であるタクロリムスの塗り薬や、重症患者に対してシクロスポリンの内服薬が使えるようになりました。  さらに今年4月、遺伝子組み換えでつくられるデュピクセント(一般名デュピルマブ)が登場しました。アトピー発症に関わるサイト...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
pari88さん
  • 皮膚の機能知って アトピーには新薬も 国立岡山医療センター・浅越健治医長に聞く
  • ピーの治療では、新しい薬も出ていると伺っています。  治療法としては、薬物療法、保湿とスキンケア、悪化因子の除去―が3本柱です。薬物療法では、以前はステロイド剤か保湿剤でしたが、近年は免疫抑制剤であるタクロリムスの塗り薬や、重症患者に対してシクロスポリンの内服薬が使えるようになりました。  さらに今年4月、遺伝子組み換えでつくられるデュピクセント(一般名デュピルマブ)が登場しました。アトピー発症に関わるサイト...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
ぴーまんさん
pari88さん
  • 皮膚の機能知って アトピーには新薬も 国立岡山医療センター・浅越健治医長に聞く
  • ピーの治療では、新しい薬も出ていると伺っています。  治療法としては、薬物療法、保湿とスキンケア、悪化因子の除去―が3本柱です。薬物療法では、以前はステロイド剤か保湿剤でしたが、近年は免疫抑制剤であるタクロリムスの塗り薬や、重症患者に対してシクロスポリンの内服薬が使えるようになりました。  さらに今年4月、遺伝子組み換えでつくられるデュピクセント(一般名デュピルマブ)が登場しました。アトピー発症に関わるサイト...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール

タクロリムスを含むブログ村メンバー

  •  
y_r_k_nさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

タクロリムスについて