トマ・ピケティ

トマ・ピケティについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [トマ・ピケティ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

トマ・ピケティを含むブログ記事

Max0627さん
  • レポート作り直し。あと読書
  • (ちくま文庫)作者: 架神恭介出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2016/12/07メディア: 文庫それから経済学部ということで、この本はスラスラ読めるようになりたいなぁと…21世紀の資本作者: トマ・ピケティ,山形浩生,守岡桜,森本正史出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2014/12/06メディア: 単行本経済原論の参考文献として購入した↓も、復習がてら読み進めています。マクロ経済学 新版 (New...
  • 慶應通信学習記録‐経済学部普通課程69期秋‐Max0627さんのプロフィール
兼好さん
  • 私たちは無限の欲望という「呪い」から逃れられるのか
  • 経済成長なき産業革命の時代でも進歩はありうるのか。トマ・ピケティ、ジャック・アタリと並ぶ欧州最強の知性が、このほど『経済成長という呪い――欲望と進歩の人類史』を上梓した。本稿では、人類史という壮大なアプローチから、“閉じてゆく”21世紀世界を読み解く視点を提示する...
  • ランティエの日々兼好さんのプロフィール
あじあんじゃんくしょん2さん
  • 最近読んだ本、「貧困の発明」、「漱石とホームズのロンドン」
  • タンクレード・ヴォワチュリエ、「貧困の発明 経済学者の哀れな生活」この本、メチャメチャ面白い。トマ・ピケティが絶賛なんて書いてあったんでちょっと学問的なとこもある異色の小説家なって思ってたらそんなことはない。ただただ面白い。ジェイソンは海洋生物学者だ。ある朝、事務所に出社すると巨大な垂れ幕が。何じゃこれは、...
  • あじあんじゃんくしょん2あじあんじゃんくしょん2さんのプロフィール
MASUDAさん
  • 一生サラリーマンやって、社長や役員になりたい?会社員の出世の限界と対策。
  • マンとして企業に所属しているかぎり、社長やCEOといってもしょせんは「労働者」。資本の出し手には頭があがりません。孫悟空がいくらがんばったところで、お釈迦様の手のヒラから逃げられないのといっしょです。トマ・ピケティが看破した「r>g」という不等式は、サラリーマンの出世という文脈で見るとこういうことだったんですね。やれ社長だ役員だ、オレは偉いんだと散々マウンティング合戦したところで、結局Gの世界でどんぐりの背比べ...
  • From G to RMASUDAさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

トマ・ピケティについて