トマ・ピケティ

トマ・ピケティについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [トマ・ピケティ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

トマ・ピケティを含むブログ記事

バンコクジジイさん
  • 最低賃金
  • 開する企業の従業員には、各地で異なる時給が支払われている。 はたして同じ仕事に従事する人々の労働の価値に違いがあるのだろうか。 最低賃金に地域差を設ける制度にどこまで合理性があるのかは、疑問である。 トマ・ピケティは『21世紀の資本』で、最低賃金にはそれぞれの国に独自の歴史があり、特有の年代記があると述べているが、欧米主要国では国内一律の基準が設けられている。 アメリカは1930年代に連邦最低賃金を導入した。...
  • バンコクジジイのたわ言バンコクジジイさんのプロフィール
兼好さん
  • 「全国一律1000円」にすべき! 地域別の最低賃金は世界の常識ではない
  • 国展開する企業の従業員には、各地で異なる時給が支払われている。はたして同じ仕事に従事する人々の労働の価値に違いがあるのだろうか。最低賃金に地域差を設ける制度にどこまで合理性があるのかは、疑問である。 トマ・ピケティは『21世紀の資本』で、最低賃金にはそれぞれの国に独自の歴史があり、特有の年代記があると述べているが、欧米主要国では国内一律の基準が設けられている。 アメリカは1930年代に連邦最低賃金を導入した。各...
  • ランティエの日々兼好さんのプロフィール
ドクターSPさん
  • 余裕資金はなくなってもいい資金ではない。
  • 9%です。普通の人の給料を年率6.9%もあげることはできません。安倍総理の大企業へのベースアップの要請は3%でした。しかしその3%ですら達成できないというのが、サラリーマン給料の現実なんだと思います。トマ・ピケティの『21世紀の資本論』では、給料の増加率と資産の増加率は常に資産の増加率が多いということを示したものでした。投資は余裕資金で。これも間違いないですが、将来、安定した生活を送るために必要なことは、余裕資...
  • 医者と始める米国株投資ドクターSPさんのプロフィール
Mikako Husselさん
  • 書評:ヨハン・ガルトゥング著、『日本人のための平和論』(ダイヤモンド社)
  • nnah Arendt著、『Wir Flüchtlinge(亡命者のわたしたち)』(Reclam)書評:浜野 潔他著、『日本経済史1600−2015 歴史に読む現代』(慶應義塾大...書評:トマ・ピケティ著、『21世紀の資本(Das Kapital im 21. Jahrhundert)』(C...書評:半藤一利+保阪正康著、『賊軍の昭和史』(東洋経済)書評:関良基著、『赤松小三郎ともう一つの明治維新...
  • 徒然なるままにMikako Husselさんのプロフィール
天地 はるなさん
  • マルクス・エンゲルス★共産党宣言
  • 登場している。遡って1999年のBBC世論調査では、マルクスが20世紀のもっとも偉大な思想家として、2位のアルバート・アインシュタインを抑えて首位にランクされている。2014年には、フランスの経済学者トマ・ピケティの『21世紀の資本』が45万部を売り上げ、カール・マルクスの理論が大いに脚光を浴びることとなった。・・・・・・・・・・・・・・・・にほんブログ村・・・・・・・・・・・・・・・・...
  • おしゃれ手紙天地 はるなさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

トマ・ピケティについて