耳朶

耳朶についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [耳朶] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

耳朶を含むブログ記事

フッチャンさん
  • 道新拳論72
  • 今回は、道新拳論72ということでかいてみたいと思います。以下聴?〜運?:聴?は耳朶を用いて聴こうとすることではない。また皮膚を用いて相手の?路を感じることである。筋肉の放松を必要とする。注意力が集中して、はじめてその感覚を霊敏にさせることが出来る。運動は、発?前の神経と筋肉の準備で...
  • 意拳修養拳学舎フッチャンさんのプロフィール
ももかずらさん
  • [TLn]究極の甘ラブ婚!: 地味な私がカンペキ御曹司に求婚されるなんてっ!?
  • ブ婚!: 地味な私がカンペキ御曹司に求婚されるなんてっ!? (オパール文庫)三津留 ゆう (著), 北沢きょう (イラスト) ★★★《内容紹介》「今夜は帰したくない」憧れの御曹司・彰彦の囁きが奈緒の耳朶をくすぐる。敏感な部分をなぞられ、愉悦が全身を奔り、もっと触れて欲しいと逞しい胸に縋りつく。快感に濡れた翌朝、住む世界が違う彼との夜を最高の思い出にしようとしたら!?「きみと今後の人生を歩きたい」優し...
  • お好みの明るさももかずらさんのプロフィール
Black Pearlさん
  • Get Going #29
  • 身体中が痺れて熱を持つのを感じる。僕の腕が勝手に動いて、ユノさんの首にしがみついた。息が苦しくなるまでどちらからも離れることができなかった。ようやく唇が離れて、ユノさんの唇はそのまま僕の耳に移動した。耳朶を柔らかい唇で噛まれて、また体が震えた。「も……ダメ……ユノさん……」声まで震えて、やっとそれだけ呟いた。「ん…… 俺も、これ以上は、我慢できなくなる……」小さく呟いて、ユノさんはゆっくりと身体を離し...
  • Fated 王の帰還Black Pearlさんのプロフィール
有沢祐輔さん
  • 短編小説「ラストグッバイ」 7〜体温〜
  • は理性を放棄するように固く目を瞑った。遠くから稲妻が走る。だけどそれはほんの微かな歪みだ。翔さんの吐息と、ベルトを外すカチャカチャという音に到底及ぶ筈がなかった。 夢でも現実でもどっちでもいい。舌先が耳朶に這う頃、僕の理性は完全に崩れ落ちた。抗う理由が無いのだからそれは当然の遭難だった。 (続く) にほんブログ村...
  • 空虚ノスタルジア有沢祐輔さんのプロフィール
もみさん
  • Secret Drive
  • 少年のようなそれでは無くて、大人の…僕だけに向けてくれる欲望を滲ませたものだった「駄目ですか…?」「いや、俺も『本当に』誰にも見られないところに行きたい」繋いだ手をくいっと引き寄せられて身体が左に傾く耳朶を甘噛みされて、耳が熱くなっていた事に今更気付いた余裕の有る振りをしていたけれど、やっぱりユノヒョンの方が上手のよう「愛してるよ、チャンミナ」「僕も…ユノを愛しています」悔しいから、ふたりだけの時の呼...
  • hominismもみさんのプロフィール

耳朶を含むブログ村メンバー

  •  
ろはてさん