菟道稚郎子

菟道稚郎子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [菟道稚郎子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

菟道稚郎子を含むブログ記事

佐月さん
  • 紅葉八幡宮
  • した後の橋本地区には、現在では新たに橋本八幡宮が鎮座しています。◆御祭神神功皇后(息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと) 十四代仲哀天皇の后)応神天皇(誉田別命(ほんだわけのみこと) 八幡の大神)菟道稚郎子命(うぢのわきのいらつこのみこと)(応神天皇の皇子)菟道稚郎子命は子供の守護神として古くから信仰を集めている神様。日本で最初に漢字を学ばれ、勉学に秀でておられたため、学問の神様としても崇敬されています...
  • まにまに。〜想いのままに神社巡り〜佐月さんのプロフィール
やまちゃんさん
  • 宇治へ 2018年11月4日
  • 宇治線で宇治にやってきました。昨年の子供の日にもやってきましたが、時間が遅くなったので宇治上神社の参拝ができなかったのです。ここはそう! みなさんお馴染みの応神天皇 そしてその息子の仁徳天皇 その弟の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が祀られている神社。仁徳さんのお膝元 堺からやってまいりましたよ。弟さんの『うさぎの道』 “菟道” と書いて “うじ” と読んだことからこの地名が宇治となったそうです。なのでウサ...
  • おとうさんのごはんやまちゃんさんのプロフィール
上江洲 規子さん
  • 《強気の女》女神たち 8
  • 」で、仁徳天皇は手も足も出ないんですね(笑)どんだけ奥さんが怖いねんって話です。 でも、仁徳天皇には、どうしても妻にしたい女性がいました。別に惚れてたわけではないんです。ただ、強い友情で結ばれた義弟・菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が、遺言を残してるんですね。「妹の八田皇女を妻にして、一生守ってやってくれ」って。 八田皇女に惚れてようが惚れてまいが、義弟との約束を破りたくはないわけです。恋ではなく、友情なん...
  • 守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える上江洲 規子さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

菟道稚郎子について