菟道稚郎子

菟道稚郎子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [菟道稚郎子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

菟道稚郎子を含むブログ記事

べたももこさん
  • 四葉のクローバーならぬ四本の松葉を見つけに、平塚前鳥神社の幸せの松。
  • 木。 「幸せの松」と呼ばれています。通常、松葉は三本で一つの葉となりますが、この松は稀に四本が一つになっているものがあるそうです。この四本を身につけていると良いことがある言われています。前鳥神社御祭神菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと) 大山咋命(おおやまくいのみこと) 日本武尊(やまとたけるのみこと)この三柱で前鳥大神と呼ばれています。この松の周りをうろうろしましたが結局、四本の松葉はみつかりません...
  • 開運、パワースポットで御朱印めぐりべたももこさんのプロフィール
ひらやんさん
  • 宇治上神社 世界遺産 京都のパワースポットを訪ねて
  • すが、静かで厳かな雰囲気が何ともいえません。宇治上神社は平等院と共に世界遺産に登録されているスゴい神社なんですよね〜。宇治上神社のご祭神祭神は3柱で本殿の覆屋(おおいや)の中に祀られています。・左殿:菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)応神天皇の皇子。学問、儒教を極め頭脳明晰だったそうです。天皇から皇太子に立てられたが、異母兄の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るために自殺したという皇位譲りのお話が...
  • ひろぴーの日本全国 旅日記ひらやんさんのプロフィール
MAIKOさん
  • 世界遺産&国宝の「宇治上神社」にお参りに行こう!
  • ると、本殿があります。本殿が建立されたのは、平安時代の1060年頃で、神社建築としては日本最古。拝殿と同じくこちらも国宝に指定されています。改修等はされているんでしょうが、平安時代の建立ってすごい…「菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)」、「応神天皇」、「仁徳天皇」が祀られていて、学業成就、勝負運、病気平癒、良縁などに御利益があるそう。周囲が木々に囲まれていて、本殿の周囲は少し空気が違うような、本当に神様が出て...
  • 東京から京都に移住したOL 〜旅と古都ライフ〜MAIKOさんのプロフィール
M・ITOさん
  • 原日本紀の復元035 倭の五王〈8〉菟道稚郎子=讃だからできた壹与以来の中国王朝との通交再開
  • 具体的に記されてはいませんが、讃にはおそらく倭国王および安東将軍などの爵号が授けられたと思われます。  では、讃はなぜ、宋建国の翌年に時機を逃さずに通交を再開することができたのでしょうか。それが、讃が菟道稚郎子(うじのわきのいらつこ)だと考えると無理なく説明できそうな気がします。 菟道稚郎子は若い頃から、百済の使いの阿直岐(あちき)や優れた学者の王仁(わに)を師として、多くの典籍に通じたとされます。『論語』...
  • 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

菟道稚郎子について