織田有楽

織田有楽についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [織田有楽] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

織田有楽を含むブログ記事

式子内さん
  • 名古屋つれづれ・禅
  • 今、海外で人気の座禅 ・・先日もNHKTVでその様子が放映されていました。  これは、犬山にある織田有楽斎の国宝茶室 如庵  こちらの掛け軸 京都 建仁寺益州書 円相宇宙を表す(真理)茶の湯も禅から波及・・決して面倒くさいお点前の手順云々よりその場に 座して飲む ・・ただそれだけの事心静かに、の時間がお...
  • 名古屋つれづれ式子内さんのプロフィール
kyoto-fumiさん
  • 正伝永源院に咲く霧島躑躅&躑躅
  • 後細川家が同庵住持に対する帰依は深まり、同家から同庵に出家、住職になるものさえ出てきた。1372年、建仁寺塔頭に列した。 天文年間(1532−55)京都での戦乱以来、正伝院は荒廃し1618年、正伝院は織田有楽斎により再興され、隠居所と茶室「如庵」が建てられた。有楽斎は中興の祖となり、有楽斎の没後1622年、隠居所は正伝院に寄進された。 1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈後、建仁寺塔頭の多くが廃され、無住と...
  • 京都・歴史写真家FUMIの世界kyoto-fumiさんのプロフィール
megらいおんさん
  • きりたんぽ鍋
  • 有楽町の交通会館へきりたんぽの具材を買いに行った。信長の弟、織田有楽斎の屋敷があったことから付けられた町名が「有楽町」。本能寺の変の後には秀吉に付くも、関ヶ原では東軍に付いて家康のスパイとも言われる。そして、有楽町と言えばフランク永井の「有楽町で逢いましょう」。思わず...
  • 人形町からごちそうさまmegらいおんさんのプロフィール
sekiraiさん
  • 仁和寺の茶室 飛濤亭・遼廓亭
  • 亭元は門前にあった尾形家屋敷にあり江戸末期に移築された。尾形光琳好みで、内部は二畳半台目の茶室「我前庵」と主室・次の間(更に控えの間と勝手が有りますがこちらは未見)。我前庵は細部は異なるもののほとんど織田有楽の「如庵」写で特徴的な鱗板もありました。全体的に「如庵」より華奢な造りで、これは芸術家・光琳の好みなのだろう。主室・次の間は真っ直ぐ繋がっておらず小間半ずれて接続されているが、この「ずれ」にも光琳の美...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

織田有楽について