織田有楽

織田有楽についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [織田有楽] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

織田有楽を含むブログ記事

紅雲庵さん
  • 暑中のおもてなし 有楽流宗家織田宗裕先生ご来庵
  • 尾張名古屋のお城の中で嗜まれていた茶の湯は有楽流。創始は織田信長の弟織田有楽斎長益、あの国宝茶室如庵を好まれた方。もちろんお武家さまのお茶、武家茶です。その有楽流宗家家元さまを紅雲庵でおもてなし え? 出来るのか、庵主!皆さまもさぞやご心配かと推察いたします。はい、あたくしも...
  • 紅雲庵 日乗 名古屋の茶の湯 和のあれこれ紅雲庵さんのプロフィール
sekiraiさん
  • 1705 専修寺 安楽庵
  • に定着していったそう。唐門御影堂現存する木造建築では5番目の大きさだそう太鼓門長屋門の上に三層の櫓が載るさてここからが本来の目的入口茅葺の屋根をもつ惣門「雲幽園」庭園茶室(略席)腰掛待合安楽庵千道安と織田有楽の合作とされ道安の「安」と有楽の「楽」で安楽庵と呼ばれる。伝承では元伏見城内にあり豊臣秀吉から藤堂高虎が拝領し、その後に専修寺へ移築されたとされる。躙口と刀掛内部は二畳半台目の席点前座と客座の間に太鼓...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
おもんさん
  • 淀殿の本当の姿
  • 美貌に惚れまくっていた秀吉だけに淀殿のいうことなら信じるしかなかったのかもしれません。秀吉の死後、淀殿は豊臣家を完全に掌握するようになりました。大坂の陣の前には戦を回避しようと働きかけていた片桐且元や織田有楽斎を追放し、更に徳川方が提示した和睦案を蹴るという大胆な行動も見せました。家臣団を騙し、豊臣家世継ぎの母として権力を行使する、これが本当なら大した悪女というしかありませんね。実際、これが定説となってい...
  • 徒然日本史おもんさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
Katsuさん
  • 半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院)
  • 雨の予報が重なったのはラッキー。そのくらい、雨が似合う花、半夏生。苔も青さを取り戻し、夏のお庭らしい雰囲気。白く見えるのは葉っぱが変色した部分。花はホントに地味なんですよ〜。茶室が見える場所から。左が織田有楽斎の建てた名茶室、如庵の写し「??亭」。右がこれからお茶をいただくお茶席がある臨池亭です。さぁ、外庭を歩かせていただきましょう。こちらは以前の両足院への入口。砂庭と踏み石、そして松などの常緑樹で美しい...
  • 花景色 - K.W.C. PhotoblogKatsuさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

織田有楽について