織田有楽

織田有楽についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [織田有楽] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

織田有楽を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20171007-1
  • 05年11月〜2014年12月の記事は、このブログにあります。ブログトップ記事一覧画像一覧20171006-・・・ »20171007-12017-10-07NEW !テーマ:歴史記事紹介織田有楽斎ゆかりの城!知多市大草城は遺構が良く残っています ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座 知多市大草城は遺構が良く残っています. 2017/10/6 東海市・知多市. 愛知県知多市の大草城は、織...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
ひでさん
  • 織田有楽斎ゆかりの城!知多市大草城は遺構が良く残っています
  •  愛知県知多市の大草城は、織田有楽斎(長益)が築城途中で摂津国に移る事になり、築城途中で断念した城です。  知多大野の地を拝領した長益は当初、佐治氏の居城だった大野城に入城しますが、水利が悪かったせいか、平地に大草城を築城します。  ...
  • ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座ひでさんのプロフィール
地回りナベちゃんさん
  • 目利きが選ぶ3冊 2017年10月5日
  • (解説)有楽斎、この戦国一愛すべき男。信長、秀吉、家康だけじゃない――私だって、いるんだよっ!戦国は、英雄だけで語れない。戦国随一の「トリックスター」織田有楽斎は、「本能寺の変」「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」でどう戦ったのか。島井宗室、小早川秀秋、松平忠直も登場する、前代未聞の戦国小説集。(Amazonより引用)もののふ戦記―小者・半助の戦い (時代小説文庫...
  • 日経新聞で紹介された本地回りナベちゃんさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20170930-8
  • 72年には当時、ジャニーズ ... 書評『有楽斎の戦』歴史時代作家クラブ公式ブログ - はてなブログ本書は「本能寺の変」「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」という、戦国史に残る三大事件を時代背景に、それぞれ、織田有楽斎ともう一人の人物を主人公に配した6編の ...●織田有楽斎● 井上和香の母、実は時代劇で活躍した女優だったエキサイトニュース活躍のフィールドはおもに時代劇。なかでも、嵯峨の存在を世に広く知らしめるこ...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
夕茜さん
  • 如庵 内部特別見学会
  • に参加しました。如庵写しの茶室はリッチな茶友が建てていて、何度かお招き頂いた事がありました。お洒落な茶室だと常々感じていましたが、本物はインパクトが違いました。若い頃、時代小説が好きで良く読みました。織田有楽斎は登場頻度が高くて、お馴染みのキャラクターです。主人公というより名脇役だという印象がありました。何冊か読み進めるうちに、信長、秀吉、家康の時代を生き抜く事が出来た、案外したたかな人物ではなかったのか...
  • 茶道の周辺あれこれを / 横浜教室夕茜さんのプロフィール
マッキンさん
  • 荒木村重公など、いい加減戦国武将なんて嫌だ!と思った時オススメの生き方!
  • 鎧を脱ぎ、ひたすら茶器とともに茶の道を極める。茶の道=精神の道、娯楽、文化 極める価値はありますね! しかも、もし、武将たちに気に入られれば、生活にも困らなそうです! 代表的な戦国武将に、荒木村重公、織田有楽斎公がおります!この記事もよろしければご参考に!織田信長公の娯楽「茶の湯」と「茶器」のこだわりと「利休十哲」をご紹介!仏の道を歩む 仏の道を歩む武将は結構いました。 戦国武将として生きられない!と判断...
  • 戦国武将・戦国大名たちの日常マッキンさんのプロフィール
マッキンさん
  • 織田信長公の娯楽「茶の湯」と「茶器」のこだわりと「利休十哲」をご紹介!
  • 監物宛でした!?瀬田掃部公せたかもん?「掃部形」や「さらし茶巾」と呼ばれる点前を考案しました。?高山右近公たかやまうこん?禁教令を出した豊臣秀吉公は右近公の才能を惜しみ、利休を使わせて棄教を促した。?織田有楽斎公おだうらくさい?織田信長公の弟。利休に茶を学び、後に茶道有楽斎流を創始した。?千道安せんのどうあん?利休の長男。茶の道を修め、豊臣秀吉公の茶頭八人衆に数えられた。?荒木村重公あらきむらしげ?織田信...
  • 戦国武将・戦国大名たちの日常マッキンさんのプロフィール
柳居子徒然さん
  • 有楽稲荷の復活
  • 間にひっそりと佇むように建っていた。 始めて其の社に案内された時は、荒れ放題という感じ 正一位有楽稲荷社は参拝してもご利益 霊験が感じられない通リ過ぎる様な存在感の無い小祠だつた。  有楽稲荷の名は 織田有楽齋の故地に因む 信長の弟として生まれ 戦国の世を生き抜く事が出来たのは、大阪夏の陣以降 隠棲して京都の東山 現在の有楽稲荷の辺りに住み 茶道三昧の生活 権力とは無縁権力を凌駕するような生活を送るように...
  • 柳居子徒然柳居子徒然さんのプロフィール
kenさん
  • 古田織部 − 美の革命を起こした武家茶人(感想)
  • ます。 武人との交流は盛んで、まず、伊達政宗・島津義弘・同家久・佐竹義宣・南部利直・毛利秀元・小早川秀包・北条氏盛ら、戦国大名とその一族の人々を門弟としていました。 次に、細川幽斎・同忠興・松井康之・織田有楽・黒田如水・浅野長政・同幸長・大野治房・和久宗是・猪子一時・有馬豊氏・小堀遠州・上田宗箇・金森長近・同可重・ 九鬼守隆・古田重勝・村上頼勝・桑山重勝・同元晴・寺沢広高・竹中重利・別所吉治・藤堂高虎・石...
  • こころの赴くままにkenさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

織田有楽について