織田有楽

織田有楽についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [織田有楽] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

織田有楽を含むブログ記事

sekiraiさん
  • 1705 三溪園 新緑の古建築公開
  • 堀遠州とはライバル的な関係だったよう。聴秋閣を後にし待合を過ぎると次に目指す茶室があります春草廬前述の月華殿と共に三室戸寺金蔵院より移築された茶室。当時は九つの窓を持つ事から「九窓亭」と呼ばれていた。織田有楽斎作とされているが確かな事は分からない。現在の名称「春草廬」ですが、現在東博の庭園にある「春草廬」も原三溪が一時所有しており松永耳庵に後に譲っています。名称を気に入った三溪がこの茶室に名付けたのでしょ...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
Zezesyさん
  • 城 犬山城有楽苑(如庵)  2017/06/03
  • ◆基礎データ如庵創建年 元和4年(1618年)創建者 織田有楽斎旅路 京都祇園→東京麻布→神奈川大磯→愛知犬山特記 現存する国宝茶席3名席のひとつ元和4年(1618年)、利休十哲に挙げられる尾張の国が生んだ大茶匠・織田有楽斎(信長の実弟)が京都建仁寺に建てた茶室...
  • Zezesy's 古都をゆくZezesyさんのプロフィール
hitorimaさん
  • 知られざる国宝はびっくりするぐらい敷居が低かった!〜2017.05.28(2)〜
  • す。海水面が上昇したら、三河湾に浮かぶ島になるのでしょう。その山並みが尽きるところにあるのが曹洞宗の寺院・金蓮寺。愛知県には、国宝に指定された建造物が3件あります。うち2件は、犬山市にある犬山城天守と織田有楽斎愛用の茶室・如庵(じょあん)。そして、三河地方で唯一の国宝建造物が金蓮寺弥陀堂です。源頼朝が家臣に命じて建てさせたという伝承を持ちますが、実際には鎌倉時代中期から後期の建立と考えられています。それで...
  • どこかへ行きたい〜旅に関するあれこれ。ちょい鉄〜hitorimaさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

織田有楽について