ザ・ウォーク

ザ・ウォークについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ザ・ウォーク(ネタバレあり!)
  • [ザ・ウォーク] ブログ村キーワード↓ワン の応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉2016年4本目です。【あらすじ】ワールドトレードセンターの記事を見つけ、綱渡りの目標を定めた主人公フィリップは、仲間を集め、情報を収集する。ビルがあらかた完成し、しかもオープンする前を狙わなければならないためタイムリミットが発生する。完全にスパイ映画の描写だ。【レビュー】こんなにハラハラドキドキしたのは久しぶりだ・・・・続きを読む
  • 必見!ミスターシネマの映画ネタバレ・批評レビュー! ミスターシネマさんミスターシネマさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ザ・ウォークを含むブログ記事

けいさん
  • 「マリアンヌ」
  • ト・ゼメキス、スティーブ・スターキーブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの豪華共演で、戦争の只中で愛し合った二人の過酷な運命を描いたサスペンス・メロドラマ。監督は「フォレスト・ガンプ 一期一会」「ザ・ウォーク」の名匠ロバート・ゼメキス。脚本は「イースタン・プロミス」などの脚本で知られ、異色作「ハミングバード」「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」を脚本・監督したスティーヴン・ナイト。1942年、カサブラ...
  • お楽しみはココからだけいさんのプロフィール
ルーア・ブランカさん
タクヤさん
  • 最後に笑うのは誰?血まみれの家からの脱出ゲーム「ライアー・ハウス」
  • bile最近のコメントヒロインが力強いのはお家芸?映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 に 匿名 より狂気・恐怖・賞賛…地上411m、ワールドトレードセンターを綱渡りした男の実話、映画「ザ・ウォーク」 に ono より狂気・恐怖・賞賛…地上411m、ワールドトレードセンターを綱渡りした男の実話、映画「ザ・ウォーク」 に miyuki より今週いっぱい、お休みします。 に ono より今週いっぱい...
  • がらくたGallery〜海外仰天・面白ニュース速報〜タクヤさんのプロフィール
とえさん
はむさん
  • 自信と振舞い
  • 像に、こだわりがありませんから。今年に入り、TVでOAしてるやつも入れたら30本以上見てますね。邦画・洋画問わず。こないだはBSでやってた健さんと欣也さんの「八甲田山」見てましたから。先月見た、洋画「ザ・ウォーク」ニューヨークのワールドトレードセンターを綱渡りした実話を元にした映画。その中のセリフからインスパイアされた言葉です。大げさな動きは、自信のない証拠。堂々としている時は、自然な動きになる。これは大道芸...
  • 石川県で引き寄せ!はむさんのプロフィール
アンダンテさん
  • 映画「スノーデン」監督オリバー・ストーン
  • 年だった彼が、すべてを失う危険を冒してまでも内部告発をしなければならないと決意するに至ったか、その揺れる心の軌跡を社会派オリヴァー・ストーン監督が描き出した実録ドラマ。主演は「(500)日のサマー」「ザ・ウォーク」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、共演にシェイリーン・ウッドリー。 9.11同時多発テロに衝撃を受けた青年エドワード・スノーデンは、国家の役に立ちたいと2004年に軍への入隊を志願する。しかし過酷な...
  • アンダンテ あっち行ってホイアンダンテさんのプロフィール
Nickさん
  • 『マリアンヌ』 正統派でクラシカルな作品?
  •  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』などのロバート・ゼメキス監督の最新作。 主演にはブラット・ピットとマリオン・コティヤール。 原題は「Allied」。これは「同類の」とか「連合国側の」といった意味らしい。 邦題はこの作品のヒロインの...
  • 日々是口実/映画批評的妄想覚え書きNickさんのプロフィール
とえさん
ターナーさん
  • 『マリアンヌ』
  • 婚し、一人娘を得て英国で幸せな日々を送っていたが、マリアンヌにドイツのスパイ容疑がかかる。ロバート・ゼメキス監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)や『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)『ザ・ウォーク』(15)など、最新の映像技術を駆使して過去をよみがえらせることを得意とする。本作も、第2次世界大戦を背景に、二大スターの共演で壮大なラブロマンスを展開させた、と言いたいところだが、残念ながら道具立て...
  • 田中雄二の「映画の王様」ターナーさんのプロフィール
テラドンさん
  • 「マリアンヌ」を観た
  • ブラッド・ピット&マリオン・コティヤールの二大スターが主演する、1940年代の第二次世界大戦時を舞台にしたヒューマン・ドラマ。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ」、近作では「ザ・ウォーク」のロバート・ゼメキス。本作はラブストーリーの要素が強いが、大きな意味ではヒューマン・ドラマだろう。とても力強い作品であり、あまり期待してなかっただけに嬉しくなる程の傑作であった。 あらすじイギリス人...
  • 映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログテラドンさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ザ・ウォークについて