村上源氏

村上源氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [村上源氏] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

村上源氏を含むブログ記事

ひこいちの歴史研究さん
yumimiさん
  • 日本国憲法の秘密-462-
  • ったので家計は裕福ではなかったという。 岩倉具視は公家である岩倉家に養子に入った人物である。岩倉具視は岩倉家に養子に入った人物で岩倉家とは血の繋がりはない。 岩倉家は第62代村上天皇の皇子を祖とする「村上源氏」の総本家(嫡流系・本家本元)の久我家の支流になる公家である。 岩倉家は鎌倉幕府の源頼朝と対立した源通親の子孫にあたる。 同じ源を名乗っているので分かりにくいが、幕府の源頼朝は武家(武士)であり、源通...
  • by and byyumimiさんのプロフィール
歴史風味さん
  • あの武田信玄より先に風林火山を用いた麒麟児、北畠顕家の物語
  • 代の構図>足利尊氏方=北朝後醍醐天皇方=南朝参考記事:九州統一を目指した男、後醍醐天皇の皇子懐良親王の物語 そして、北畠顕家はこの南北朝時代においてどちら側かというと「南朝側」でした。そもそも北畠家は村上源氏の流れを汲む名門であり、さらに顕家の父親である「北畠親房」は公家であり、天皇の側近中の側近でした。ここまでくると、顕家の立ち位置が見えてきますよ。 陸奥守、北畠顕家後醍醐天皇の戦略は、「日本各地に自分...
  • 歴史風味歴史風味さんのプロフィール
小浜逸郎・ことばの闘いさん
  • 誤解された思想家たち・日本編シリーズその7
  • された末法の時代と考えていました。それなのに、頼朝治世の称賛や、泰時に対する異常なほどの高い評価は、いったいどこから来ているのか。  それは、ひとことで言えば身びいき感情です。というのは、まず親房は、村上源氏(より詳しくは久我源氏)の流れを汲んでいます。頼朝は清和源氏の流れなので、だいぶ系統が異なりますが、それにしても天皇家の皇子が賜った臣籍として同じ源姓を戴いていることのうちには、おのずからな共感ともい...
  • 小浜逸郎・ことばの闘い小浜逸郎・ことばの闘いさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

村上源氏について