畠山政長

畠山政長についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [畠山政長] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

畠山政長を含むブログ記事

山楽さん
  • 京の町歩き(2)
  • とか・・。鳥居を潜ると、右を指して「応仁の乱発祥の地の碑」とあったので、参拝後に行ってみたが、石碑が置かれているだけ・・。解説板には、文政二年・応仁元年(1467)1月18日、この地に陣を敷いた東軍の畠山政長(はたけやままさなが)を西軍の畠山義就(はたけやまよしひろ)が襲撃して「御霊合戦」が起こり、これが発端となって11年間にも及ぶ応仁の乱が始まった・・とあった。今回のコースは観光客も少なく、外国人を見か...
  • 加茂のフクロウ山楽さんのプロフィール
坂の上のヒゲおやじさん
芳瑩さん
  • 応神天皇陵を守る「誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)」
  • されます。先日「歴史秘話ヒストリア」で畠山義就からみた「応仁の乱」を放送していました。室町時代、河内守護は三管領の1つ畠山氏が世襲し、畠山基国・満慶・満家・持国と続いた。しかし、持国の跡目を巡って甥の畠山政長と息子の畠山義就が争いを続け、これをきっかけの一つとし、足利将軍家や守護の家督相続問題も絡んで、日本の大半の地域を二分する応仁の乱が勃発した。応仁の乱が終息しても、両畠山氏の戦いは継続し、河内は戦国時...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 赤沢朝経率いる京軍の大和侵攻〜奈良の戦国
  • けで・・・そんな地元のうちの一つが大和国(やまとのくに=奈良県)でした。ここは、かの応仁の乱の口火を切る御霊合戦(ごりょうがっせん)(1月17日参照>>)をおっぱじめた畠山義就(よしなり・よしひろ)と畠山政長(はたけやままさなが)らの河内畠山氏ドロ沼家督争い(7月17日参照>>)の影響をドップリ受けてる場所だったのです。この河内畠山氏は、河内(かわち=大阪府東部)・紀伊(きい=和歌山県&三重県南部)・山城...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

畠山政長について