悟性

悟性についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [悟性] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

悟性を含むブログ記事

ゆっきーさん
  • 【役に立つ哲学シリーズ】カントは極限的な恋愛論だ
  • トですが、だからこそなのか、『純正理性批判』悲痛な恋愛論に読めます。カント入門はいろんな用意されているのですが、私はやはり下記の正統的な概念から入るのが良いと思います。【感性】:日常的な美の感覚能力【悟性】:常識的な判断の能力【理性】:行動につながる統合の能力【感性】もしも願いが叶うなら吐息を白いバラに変えて逢えない日には 部屋じゅうに飾りましょう 貴方を想いながら【悟性】Darling, I wan...
  • 文学していたゆっきーゆっきーさんのプロフィール
ハラミッタさん
  • カントの崇高論
  • 猛り狂う力を前にして、その想像を絶する自然の広さや力を、理性によって無理矢理想像させられることに苦しみながらも、その苦しみの彼方から理念的な地平が開け、そこから湧き上がる感情のことである。美の感情が「悟性と構想力の自由な遊び」からもたらされる合目的で調和的な快感であり、したがって生を促進するような感じを与えるものであるのに対して、崇高の感情は、いったん阻止された生の力が奔出するときにの快の感情であり、...
  • 思想家ハラミッタのおもしろブログハラミッタさんのプロフィール
本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさん
  • 『教会教義学 神論?/2 六章 ?の現実(上)』「二十九節 神の完全性」(その3−3)−1
  • 永遠性を本質とする三位一体の神に対して≫)完全に隠されている」のである。何故ならば、われわれ人間は、人間論的な自然的人間であれ、教会論的なキリスト教的人間であれ、誰であれ、「『自分の理性や力(≪感情、悟性、意志、自然を内面の原理とした禅的修行等≫)によっては』全く信じることができない」(『福音主義神学入門』)・「肉であって、それ故に神ではなく、そのままでは神に接するための器官や能力を一切持っていない」...
  • 本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へ本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさんのプロフィール
未来のための哲学講座さん
  • 哲学の再構築 情念論 まとめ&更新情報
  • 6-1650))・不安の過剰が〈恐怖〉の一種7.8 自由意志論・認識の欠陥による不決定な状態は、程度の低い自由である。また、真と善を明晰に見たときの躊躇のない判断・選択は自由を減少させるものではない。悟性には到達し難い一層広い範囲にまで、意志は及び得る。これが自由意志であり、誤りと罪の原因でもある。(ルネ・デカルト(1596-1650))・悟性の及ぶ範囲を広げようとすることも、また、意志に違いない。(...
  • 横断整理編 未来のための哲学講座未来のための哲学講座さんのプロフィール
未来のための哲学講座さん