半鐘

半鐘についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [半鐘] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

半鐘を含むブログ記事

菊水山日記さん
  • 今どきの蝶との出会い/菊水山
  • リックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«ついて行けなかった?アサギ... |トップ |このブログの人気記事神戸・六甲山のイノシシ菊水山1週間 鳥形半鐘蔓も鵯越〜ひよどり展望公園〜湊川散策ホトトギスが鳴き始めました菊水山にオオムラサキ登場!!梅雨の晴れ間、菊水山のさわやかな一日菊水山の今、何もない冬 2 2017菊水山の出会い9 ツマグロヒョウモンヒ...
  • 菊水山日記菊水山日記さんのプロフィール
マルハシさん
  • 44. 庄内空港の横でキャンプ。
  • 0朝が迎えられてありがたく感じます。歩道にまたしても草が発生。私のリアバックが鞭を打たれるのか、車道のトラックを横目に見るのか、選択は、難しい。グーグルマップ歩道編で坂を上りきると金の鐘がありました。半鐘のようにもみえます。ゴミを捨てに来た人に聞いてもわかりませんでした。西浜キャンプ場に寄ってみました。ライダーがいるので安価な所だなと思いました。ママチャリダーを発見前には、ギアがなく、後ろ5段でした。...
  • マルハシの自転車で日本ぶらり旅マルハシさんのプロフィール
マミさん
黙翁さん
tsubameさん
  • そして12月公演配役「変化に富んだ内容と曲調」
  • 間を忘れてご覧戴けます。もう一本はお馴染みの「伊達娘恋緋鹿子」。火の見櫓の段は繰り返し舞台に掛かる人気の曲ですが、その前の「八百屋内」は上演される事の少ない場。吉三に宝刀を届ける為命を懸けて火の見櫓の半鐘を打つお七。その情熱の源がより深く伝わって、いつもの火の見櫓の段に何倍も感動する事疑いなし。見逃せません。何かとお忙しい年の暮ではございますが、変わらぬお越しをお待ち致します。豊松清十郎 豊松清十郎...
  • 豊松清十郎、焦らず、怠けず、諦めず。tsubameさんのプロフィール
野に還るさん
  • 秋の浅間嶺を歩く
  • ウとぎっしりと詰め込まれて咲いている。 ツリフネソウは依然山行中に白花種に出会ったことがあったが、それ以来探しているが 今なおお目にかかれないでいる。林道から少しショートカットし山道に入る。斜面に立つ半鐘小屋 人家の裏手に咲くヒガンバナ キバナアキギリも多い。 再び林道へでた。コマツナギこれはイヌコウジュだろうかアザミの花には虫たちがひっきりなしに訪れる。花の蜜が枯れることはないのだろうかと要らぬ心配...
  • 野に還る野に還るさんのプロフィール
ウィリアムのいたずらの開発日記さん
wtabiさん
  • 楓橋夜泊
  • 唐の時代に張継が詠んだ詩で有名です。鐘楼の近くに「楓橋夜泊」が刻まれた石碑があります。月落烏啼霜満天(月落ち烏啼きて霜天に満つ)江楓漁火対愁眠(江楓漁火愁眠に対す)姑蘇城外寒山寺(姑蘇城外の寒山寺)夜半鐘聲到客船(夜半の鐘声客船に到る)という七言絶句ですが、これが何故有名かというと、日本で教わる漢文の教科書に載っているからです。それ故、日本人のツアーによく組み込まれるとのこと。しかし、中国人の若い女性...
  • こんなところに行ってきたwtabiさんのプロフィール