アイリング

アイリングについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アイリング] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アイリングを含むブログ記事

かめまるこさん
  • すみだ水族館(マゼランペンギン) &ペンギン ハイウェイ &かめまる+ポケモンGOミューツー
  • リー「雅」でした(^O^)/☆ペンギン・ハイウェイ昨日 観に行ってきました(^O^)/夏休みに、行こうと思ってたら、最終日でした(^^;)映画に出てくるペンギンは、「アデリーペンギン」目の周辺が白色のアイリングと、白黒のツートンカラーが特徴。Suicaペンギンも、アデリーペンギン(^O^)/ペンギンが、主役かと思ったら主役は、小学生4年生の男の子。お話しは、日本SF大賞を受賞した小説をアニメーション映画化し...
  • かめまるこ便りかめまるこさんのプロフィール
まりねこさん
  • 久々の鳥見
  • も何とか撮れた写真をアップします。後ろ姿ですが、コゲラです。木をつつくドラミングの音で、何とか私でも気づくことができました。上のに二枚はコサメビタキです。出会う確率も高くて、撮影しやすかったです。白いアイリングがかわいかったです。シジュウカラもよく見かけました。おなじみのスズメの姿も。公園内はまだまだ倒木も多くて、飛騨の森は私が行った時は立ち入り禁止でした。それでもあちこちに野鳥撮影の方が来ていました。なか...
  • 光のうたまりねこさんのプロフィール
セネきちさん
  • ブンチョウ
  • 、ヒナのうちはまず判別不可能だと思っておきましょう。成鳥になれば少し特徴が出てきて、基本的にはオスのほうがやや大きくがっちりした体つきになります。オスの特徴頭がメスに比べると平らです。あとは目の周りのアイリングが真っ赤に近く、クチバシも同じように赤く、そして盛り上がっています。脚はメスよりオスのほうが太いです。生後半年ごろになると、さえずりの練習を始めるのですが、ちゅるちゅる、グジュグジュ、言い始めたらほぼ...
  • しんじつのふわふわずかんセネきちさんのプロフィール
ホロホロさん
  • クリッと可愛い目をした「コサメビタキ」
  • 」2018-09-19 22:22:22 |水元公園渡りの夏鳥の都市公園などへの立ち寄りが始まりましたね。コサメビタキとキビタキメスに出会えました(9月13日)コサメビタキクリクリした目、プラス、白いアイリングでことさら大きく愛らしいお目目に見えるコサメビタキツミ 幼鳥ですかね・・・コサメビタキの姿が急に見えなくなったと思ったら、ツミさんのご登場だったのです。森の中ではキビタキ♀キビタキも可愛らしい小鳥です...
  • tek-tekウォーキングホロホロさんのプロフィール
隙間時間さん
  • 小さなシギチたち
  • 見えます。ミユビシギの方がひと回りも大きい。ミユビシギとコチドリシロチドリ (17cm)チドリ種のなかで国内最小のコチドリですが、鳥見歴の浅い私は観察場所によって小さく見えたり、大きく見えたりします。アイリングの薄い幼鳥ではイカルチドリとの区別は困難です。まだまだ、眼力が足りません。(汗)このような姿勢をとられると、大きく見えてしまいます。干潟のコチドリ。やや上方から見下ろす視点では小さく見えるのですが・・...
  • 沖縄野鳥 by 隙間時間隙間時間さんのプロフィール
宮城・仙台ペットショップ鈴花さん
  • ボタンインコ|各種小鳥販売/ペット仙台/名取市
  • は「ラブバード(love bird)」と呼ばれています 愛情深い性格なので、1羽だけで飼うと飼い主さんにいっぱい甘えてくれます。 大きさは13.5~17cm、体重は35~50gほど目の周りにある「白いアイリング」と「赤いくちばし」が特徴的です ペットショップ鈴花 http://www.ciwawa.com/index.htm営業時間10:00〜19:00TEL:022-290−5497 仔犬情報ht...
  • ペットショップ鈴花仙台のブログ宮城・仙台ペットショップ鈴花さんのプロフィール
武漢オナガ Toshiさん
  • 「吉村昭とコシヒカリ1」
  • d to say, if you don’t find the information in three minutes, it might as well not exist.)」そして、上司からフアイリングについて学び、それは賢く働くためのもう一つの方法だ、と言うのだ。 今回の「吉村昭とコシヒカリ」の新聞記事は、3分以内に出てきた。それがうれしい。(続く)(写真)3分以内に探し出した約3年前の新聞記事。...
  • 元日本語教師日記「のびのび」武漢オナガ Toshiさんのプロフィール
Mick_Kniceさん
  • 渡りが始まった 9.17更新
  • 葉が繁り見通しがきかないが、探せば鳥の姿が見つかるようになった。避暑から帰ってきた留鳥や渡りの鳥が来たようだ2週間ほど前から目撃報告があったサンコウチョウにようやく会えた。もう最後の集団なんだろうか、アイリングのない幼鳥だった先週も会ったコサメビタキ。サルスベリの花の前にとまったエゾビタキも来た。ミズキの実はカラスが食べてしまってあまり残っていないキビタキもかなりやって来たが、ほとんどは♀タイプようやく一羽...
  • きへんのあしあとMick_Kniceさんのプロフィール
しにかけの笑うネコさん
  • サンコウチョウさん  9/18
  • お山から 鳥さん達が降りてくる季節となりました・・ホイホイという懐かしい声がするので お庭を探すと サンコウチョウのオスさんが居ました・・美しいアイリング 華やかな尾羽はもうありません・・南の方に帰るのですね!また来てね〜♪...
  • カワセミしにかけの笑うネコさんのプロフィール
野牡丹えるかさん
  • エゾビタキ、サメビタキ
  • ラ、コゲラ、アオゲラなど留鳥たちが混じる。↓広葉杉のてっぺんにとまっている鳥は胸の縦斑がくっきりしていて、エゾビタキで間違いなさそう。問題は右側を飛んでいる方、胸の模様はぼやけた縦斑だ。↓エゾビタキのアイリングははっきりしないのに対し、飛んでいる方は白いアイリングがくっきりと見える。この二点からサメビタキかな?と思う、そうだと嬉しいのだけれど(数が多くないらしく他二種より見る機会が少ないし、いても見分けにく...
  • とりのこころ こころのとり野牡丹えるかさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

アイリングについて