細胞表面

細胞表面についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [細胞表面] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

細胞表面を含むブログ記事

漢方のグリーン薬局さん
  • ガン細胞・神戸
  • 常化しようとします。・ガン抑制遺伝子が生まれつき備わっており、傷ついた遺伝子を修復します。・修復がダメな時は、その細胞が自滅(アポトーシス)するように誘導します。・自滅がダメな時は、正常細胞のSas(細胞表面にあるタンパク質)がガン細胞のタンパクと結合して、ガン細胞の増殖能や生存能を著しく低下させ、ガン細胞を無くしていきます。・NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は独自でガン細胞やウィルスを見つけて殺します。...
  • 漢方・漢方薬、気功、鍼灸古典医学おまかせブログ漢方のグリーン薬局さんのプロフィール
usa123_1さん
  • 「光免疫療法/近赤外線で治療 がんセンター3月から治験へ」
  • )部がん患者を対象に実施する。同療法の実用化を目指す米製薬ベンチャー「アスピリアン・セラピューティクス社」が13日にも発表する。同療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した。がん細胞表面のたんぱく質に結びつく「抗体」に、近赤外光によって反応を起こす化学物質を付着させ、患者に注射。患部に近赤外光を当てると化学物質が反応し、がん細胞の細胞膜を傷つけて死滅させる。にほんブログ村の前立腺がん...
  • 前立腺がん病状経過usa123_1さんのプロフィール
pari88さん
  • 費用は約1万円 予防でインフル治療薬投与はどこまで有効なのか
  • 。インフルエンザウイルスはそのままの状態では細胞にくっつけない。呼吸器と腸管などにあるプロテアーゼと呼ばれるタンパク質分解酵素に、ウイルス表面にあるヘマグルチニン(赤血球凝集素)が触れることで活性化。細胞表面のシアル酸レセプターと結合し感染力を持つ。  その後は細胞の飲食作用により細胞内に取り込まれて大量のウイルスを作成。新たなウイルスが細胞を離れるときは、ウイルス表面にあるノイラミニダーゼでシアル酸レセ...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
pari88さん
  • 費用は約1万円 予防でインフル治療薬投与はどこまで有効なのか
  • 。インフルエンザウイルスはそのままの状態では細胞にくっつけない。呼吸器と腸管などにあるプロテアーゼと呼ばれるタンパク質分解酵素に、ウイルス表面にあるヘマグルチニン(赤血球凝集素)が触れることで活性化。細胞表面のシアル酸レセプターと結合し感染力を持つ。  その後は細胞の飲食作用により細胞内に取り込まれて大量のウイルスを作成。新たなウイルスが細胞を離れるときは、ウイルス表面にあるノイラミニダーゼでシアル酸レセ...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
yakuzaiさん
  • ゾフルーザはエンドヌクレアーゼ阻害薬?
  • 内でのキャップ依存性エンドヌクレアーゼを阻害することで、ウイルスのmRNAの複製段階においてその複製を阻止する。タミフル・リレンザ・イナビルはノイラミニダーゼ阻害薬ですが、これらの薬は、ウイルスを感染細胞表面から遊離させるノイラミニダーゼの働きを阻害する、つまり、ウイルスを細胞内に閉じ込めてウイルスの拡散を防止する薬です。 それに比べて、ゾフルーザはウイルスの増殖そのものを阻害するため、より早い、より高い...
  • くすりの勉強 -薬剤師のブログ-yakuzaiさんのプロフィール
黒田真生さん
  • デカリニウムトローチの効果
  • ペクトルを有するビス第4級アンモニウム化合物である抗菌活性は、細胞膜通過性の亢進およびそれに続く微生物の酵素失活作用にもとづく細胞膜透過性に対する作用は、次のような機序にもとづく。すなわち、?微生物の細胞表面に吸着後、細胞内に取り込まれる、?細胞膜に結合、複合体を形成しタンパク質を沈殿させる、?細胞膜は濃度依存的に溶解され、浸透圧交換をもたらす微生物細胞内に吸収された後の、タンパク質や物質代謝に対する作用...
  • 薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで黒田真生さんのプロフィール
まるふくさん
  • からだの死細胞を取り除く仕組みの解明
  • トーシスと呼ばれるプログラムされた細胞死(ヒトでは1日約3,000億個)を起こし、マクロファージなどの食細胞によって速やかに処理されます。初期のアポトーシス細胞は「イートミー(私を食べて)」シグナルを細胞表面に提示し、これがマクロファージに認識されることによって除去されます。このマクロファージによる死細胞の認識に異常があると自己免疫疾患に至ることが知られていますが、詳しい分子メカニズムはよく分かっていませ...
  • 糖鎖ブログまるふくさんのプロフィール
おじさん薬剤師さん
  • 急性リンパ性白血病治療薬「キムリア」1回5300万円
  • ルティスの癌領域の研究開発 〜キムリア(CAR-T細胞療法)〜 適応症 急性リンパ性白血病で再発・難治性の25歳以下の患者急性リンパ性白血病とはB細胞が癌化して増力する疾患です。癌化したB細胞表面にはCD19という腫瘍抗原が多く発現します(通常のB細胞にもCD19は発現しています)薬効 患者様本人から採血した血液の中からT細胞を抽出し、低温状態に保管してノバルティスの細胞加工施設へ輸送します。...
  • おじさん薬剤師の日記おじさん薬剤師さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

細胞表面について