細胞表面

細胞表面についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [細胞表面] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

細胞表面を含むブログ記事

株投資クラブさん
  • 低温電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ
  • )はどのような分野で役立つか?低温電子顕微鏡(分子イメージング)はやはり創薬分野で役立つものと考えられる。分子の中でも病気の原因となるタンパク質が次々に明らかになってきており、低温電子顕微鏡で解析する細胞表面に存在する膜たんぱく質は医薬品開発の重要なターゲットとなっているようだ。低温電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 一覧6951?? ?日本電子7731?? ?ニコン低温電子顕微鏡関連銘柄(分...
  • 株式投資クラブ〜テーマ株まとめ〜株投資クラブさんのプロフィール
健龍さん
  • 【バベンチオ(アベルマブ)】って?効果効能・副作用を紹介!
  • 治療メルケル細胞にはこのような特徴があります。バベンチオってどうやって効くの?バベンチオの有効成分アベルマブは、ヒトPD-L1抗体です。PD−L1とはどんな物質なのでしょうか? PD−L1はがん細胞が細胞表面に提示するたんぱく質で、免疫細胞のPD−1と結合する性質を持ちます。 免疫細胞は異物であるがん細胞を排除する働きをする細胞なのですが、PD−L1とPD−1が結合すると、排除の動きが抑制されることがわか...
  • 健康TIPS健龍さんのプロフィール
いろいろでセカンドライフさん
  • 細胞表面の糖鎖、血液型より大事なこと
  • 血液型って、赤血球表面の糖鎖により決まると言うのはいまさらの話ですけど、細胞の表面には、この糖鎖が林立し、一面に広がる森林のようになっているんですね。知りませんでした。細胞表面の糖鎖があなたに語りかけようとしていること細胞の糖質は実際とても複雑で みなさんが微小の飛行機になって 細胞の上を飛んで 細胞の表面を見下ろしたなら こういう風に 地勢でも見ている感じでしょう この低...
  • 軸足の定まらないセカンドライフいろいろでセカンドライフさんのプロフィール
黒田真生さん
  • キノロン抗菌薬の副作用に関して
  • おけるキノロン関連関節症が生じると報告されている典型的には、投与開始後数日以内に関節痛・硬直・腫脹などが生じる通常、投与中止後数日から数週間で回復するキノロン関連関節障害の推定されるメカニズムは、軟骨細胞表面のインテグリン受容体の機能変化に寄与する、マグネシウムのキレート化である別のメカニズム仮説として、in vitroレベルで欠損プロテオグリカンや欠損プロコラーゲンの合成が関与する可能性が示唆されている...
  • 薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで黒田真生さんのプロフィール
らくらく仕事道 ブログ村さん
  • 想いは一人では実らない
  • 胞と細胞のコミュニケーション」です。情報交換により、細胞内の分子や遺伝子の活動を変化させ、その結果として情報に応じた変化を遂げます。具体的には、サイトカインやホルモンといった細胞外分泌分子群、あるいは細胞表面に存在する蛋白質分子群です。十年も前ですが、上海第二医科大学にて臓器移植の研究の話を先生としていた時、臓器と臓器の細胞と細胞に何らかのシグナル伝達があるのではと提案し、話が数時間に及んだことを思いだし...
  • らくらく仕事道らくらく仕事道 ブログ村さんのプロフィール
有栗生朗さん
  • むずむず脚症候群で眠れないので育毛剤を止めることにした
  • ようです。カフェインとむずむず脚症候群カフェインというのが寝つきを悪くすることは周知のとおりですが、このむずむず脚症候群もカフェインの摂取と関係しているらしいとのことです。アデノシン受容体とカフェイン細胞表面にはアデノシン受容体というものがあり、特にドーパミンと呼ばれる興奮や覚醒状態を司る神経細胞が豊富に存在する場所には、アデノシン2A受容体というものが多く発現しているそうです。普段はアデノシンがアデノシ...
  • 50歳でアーリーリタイア。幸せな生き方を模索中。有栗生朗さんのプロフィール
代替医療師 Vanillaさん
  • 妊婦は みーんな糖尿病 ?
  • 徳島大学などの研究チームは、肥満があると、遊離DNAの断片の濃度が高くなることを、肥満のヒトとマウスの細胞で確かめた。血液中の遊離DNA断片の量がインスリン抵抗性の指標と相関しているという。  動物の細胞表面にある受容体タンパク質である「Toll様受容体9」は、本来であれば細菌やウイルスなどに反応し免疫反応を引き起こす。しかし細胞が肥満していると、脂肪細胞から遊離したDNA断片が「Toll様受容体9」によ...
  • 代替医療師Vanillaの美は心と体から 代替医療師 Vanillaさんのプロフィール
discoverx4649さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

細胞表面について