予備罪

予備罪についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [予備罪] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

予備罪を含むブログ記事

たかりん。7さん
  • (2368)『2368 北山特集在日コリアン弁護士協会?』解釈入れて
  • 申請をしたときには、法務大臣は許可をするものと規定され5、覊束的に特別永住権が認められる点で、一般永住等の中長期在留資格と異なります。加えて、特別永住者の退去強制事由は、内乱罪、外患誘致罪及びそれらの予備罪、陰謀罪、幇助罪で禁固刑を受けた場合等のほか、無期又は7年を超える懲役又は禁錮に処せられ、かつ法務大臣が日本の重大な利益が損ねられたと認定した場合に限られ6、一般永住等の中長期在留資格に比べて非常に狭...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2358)『2358 ら兵庫県弁護士会???』解釈入れて
  • 規定の創設を行う必要がない。なお,国内のテロ対策については,我が国は,テロ関連主要条約の全てを批准しており,条約上の行為を国内法で犯罪と規定している。また,未遂に至らない段階からの処罰規定である多くの予備罪に加え,銃刀法・ピッキング防止法などテロ準備段階に対処可能な犯罪規定が既に多数設けられており,新たな立法を待つまでもなく未然防止が可能である。 3 本法案は「共謀罪」法案を厳格化していないこれまで当会...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2356)『2356 ら神奈川弁護士会?』解釈入れて
  • い。 i. 新法案の「計画」とは,旧法案の「共謀」の言換えに過ぎない。処罰要件として加わった「準備行為」については,「その他の準備行為」という形で記載され,資金の取得等は例示列挙に過ぎないことになり,予備罪における予備行為のようにそれ自体が一定の危険性を備えている必要もない。「準備行為」の概念は,あいまいかつ広範であり,これにより処罰対象が限定されているとは到底言えず,罪刑法定主義の観点からも問題がある...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2345)『2345 ら特集岡山弁護士会?』解釈入れて
  • 段階から尾行や監視が可能となることが明らかになるなど,問題点は解消されるに至っていない。また,同法案が既遂処罰という我が国の刑法の基本原則に反することはこれまでにも繰り返し述べてきたことであるが,既に予備罪が規定されている強盗罪等について,同法案に基づく共謀罪の方がその予備罪よりも法定刑が重いという不均衡が生じる点についてもなんら合理的な説明がない。同法案については,日本弁護士連合会及び全国52の弁護士...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2342)『2342 どんたく滋賀弁護士会?』解釈入れて
  • あるうえ、「計画」と「共謀」は「犯罪の合意」と同義であって、両者は実質的に何ら変わることはない。また、新法案は、「犯罪の実行の準備行為」を新たな要件として付加している。しかし、「準備行為」は、いわゆる予備罪・準備罪における予備・準備行為と異なり、当該行為自体の危険性を要さないため、例えばATMにおける預金の引出し行為など日常的な生活活動も広く「準備行為」とされかねず、恣意的な解釈により処罰される行為の範...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2337)『2337 ら特集山梨弁護士会?』解釈入れて
  • なり、その範囲は非常に広範にわたることになる。3. 共謀罪の新設は、「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」を批准するための国内法の整備のためと説明されている。しかし、現行法上、重大犯罪について予備罪、陰謀罪が存在するうえ、判例上共謀共同正犯理論により、予備罪の共謀共同正犯、他人の予備についても処罰が可能となっている。同条約を締結した諸外国で共謀罪を新設したのはノルウェーとスウェーデンがあげられる...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2336)『2336 ら特集山梨弁護士会?』解釈入れて
  • る。しかし、「計画」とは「犯罪の合意」と同義であり、その法的性質は「共謀」と何ら変わることはない。また、新法案では、「犯罪の実行の準備行為」を新たな要件として付加している。しかし、資金の準備等といった予備罪・準備罪における予備行為・準備行為より前段階の危険性の乏しい行為を広範に含む可能性があり、極めて抽象的で恣意的な解釈が可能であって、処罰範囲を限定するような機能を有しておらず共謀罪の危険性は変わること...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2328)『2328 どんたく岐阜弁護士会?』解釈入れて
  • ものではない。我が国は既にハイジャック防止のためのハーグ条約やシージャック防止条約、プラスチック爆弾防止条約などのテロ防止のための13の条約を締結し、国内法も整備されている。また、重大犯罪については、予備罪や準備罪、共謀罪、陰謀罪などが既に処罰対象とされている。このように、政府が理由に挙げている条約はそもそもテロ防止のための条約ではなく、我が国は既にテロ防止のための条約を締結して国内法を整備し、テロ等の...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
ヨネヤマさん
  • 【刑法判例】傷害罪の共同正犯の成立範囲 (平成24年11月6日最高裁)の要点をわかりやすく解説
  • ナー・刑法の解説コーナーサイト内検索関連記事スポンサードリンクツイートタグ : 共同正犯「【刑法判例】練馬事件(共謀共同正犯)(昭和33年5月28日最高裁)の要点をわかりやすく解説」「【刑法判例】殺人予備罪の共同正犯 (昭和37年11月8日最高裁)の要点をわかりやすく解説」スポンサードリンクサイト内検索PV数ランキングリラックス法学部へようこそ (30,513pv) リラックス法学部へようこそ! サイト...
  • リラックス法学部ヨネヤマさんのプロフィール
ヨネヤマさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

予備罪について