沖津宮

沖津宮についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [沖津宮] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

沖津宮を含むブログ記事

古代日本国成立の物語さん
  • 宗像大社(北九州実地踏査ツアー No.15)
  • トより。宗像大社は天照大神の三柱の御子神をおまつりしています。三女神のお名前は 田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)と申し上げ、田心姫神は 沖津宮(おきつぐう)、湍津姫神は 中津宮(なかつぐう)、市杵島姫神は 辺津宮 (へつぐう)におまつりされており、この三宮を総称して「宗像大社」と申します。広大な駐車場に車を停めて境内に向かうと、鳥居の脇に「...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
赤伊 陽炎さん
  • たけしが挑む英雄の死”新・世界の七不思議大百科?”
  • たけしが挑む英雄の死”新・世界の七不思議大百科?”2018-01-05 23:02:29 |Weblog ? 聖徳太子の死の謎沖ノ島に聖徳太子の死にまつわるものがあるという。ここには沖津宮という宮がある。そこには宝物がたくさんあるという。沖ノ島は一木一石一草と言って、何も持ち込むな、何も持ち帰ってはいけないという教えがある。つまり沖ノ島に生えているものあるものは取ってはいけませんという...
  • 陽炎日記赤伊 陽炎さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 立岩遺跡・飯塚市歴史資料館(北九州実地踏査ツアー No.14)
  • 東へ航行すると出雲に至る。ここが投馬国。さらに水路と陸路により邪馬台国に到着。そこは大和の纒向。これが私の考えです。さて、次の訪問地は世界遺産に登録されたばかりの宗像大社。境内にある神宝館には宗像大社沖津宮のある沖の島で見つかった8万点にも及ぶ出土品の数々が展示され、これらは全て国宝に指定されている。この宗像大社訪問は佐々木さんの強い希望でもある。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

沖津宮について