恋情

恋情についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [恋情] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

恋情を含むブログ記事

古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 万葉集3617番歌の「蝉」はツクツクボウシである説
  • d34f76a1f797d7b6e50)」) 佐々木民夫『万葉集歌のことばの研究』(おうふう、平成16年)に、「万葉集の「ひぐらし」の歌にみられるのは、日の暮れ、夕方に鳴くセミの声を聞くことによって、恋情や鬱屈といった内面の晴れやらぬ心情が迫り上る作者の心情提示であった。景と情の融合であった。萬葉集が、「蝉」(一首はあるが)ではなく、歌のことば「ひぐらし」を取り上げ九首に歌ってあることは、そして、「日...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
スノさん
  • コードネーム普憫!腐女子から天使を奪還できるか?!3章_7
  • られるのも、初めての口づけも…そして初めてのその先も…全部全部ギルベルトがいい…あの少し薄い形の良い唇に口づけられ、あの少し骨ばった大きな手に身体中を触れられたい…今更ながら自覚した偽りの恋人に対する恋情と劣情……だが今目の前にいるのはねっとりとした雰囲気のたらこ唇に脂っぽそうな丸い手の変質者で、それらが自分に触れるのかと思うと、思わず寒気を感じて身震いする。そんなアーサーの内心の思いにも気付かず、男...
  • Private Roomスノさんのプロフィール
桂木嶺のGO TO THE THEATER!〜Life is beautさん
  • 米吉に六世歌右衛門の面影を見る〜伝統歌舞伎保存会「本朝廿四孝 十種香・奥庭」を観る
  • 性は、今日の若手女形随一のものであろう。ときにきんきんとしたセリフ回しになるのを直すのは今後の課題だが、若い米吉なりの、2017年の「八重垣姫」像を見せ切ったのは、圧巻でもあった。八重垣姫の、勝頼への恋情のはげしさは、「十種香」ではまだ淡彩だ。が、つづく「奥庭」での狂乱で米吉は八重垣姫のマグマのような想いを描きつくして見せた。狐の精に取りつかれる場面も気魄十分。精一杯、歌舞伎役者の青春を舞台にぶつけ、...
  • 桂木嶺のGO TO THE THEATER!〜Life is beaut桂木嶺のGO TO THE THEATER!〜Life is beautさんのプロフィール
りな子さん
  • 古書店街の橋姫終わりました♪
  • お話しだったって感じですかね。単なるミステリーではない…って感じです。初回攻略した水上くんとか記憶が薄れてしまっているんですけど、個人的には川瀬は好きです(笑)攻略出来るキャラそれぞれが、玉森に抱える恋情だけでなく嫉妬等の感情も織り交ぜてあるので、単なる恋愛感情よりも複雑…に感じる所も面白い所かなーと思います。まぁそれすらも……ね…(笑)←サブとして出てくるキャラもただのサブではないので、この辺もやっ...
  • りな子の独り言。りな子さんのプロフィール
とんびさん
  • 連声とは
  • けれど、連声という法則によって普通は「ぶっとん」と読むことを、この歳になって初めて知った。 連声の現象は普通に受け入れ使ってもいたけれど、「れんじょう」というのだとは知らなかった。 れんじょうと聞けば恋情しか浮かんでこない年齢はとうに過ぎた。 連声を引くと例として出てくるのが、安穏(あんのん)、陰陽師(おんみょうじ)、雪隠(せっちん)。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いしま...
  • 鳥瞰ニュースとんびさんのプロフィール
ワタナベきうじさん
  • 「8年越しの花嫁 奇跡の実話」 について思ったことを素直に書きます。
  • んばって」待っているわけじゃない。ましてや「家族じゃないから」と言われて踏ん張ってるわけじゃない。もちろん「ずっと好きでした」からその気持ちが尽きるまで待つのは普通のこと。美しいのは尚志の行動ではなく恋情や愛情のチカラな理屈どす。「あなたは8年間待ち続けることができますか?」みたいなアオリがつけられてますがそれに共感こそすれ持ち上げる必然はありません。普通の夫婦が片割れが倒れたときに普通に待つのと同様...
  • 走ることについて語るときに僕の書くブログワタナベきうじさんのプロフィール
風の音さん
bnjさん
  • (作家の口福)野鳥の王様、ヤマドリの滋味 島地勝彦【朝日新聞デジタル2017年12月16日】
  • いるように「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」のヤマドリである。ヤマドリはオシドリとちがい、夜は山の左右に別れて1羽ずつ別々に寝る習性がある。それに引っかけて人麻呂が恋情の切なさを謡っているのではないか。人麻呂の恋人はもしかすると人妻だったかもしれない。 いまヤマドリはお金を出してもなかなか手に入らない貴重な食べ物になってしまった。わたしは一関の2人の猟師にお願いして...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
成嶋ハルさん
  • Shangri‐La 9
  • されて……「黒川先生が三井さんに?」「そうだ。大野くんに頼んでくれって僕が指示した。どんな形でもいいからきみと繋がりを持ちたかったんだ」そうだったのか。でも、好意を持たれるのは悪いことじゃない。それが恋情でなければ。「なかなか忙しくて個人的に誘えなかった。で、今やきみは影でこの国を動かす彼のもの」「影で動かそうとしている最中じゃないですか?」「ん…?うーん、そうかな。今までも幹事長に逆らう人間なんてい...
  • Emotional・L成嶋ハルさんのプロフィール

恋情を含むブログ村メンバー

  •  
utayomiさん
  • 歌詠みの譜 創作短歌utayomiさんのプロフィール
  • 恋情・愛情・友情・生きる糧を 文字に乗せて〜 皆様のご投稿 お待ちしております 
春泥さん
  • 婚外恋愛セックス春泥さんのプロフィール
  • 真の恋情や変態性欲の渇きは、婚外恋愛セックスでしか癒せないのか。強力な性の喜びは、人をどう変えるか。
たつみさん
  • 暇人のつぶやきたつみさんのプロフィール
  • オリジナルBL小説、幼馴染みもの『片恋』掲載中(^^)/日々のつぶやきと弓道の話もあります。
hiyodoriさん
  • 曳き摺られゆく荒野に月蝕hiyodoriさんのプロフィール
  • 愛するご主人さまとの愛の軌跡と奇跡。心から愛し合う二人の性生活を赤裸々に描く告白小説です。完全実話。
hanaさん
  • *苺的恋情*hanaさんのプロフィール
  • タークンとの日々を綴っています。