本書

本書についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [本書] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

本書を含むブログ記事

生駒の神話さん
  • 富雄丸山古墳=卑弥呼の墓」説
  • 前の学者たちが定めた「神武聖蹟」があります。神武天皇が東征の最終局面において「本陣」を張ったところと言うのです。「聖林研究所」という私有地の中に苔むした小さな石碑と小規模の墳墓があります。 ここが「日本書紀」『巻三』における「神武東征」の最終戦争勝利の地として定められました。なるほど、地形的に見ると、「日本書紀」の記述にたいそうかなっています。 神武天皇は生駒山の大阪寄りの地「孔舎衛坂(くさえさか)」...
  • 生駒の神話生駒の神話さんのプロフィール
みっちゃんさん
  • 「パヨク」や「パヨク・リベラル」が「批判すること」しかできない決定的な理由
  • 本の運命の分水嶺だったと言えるでしょう。』いかがでしょうか?今回ご紹介させていただく書物は、日本を代表する作家である著者と、日本国民が圧倒的に支持をする現政権トップである安倍総理との対談本になります。本書をご覧頂ければ、安倍総理の人となりや、その高潔なお考えが御理解いただけると思います。さて、日本国民の圧倒的支持の下に、第98代内閣総理大臣として安倍総理率いる第4次安倍内閣が発足いたしました。相変わら...
  • 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 香椎宮
  • た突き当たりにある「仲哀天皇大本営御旧蹟」の碑。仲哀天皇は熊襲を討とうとこの地へやってきたが、后である神功皇后に憑いた神が西の新羅を討つことを勧める。天皇はその神の教えを聞かなかったために崩御する。日本書紀では熊襲の矢に当たって死んだとも、病で倒れたとも。古事記では神託の場で琴を弾いていた天皇はそのまま息絶えたという。その現場にいたのは天皇のほかに神功皇后と武内宿禰のみ。記紀ともにこのシーンはいかにも...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
えむお@インデックスブロガーさん
  • 僕が穴があくほど読んだ本を紹介します 【書評】レバレッジ・リーディング
  • 司法試験に落ち続けていたため社会に出るのが少し人より遅く25歳くらいでした。その時に僕が読んだ本なので僕が社会に出てから12年が経つことになります。その中で、僕が一番影響を受けた本はなにかと聞かれれば本書、「レバレッジ・リーディング」を真っ先に挙げます。実際に後輩や新卒の子に渡すと概ね好評なため、この本に書かれていることは全く色褪せることもなく、むしろ情報化が進むにつれて重要性を増している感すらありま...
  • 中途半端サラリーマンのインデックス投資とかえむお@インデックスブロガーさんのプロフィール
batoさん
  • モチベーション革命好きなことをして自由に稼ぐための解体新書
  • 」は必要な物がすでにあるので、欲求が少ない。だから、お金のために働こうと思わないのだ。ただ、あくまで「乾けない世代」のお話は最初だけ。「乾けない世代」を働かせることから、新しい時代のお金の稼ぎ方まで、本書は書いている。そのキーワードは、「好きなことをして生きていく」と言うことなのだ。 AIに取って代わられないために今から引き籠ったほうがいいかもシンギュラリティAIが人間の知能を超える時期が来ようとして...
  • BATOるfieldbatoさんのプロフィール
秩父・仙台まほろばの道さん
  • 大津波と藤原実方 その1
  • 堂でも同じ伝承が伝わっています。※十一面観音像は通常非公開。ホツマツタエでは、初代〜14代日高見国があり、タカミムスビの聖地でした。石巻桃生町に安倍館がありますが、北上川周辺に縄文集落がありました。日本書紀に110年、日高見国をつくるとありますが、それ以前から日高見国があった。ホツマツタエでは、「沖津彦火水土の祓い」というのがあり、火水土(ひみつ)で、噴火(火災)、津波、地震のこと。この祓えをしていた...
  • 秩父・仙台まほろばの道秩父・仙台まほろばの道さんのプロフィール
やいっちさん
  • これは川ではない 滝だ
  • た。常西公園に初めて足を踏み入れた。 ザック・クライン編の『Cabin Porn 小屋に暮らす、自然と生きる』を読了した。  読んだというより、数多くの事例写真などを眺めため息をついたというべきか。 本書を読み始めた頃、「昨日、テレビで、自分(たち)で小屋を作って住むってのが、一部で静かなブームだという特集をやっていた。田舎の投げ売りの土地に手作業で小屋を作ってミニマムの暮らし。本書はアメリカの情報だ...
  • 無精庵徒然草やいっちさんのプロフィール
こばんさん
  • 佐世保のカブ子の里帰り(9) 阿蘇リベンジ! 長崎雲仙→大分湯布院
  • 、ランニング・・・☆ 1kmだけwwめっちゃ地獄ー!!!硫黄のいいにおいで最高の朝活でした♪ランニングすると体が軽くなるね♪今後も取り入れたい!そのあと温泉に入って、豪華な朝ごはんを食べて、ブログを1本書いて、10時チェックアウト!そのとき、旅館の方に「昨日テレビに出られてましたよねー!」とまさかのお声がけ!!びっくり〜!!KTNさんの平戸ツーリングのニュースを見てくださってたようで!「写真撮ってくだ...
  • こばんとソラコこばんさんのプロフィール
風紋さん
  • 【本】万華鏡のように迫る名著 〜『新装版 資本主義・社会主義・民主主義』〜
  • ュムペーター(中山伊知郎・訳)『新装版 資本主義・社会主義・民主主義』(東洋経済新報社、1995) 資本主義は成功するが故に崩壊し、社会主義に移行する──という主張も注意深く読み取らなくてはならない。本書にはアイロニーがたっぷりと効いていて、字面をそのままの意味通りに取るのは危険だ。人を驚かすような重厚かつ新奇な分析の底に現代文明への深い諦念があることが、その背景だろう。 中でも、民主主義における政党...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
生駒の神話さん
  • 神話語句(人名・地名等)を縄文語(アイヌ語)で読むと。   
  • 慮すると、長髄彦=三炊屋媛の兄=倭迹迹日百襲姫の兄=卑弥呼の兄  ⇒倭迹迹日百襲姫の兄=(欠史八代の中の)第八代孝元天皇=長髄彦(4)(大日本)根子彦国牽(おおやまと)ねこひこ-くにくる(これは、日本書紀での和風諡号しごう/8世紀後半に淡海三船が撰進した漢風諡号が孝元天皇)=「ナィ・カ/シクル/クッ・ニクリ」=「川・岸/大夫/崖の・林」  ⇒ここからも、長髄彦=孝元天皇(5)(3)の「川・岸の・崖の...
  • 生駒の神話生駒の神話さんのプロフィール

本書を含むブログ村メンバー

  •  
神無月さん
ガク長さん
未来狂冗談さん
おつゆさん
96-yamashinaさん