本書

本書についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [本書] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

本書を含むブログ記事

節電対策で頑張るおじさん!!さん
morinokaoriさん
  • 『Ank:a mirroring ape』佐藤究
  • り、さまざまなジャンルを横断する小説だが「なぜ?」を問うミステリーとして読むことも可能だ。拡げられた風呂敷は大きければ大きいほど畳み方が難しく、種明かしの段になって読者を失望させる危険がある。その点、本書で明かされる真相は思索の果てに必然として導き出されるものであり、これしかないという納得感がある。正攻法で挑んでくれる相手というのは気持ちのいいものだ。読者は作者とがっぷり四つの勝負ができる。KMWPと...
  • ブックレストランmorinokaoriさんのプロフィール
ATYコンサルティングさん
  • 書籍 デジタルトランスフォーメーションの実際/ベイカレント・コンサルティング(著)
  • )Amazon.co.jp:デジタルトランスフォーメーションの実際 デジタル対応に向けて待ったなし!日本企業に対する新たな処方箋日米の先行事例を徹底分析!デジタル化の落とし穴と成功への具体策を示す 本書は、戦略から業務・ITまでをカバーする日系総合コンサルティングファームの株式会社ベイカレント・コンサルティングが、日本企業がデジタルトランスフォーメーションを推進するうえで有効な基本戦略について提言し...
  • 「最高のゴール」を目指して!ATYコンサルティングさんのプロフィール
tetuyaさん
Markさん
クロノクル=ローマの人さん
  • 『世界は村上春樹をどう読むのか』 編:柴田元幸 沼野充義 藤井省三 四方田犬彦
  • 18.01.15国際交流基金 文藝春秋 売り上げランキング: 127,889Amazon.co.jpで詳細を見る村上春樹は世界でどう読まれているのか? 世界中の翻訳者たちが集結して論じた村上作品の姿本書は2006年に行われた国際シンポジウムでの講演や討論がベースで、各国の翻訳者が村上春樹の作品と受容のされ方を論じたものそれに日本側を代表して参加した、村上春樹の盟友ともいえる翻訳家・柴田元幸に、沼野允...
  • アレクサンドリア図書館クロノクル=ローマの人さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180115-7
  • 伝えられている塩. 冶判官館跡と、国指定史跡上塩冶築山古墳及びその周辺に広がる築山遺跡を対象. に、その詳細を把握し、今後の保護に役立てようと遺跡の性格を確認するための. 発掘調査を実施いたしました。本書はこれらのうち塩冶判官館跡について調査 ...●塩冶高貞[1]・[2]● 将棋纂図部類抄。だい将棋 - So-net水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の、中将棋の成り馬配置図の後ろに、中将棋の駒の動かし方のル...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
ちょいよし専門家 みやちゃんさん
  • 名言の智恵 人生の智恵―古今東西の珠玉のことば
  • n2004/11/19第1版第1刷Amazon紹介長い人生には、思い悩み、自らの歩むべき道に迷うときが何度も訪れるものだ。そんなとき、悩みや迷いを解決してくれるヒントとなるのが、先人たちの智恵である。本書は、当代一流の読書人である著者が、古今東西の書物のなかから、時代と場所を越えて、人生の迷いを解決する指針となり、新たな気持ちを奮い立たせてくれる名言・名句を厳選!その内に込められた「人生の智恵」を説き...
  • ちょいよし わ→るどちょいよし専門家 みやちゃんさんのプロフィール
言葉の救はれ――時代と文學さん
  • 内田樹『困難な成熟』を読む
  • の東大の入試に出た『反知性主義批判』はその最たるもので、「反知性主義」といふ言葉の意味もズレてゐたが、その文脈だけで現政権を批判するといふスタンスもまさしく「政治的センス」の無さゆゑのものであつた。 本書もこんなくだりは、「政治音痴」丸出しである。 「勘違いしている人が多いようですが、外交交渉で『強く出る』のは力のない政治家のほうです。外交的譲歩ができるというのは、政権基盤が安定している統治者です。」...
  • 言葉の救はれ??時代と文學言葉の救はれ――時代と文學さんのプロフィール
booknnさん
  • 封印された中国近現代史
  • 中関係論者のカリスマ・宮脇淳子氏の最新刊! 近年悪化の一途を辿る日中関係。その原因はどこにあるのか?また、この関係は修復が可能なのだろうか?偏見やイデオロギーにとらわれず、中国近現代史を直視する! ※本書は『教科書で教えたい 真実の中国近現代史』(2016年 柏艪舎刊 9784434219436)を大幅に加筆したものです。内容(「BOOK」データベースより)中国人にとって歴史は政治である!教科書から抹...
  • BOOK大好き書籍のユアサ書房booknnさんのプロフィール

本書を含むブログ村メンバー

  •  
神無月さん
未来狂冗談さん
96-yamashinaさん
ひろみさん
パチン・カーさん