此についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [此] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

此を含むブログ記事

ikesanさん
古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 万葉集2433番歌「如数書吾命」とウケヒについて
  • とよ。(稲岡1998.226頁) いずれの解釈においても、「水の上に数書く」ということを、実際の水面上のことと考えている。荷田春満・萬葉集童蒙抄に、「水上にものを書きては、跡形も無くしるし無きもの也。歌も命をかけて妹に逢はんと祈りても、験し無きと云事をよせて詠めると聞ゆる也」、武田祐吉・萬葉集新解に、「数書くとは、一本二本と云ふやうに数を刻するを云ふので、数字を書く意味ではない。」と、字や絵を書く...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「薪新」記事について
  • 」という意義を含んでいたものです。また「負薪」という表現もあり、それは「罪人」と共に「賤人」をも意味していたものでした。「惠長於思察。雍州廳事,有燕爭?,?已累日。惠令人掩獲,試命綱紀斷之,並辭曰:「乃上智所測,非下愚所知。」惠乃使卒以弱竹彈兩燕,既而一去一留。惠笑謂吏屬曰:「留者自計為?功重,彼去者既經楚痛,理無留心。」羣下伏其聰察。人有負鹽『負薪』者,同釋重擔,息於樹陰。二人將行,爭一羊皮,...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
西洲さん

此を含むブログ村メンバー

  •  
Love  world neighborsさん
安藤知悦此さん
Wein, Weib und Gesangさん
joshさん
J-Blueの雑記帳さん