半井桃水

半井桃水についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [半井桃水] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

半井桃水を含むブログ記事

Riyonさん
  • 樋口一葉の恋
  • しゃっていました。 一葉はモテていたようです。イケメンの馬場孤蝶(ばばこちょう)、平田禿木(ひらたとくぼく)など、数々の文学青年に言い寄られていたんですね。 そんな一葉の日記に度々登場するのが、半井桃水(なからいとうすい)という、一回り上の男性。 桃水は奥さんを亡くしていて、独り身でした。新聞の連載小説で多忙な日々を送る人気作家。 そこに、19歳の一葉が弟子入りしたわけです。尊敬する人がそばにい...
  • Riyonのうつわ畑Riyonさんのプロフィール
新イタリアの誘惑さん
  • 東京探訪・樋口一葉編? 美登利と信如、それぞれの旅立ち 酉の市の哀愁
  • げられている。中に入ると、2つの一葉関係の碑が建っている。 1つは文学碑。「たけこらべ」文中の酉の市の描写が、ここに記されている。 また、「一葉玉梓乃碑」というものもあった。ここには、文学の師と仰いだ半井桃水に宛てた手紙が写されている。 その筆跡は実に見事。流れるような筆運びが魅了する。 この神社にはほかにも興味深いものがいろいろあった。 正岡子規の句「雑ざや 熊手押し合う 酉の市」 また 其角の句 「春...
  • 新イタリアの誘惑新イタリアの誘惑さんのプロフィール
新イタリアの誘惑さん
  • 東京探訪・樋口一葉編? 質屋通い、ほのかな恋の行方
  • ていた。 そんな質屋通いの苦しい日々の中にも、一筋の希望の光を見た時があった。 菊坂に転居してから7か月後、1891年4月に、小説執筆や発表などについての指導を仰ぐため、知人から東京朝日新聞の小説記者半井桃水を紹介された。 桃水は当時31歳、スマートでハンサム、妻と死別して独身だった桃水に一葉は惹かれて行った。 「君は年の頃30ばかりにやおはすらん。・・・色いと白し、面(おもて)おだやかに少し笑み給へける...
  • 新イタリアの誘惑新イタリアの誘惑さんのプロフィール
AKABAさん
  • 誓いの言葉
  • 、一生をかけて愛し続け、守り抜くことをここに誓います。2017年 2月12日(深夜になっちゃったけど)(ちなみに娘の誕生日は1月12日)(ちなみに同じ誕生日はシャルル・ペロージャック・ロンドン村上春樹半井桃水などなど作家系が多かったような。私が見つけやすかっただけかな笑)ADいいね!コメントするリブログするいいね!した人|コメント(0)|リブログ(0)ツイートAKABAさんの読者になろうブログの更新情報が...
  • A's ListAKABAさんのプロフィール
紫苑さん
  • ピンク紬&更紗・樋口一葉記念館に
  • るいグレーに帯締めもグレー。帯どめはもちろん一葉。この人、毎日日記を書いていたんだけど、そのなかの男性評が辛辣で面白くてね。好みがはっきりしていたようで、一応面食い、男っぽい男性がお好み?彼女が恋した半井桃水。誰かに似ているね。この方がいい男かどうかは別にして、彼女の作品をほめた鴎外の弟なんか口が軽い、口数の多い男は〜〜などとぼろくそ書かれていて、日記が公開されたとき、おお揉めにモメタとか〜〜。一階の図書...
  • 紫苑のきもの&60代から何ができる?紫苑さんのプロフィール
菊乃さん
  • 奇跡の14ヶ月間
  • る存在となっていきました。 ところが父親が亡くなり、一葉が樋口家を継いだころには家計が苦しくなり、生活が彼女の肩に重くのしかかっていきます。 生活のためにはじめた商売もうまくいかず、小説の師匠であった半井桃水とのにも破れ、いよいよ四面楚歌となった彼女は小説を書くことに専念し、「大つごもり」「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」「わかれ道」「われから」といった作品を発表していきます。 極貧生活の中でかずかずの...
  • Message菊乃さんのプロフィール
セラピスト&サポーターさん
  • 樋口一葉と彼女を支えた男たち
  • 品を書いた女性です。特にあの時代では非常に難しい道を選んだのですね。 番組から一葉が小説家を志してから亡くなるまでの5年の間に、出会って支えられた3人の男性とのエピソードを知ることができました。 まず半井桃水。新聞に通俗小説を連載していた人気小説家でした。19歳の時、一葉は桃水に弟子入りし、彼と恋に落ちます。 桃水は一様に特別な才能を感じ、自分が新たに発行した雑誌に一葉のデビューの場を与え、母と妹の生活も...
  • ネコ人間のつぶやきセラピスト&サポーターさんのプロフィール
村雨庵さん
  • 松風様の古希を祝う茶事
  • がきになほ盛なる白菊の花一葉樋口 一葉ひぐち いちよう1872年5月2日(明治5年3月25日)-1896年(明治29年)11月23日)、東京生まれ。本名は夏子、戸籍名は奈津。中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった秀作を発表、文壇から絶賛される。わずか1年半でこれらの作品を送ったが、24歳6ヶ月で肺結核により死去。没後に発表された『一...
  • 村雨庵 茶の湯日記村雨庵さんのプロフィール
池波和彦さん
  • 勾当台公園 桃水
  • 借りた家に江國さんも一年ほどいた。帰国して結婚し、店を始めるにあたり江國さんに店名をお願いすると(桃水)と名付けた。「お酒のイメージ」とのことだが、女流文学の先達樋口一葉の文学の師で心の恋人でもあった半井桃水から取ったのかも知れない。女将は店名を気に入り、娘二人に「桃子」「水記」と名付けたそうだ。飲んだ酒は皆、絶品のうまさだった。岩ガキは新鮮で、見ただけで上等な品とわかる。はたして味もよい。酒と肴を堪能し...
  • 日本の酒場をゆく池波和彦さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20160907-11
  • トンボ玉づくりの地図ゆこゆこネット青谷上寺地遺跡展示館 トンボ玉づくり所在地(鳥取市青谷町青谷4064番地)近隣の地図を表示。青谷上寺地遺跡展示館 トンボ玉づくりの最寄り駅やアクセス ... 出張「半井桃水館」展がやって来ました!アルカスSASEBOそのプレイベントとして、樋口一葉の師である半井桃水(なからい とうすい)の出身地、対馬市にある記念館「半井桃水館」より出張「半井桃水館」展がアルカスに .....
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

半井桃水について