永世七冠

永世七冠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [永世七冠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

永世七冠を含むブログ記事

臺灣貓老公さん
荒野鷹虎さん
  • 「将棋」観戦記者山口絵美菜女流1級&羽生竜王の第4局の紹介。
  • 戦者・広瀬章人八段が戦い、先に4勝した方が「竜王」となります。その第4局が11月24日(土)・25日(日)の2日間にかけて、福知山城で行われます。  羽生善治竜王は、昨年、竜王戦のタイトル獲得をもって永世七冠を達成、国民栄誉賞を受賞された、まさに将棋界の「生けるレジェンド」です。その羽生竜王が防衛を果たし、前人未到のタイトル100期達成となるか? はたまた、挑戦者・広瀬章人八段の活躍により8タイトルを8人...
  • 不思議な不正義2荒野鷹虎さんのプロフィール
たんちゃん。さん
  • 羽生善治竜王の紫綬褒章受章会見動画。2018年の羽生竜王
  • だけではなく、これからの棋士としての歩みへの期待も込められていると思う」  昭和60年、15歳で史上3人目の中学生プロ棋士としてデビューした。平成8年2月に初の全七冠を制覇し、昨年12月には史上初の「永世七冠」を達成。現在行われている竜王戦で前人未到のタイトル獲得通算100期に挑んでいる。  30年以上の棋士人生を振り返り、昭和61年1月の宮田利男六段(当時)とのデビュー戦が「すぐに思い出せるほど印象に残...
  • たんちゃん。のブログたんちゃん。さんのプロフィール
純野一益さん
mewososoguさん
純野一益さん
セコイさん
  • 束ねるとよいもの
  • ねて安く売ったりします。〇〇ね〇でも、昨年の将棋の羽生善治と囲碁の井山裕太氏の国民栄誉賞のダブル受賞がありましたが、国民のみなさまは、おかしいとは思わないのでしょうか。羽生さんは分かります。その時期に永世七冠を取られたわけですから。でも井山さんが二度の七冠に輝いたのは前年の話。なんでこの二人の業績(というよりも将棋と囲碁)を束ねるのでしょうか。同じ国民栄誉賞で、以前、長嶋茂雄氏と松井秀樹氏がダブル受賞しま...
  • セコイイ節約術セコイさんのプロフィール
純野一益さん
純野一益さん
純野一益さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

永世七冠について