伊藤博文

伊藤博文についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [伊藤博文] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

伊藤博文を含むブログ記事

カーツさん
  • ** 風と共に去りぬ / M.ミッチェル **
  • 「マーサズヴィル」 と呼ばれるようになり、スカーレットの誕生年になってようやく、 「アトランタ」 という名をもらったのだ。とすると、、 澁澤栄一(1840−1931) 久坂玄瑞(1840−1864) 伊藤博文(1841−1909) 大山巌(1842−1916) 新島襄(1843−1890) 杉文(1843−1921) 斎藤一(1844−1915) 陸奥宗光(1844.8.20−1897) 沖田総司(184...
  • カーツの歴史散策&御朱印作庭カーツさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】「読書力」によって「知の天井」を形成せよ 〜松岡正剛の千夜千冊〜
  • ルポリティーク」「【佐藤優】巨大さを追求する近代的思考」「【佐藤優】アナキズムという思考実験」「【佐藤優】AIとの付き合い方を知る手引、宗教と国体論の危険な関係、若手官僚の思想の底の浅さ」「【佐藤優】伊藤博文の天皇観と合理主義、歴史の戦略的奇襲から得る教訓、「知の巨人」井筒俊彦」「【佐藤優】教育費の財源問題で政局化か」「【佐藤優】ホワイトカラーの労働者化」「【佐藤優】指導者たちの内在的論理を知る」「【佐藤...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
しずかさん
  • 七卿落ち(5)延寿王院
  • )2月には三条実美、三条西季知、東久世通禧、四条隆謌、壬生基修の五卿が3年に渡って滞在しました。三条実美の滞在時には、西郷隆盛、高杉晋作、中岡慎太郎、田中光顕、土方久元、佐々木高行、大山巌、村田新八、伊藤博文、木戸孝允、僧月照、江藤新平、坂本龍馬らが訪ねてきたといいます。延寿王院 安楽寺天満宮留守別当大鳥居の宿坊で、宝暦4年(1754)桃園天皇より院号を賜った。 慶応元年(1865)から約3年間、朝廷を追...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
chiroyamadaさん
  • 植民地の歴史問う
  • された。1874年、西郷隆盛の弟である西郷従道・陸軍中将は約3600人の日本兵を率いて台湾を侵略し、それが琉球併合につながった。琉球併合の方針を日本政府で決定し、実施したのが内務卿であった大久保利通や伊藤博文である。日本人が考える明治維新の英雄は、琉球人や台湾原住民からみると侵略者、自らの国を滅ぼした人になる。「沖縄県」成立の根拠となった沖縄返還協定は、琉球政府を排除した、日米両政府の密約に基づくものでし...
  • 痛みを根本から治す山田カイロプラティック施術院chiroyamadaさんのプロフィール
polio0さん
上乃寫眞館さん
シャルドネ。さん
  • 【川上貞奴秘話】妾にしたままじゃ惜しいと3年で囲いをとく。
  • 奴である。ウィキペディア的には《1894年、自由民権運動の活動家で書生芝居をしていた川上音二郎と結婚した》というくだりがせいぜいで、だから日本人はインターネットをやるとアホになる。川上貞奴は、誰あろう伊藤博文の妾であって、妾の期間も3年。飽きたのでほりだされたのではなくその後も伊藤博文が後見役同然で川上貞奴にとっての二本足つきなバンクギャランティーBank Guaranteeを陰に陽に配慮していたのだった...
  • 新発想ビジネスヒントフォーラムシャルドネ。さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180715-7
  • 神社で例祭 日本遺産認定後初神戸新聞同町は今年5月、北前船をテーマとする日本遺産に認定されており、同神社や例祭などはストーリーを形作る構成文化財に位置付けられている。 諸寄港は北前船 ... 静岡)伊藤博文の書状など寄贈朝日新聞社清水区横砂東町に別荘(現在は市埋蔵文化財センター)を構え、静岡茶の輸出やかんきつ試験場の誘致など地元振興にも尽力した。 東京に転居するまで住んで ... 荒川洋治・評 『文選...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
R.Y.さん
  • 『一外交官の見た明治維新』アーネスト・サトウ――イギリス人は幕末、維新の日本をどう見た
  • 通訳として来日した。日本で日本語を勉強し、世界で初めて日本語と英語の同時通訳をする人物になった。  彼は、大名はもとより、将軍・慶喜や明治天皇とも通訳として言葉を交えている。さらに、西郷隆盛、勝海舟、伊藤博文……などと個人的な付き合いがあった。つまり、日本の歴史の裏側を知り得る立場にあった。その裏側を表現したのが本書の最大の特徴である。 例えば、長州は下関(関門)海峡を通過する外国船を大砲を撃って攻撃した...
  • 良さんの読書日記R.Y.さんのプロフィール
カズジイさん
  • 夏の横浜金沢八景野島の海岸を一回り・・2
  • 7月11日横浜金沢八景野島の旧伊藤博文金沢別邸を見たあと野島公園から平潟湾に出て 一回りして来ました。  平日で野島公園バーベキュー場には人影はありません。 公園を横切り野島運河に出ました。 運河沿いの店で野島で採れた海苔やわかめを加工し...
  • カズジイのブログカズジイさんのプロフィール

伊藤博文を含むトラコミュ

日本の総理大臣
  • 日本の総理大臣
  • 2000年からですが〜改造〜交代を繰り返しています、外国から見れば閣僚もコロコロ変わる一種の病気で〜これでは伊藤博文も泣きます。85 第1次森内閣 2000年4月5日 2000年7...
  • トラックバック数:125 TB参加メンバー数:14人カテゴリー:歴史ブログ
吉田松陰
  • 吉田松陰
  • 吉田松陰は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として名が挙げられることが多い。贈正四位。安政4年に叔父が主宰...
  • トラックバック数:71 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:歴史ブログ

伊藤博文を含むブログ村メンバー

  •  
ヒジハラさん
喜多床五代目さん

伊藤博文を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

伊藤博文について