民族

民族についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 楽に逃げ込む負と知りながら
  • [民族] ブログ村キーワード気分が優れない。喉の奥がいがらっぽい。クーラーのせいだろうね。身体によくないと知りつつも冷房に頼ってしまう。冬は寒く夏は暑い〜に適応して日本民族は生きてきた。・・・続きを読む
  • まさやんの「負けるが負け!」 まさやんさんまさやんさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

民族を含むブログ記事

田中1号さん
  • 赤道へ行く。
  • 道はどこなのか。ここらしいです。場所はここ ↓-0.000868,-78.454524入場料は4ドル ( 約450円 ) 。 4ドルでガイドがいろいろな説明をしてくれます。 赤道の前に、アマゾンの先住民族の説明があります。これ、何でしょう? 答えはこちら。首を切って、頭蓋骨を抜いて、蒸して、口を縫って、石を入れて、アクセサリの完成。現物はこちら。 ちょっと猟奇的ですね。 さらにはこれ。ピーニスをひもで...
  • 郷に入っては郷に従え田中1号さんのプロフィール
id美容病院さん
  • 韓国美容整形・韓国整形・美容整形・韓国情報・韓国美容外科・韓国美容・韓国文化・韓国祝日・祝祭日
  • 日間が連休になります。日本のお盆と同じように、この日は家族や親戚が集まり、茶礼(チャレ)という祭祀を行ったりご先祖様のお墓参りをする方が多いです。 10月3日開天節(ケチョンチョル) 神話上の朝鮮民族の祖先である「檀君」により大韓民国最初の国家である古朝鮮建国を記念して作られた日です。 10月9日ハングルの日(ハングルラル) 世宗(セジョン)大王によりハングル文字「訓民正音」が作られ世の中に広め...
  • 韓国の顔専門美容病院、id病院id美容病院さんのプロフィール
はらきよさん
  • 家族から婚活を頑張ったらと言われました。
  • こともあります。 結婚するのは、ご本人ですし、本人の意向にそるのがベストかと思います。 そもそも婚活って? なんだか人生における義務を全うしないといけない結婚ってしないといけないものなの? 昔の農耕民族のころだと子孫を残して田畑を継続させるために一夫一妻制の結婚制度が確立したのだとか。 今は田畑を耕す時代とは違います。 私の父母の時代60年前は、家と家との繋がりが濃くて親や親戚が相手を探してきて...
  • 潜在意識活用セラピー120%あなたは進化する!はらきよさんのプロフィール
Seijiさん
  • 戦争の記憶
  • げえ立派な。 ニューヨークにもこんな感じで階段を登って入る美術館だったかがあった気がするなあ。あ、最近行って無いぞニューヨーク、行かねば。 で、シンガポール含めたマレー王国の時代。これは、マレーシアの民族の多様性を理解するにはとてもいいね。こういう多民族国家をこの時代にまとめ上げたってのは、とてもすごいことだね。大航海時代に連続してヨーロッパ列強が貿易を求めて東南アジアに押しかけてきた歴史(まあ、植民...
  • めし、食ったか?Seijiさんのプロフィール
バンコクジジイさん
  • ZTEの次は監視カメラメーカー
  • 価は24日までの2週間で29%下落した。 投資家は「ZTEの二の舞か」とささやいている。 9月10日、米ニューヨーク・タイムズは米政府当局者の話として、新疆地区の人権弾圧を重く見るトランプ政権は、少数民族の人権弾圧と監視システムに加担する中国企業を制裁対象に入れることを検討していると報じた。 すでに米政府機関は、世界大手監視カメラ製造メーカー、深センの海康威視(Hikvision)や大華科技等中国公司...
  • バンコクジジイのたわ言バンコクジジイさんのプロフィール
國乃礎さん
  • 第三巻激流の巻
  •  ともあれ、他国の支配をうけていた原住民に、民族的節操を期待する方が迂闊であったというべきかも知れない。彼らは妾のように、自己中心的で、弱者の護身法ともいうべき保護色を使分ける術にたけていたのである。「空襲……」「空襲……」 テントの外に響き渡る喚...
  • いしずえ國乃礎さんのプロフィール
バンコクジジイさん
  • 復讐・・・それが中国人のメンタリティです。
  • 持って石油を止めるという、「仇」をアメリカがやったからです。 支那事変も、始まりは、共産党軍にそそのかされた、国民党軍が盧溝橋を攻撃したからです。 日本軍は国民党軍を追い回したけど、欧米のように、漢民族を支配はしなかったでしょ。 それに、日本軍に懐いてきた漢人は、たくさんいたよね そりゃ、野盗の様な、国民党軍の送杖兵に比べりゃ、日本軍のほうが安心できたからですわ。 ジジイの親父は、終戦は上海だったん...
  • バンコクジジイのたわ言バンコクジジイさんのプロフィール
ムギねえさん
  • (44)モロッコ◆行く前から疲れるわ!
  • ルから迎えが来てて、次々と駆け寄り握手をして車まで送ってくれてる。その中を、1人で歩いて抜ける。よくある光景だが(いつものことだが)今日はすごくうらやましかった。 絵みたいなアラビア語の看板。濃い顔。民族衣装。わけわかんない言葉…。 思い切って空港の外に出る。空気さえ違う気がする。もう夜9時なので、タクシーで安宿街があるメディナ(旧市街)まで行く。 メディナは城壁に囲まれた街なので、入り口までしかタク...
  • SNSのない時代に40独女がひとりで世界一周した話ムギねえさんのプロフィール
okamoooさん
  • マダガスカル旅行(20)アンタナナリボ 女王宮前の展望台
  • くなかったんですがアンタナナリボの中心部の丘の一番上、女王宮前にやってきました。車を降りればチップ欲しさにガイドをしたいという人に囲まれます。メリナ王国時代の王宮です。19世紀前半、移住してきた様々な民族がいたマダガスカルでメリナ王国のラマダ1世はイギリスと奴隷と引き換えに銃を得てマダガスカルのほとんどを統治します。同時にロンドン宣教会という外来種の神様も入り込み血なまぐさい時代へと突入します。ラマダ...
  • さぷら伊豆okamoooさんのプロフィール
地球 二〇三四さん
  • これが言論の今の基本、アカイ
  • ――――2018・9・26水曜日 ( 平成30年)――――――――――□──────────────■下の記事は 朝日 冒頭抜粋●───( ↓記事転載ここから)───○社説 ウイグル問題 進めるべきは民族融和ある日、ノックの音がする。自宅のドアを開けると、当局者が立っている。無理やり連行され、「再教育施設」へ。共産党への服従を求められ、宗教も捨てろと拷問で迫られる――。国際人権団体「ヒューマン・ライツ...
  • 地球 二〇三四地球 二〇三四さんのプロフィール

民族を含むトラコミュ

日本人の食生活と未来を考える
  • 日本人の食生活と未来を考える
  • 日本はつい最近五十年程前までガンや糖尿病を代表とする生活習慣病の少ない珍しい先進国でした。その理由は、世界的にみて肉食・動物性食品の摂取が非常に少なかったからで...
  • トラックバック数:3211 TB参加メンバー数:191人カテゴリー:健康ブログ
中華人民共和国
  • 中華人民共和国
  • 中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)は、1949年に中国共産党によって建国された社会主義国家。東アジアのユーラシア大陸東岸に位置し、その国土の大陸部は、「...
  • トラックバック数:1027 TB参加メンバー数:123人カテゴリー:政治ブログ
韓国よもやま話
  • 韓国よもやま話
  • 韓流ばかりが韓国じゃない!アジアのラテン民族と言われる韓国の面白い話題をお待ちしています。
  • トラックバック数:2433 TB参加メンバー数:95人カテゴリー:海外生活ブログ
民族衣装
  • 民族衣装
  • 民族衣装に関することならなんでもトラックバックして下さいね。民族衣装を販売しているサイトとか、フォークダンス衣装についとか、民族衣装に関することなら何でも良いで...
  • トラックバック数:489 TB参加メンバー数:53人カテゴリー:ファッションブログ
民族音楽
  • 民族音楽
  • 民族音楽に関する記事なら、どんなことでもかまいませんので、お気軽にトラックバックしてください。
  • トラックバック数:463 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:音楽ブログ

民族を含むブログ村メンバー

  •  
村野瀬玲奈さん
KLちゃんぷるさん
Kadaeさん
吉野の宮司さん
nokiさん

民族を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 最も日本に害を加えている許せない国はどこ?レス: 0/67(666件)政治ブログ
  • おり、東トルキスタン(ウイグル自治区)やチベット自治区、南モンゴルや、親日国である台湾などの少数民族を、中共や、中国人民解放軍による大量虐殺や、建造物の完全破壊などで、民族浄化しようとしている。一...
  • みんなの自己紹介レス: 0/2反日国家はアメリカと特亜三国
  • んな理不尽な事を、日本がいつまでもさせられるのは、日本の未来にも良くありません。 欧米の劣等民族と決め付け、搾取しまくった殖民地政策を日本が終わらせました。日本は賞賛されてしかるべき国です。...
  • 最も日本に害を加えている許せない国はどこ?レス: 0/67(666件)政治ブログ
  • 統計を見て分かる通り、世界中で日本人が最も日本人を殺している。これは、島国ゆえ隣接国家がなく民族的纏まりもあるためである。また、世界の文明が滅びる際に、最初の火種が生まれた致命的なきっかけは、...